読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ジャニーズJr. 大橋和也くん、小島健くんの超主観的現場まとめ

17/3/27(学生小島)3/28(JK園児:大晴小島)

3/27
挨拶
・大橋「どーもー!僕のチャームポイント左下脇のホクロ、大橋和也でーす!みなさん、ホクロはありますか?」\イエーイ/「ありますか?」\イエーイ/「僕が食べちゃうゾー♡」ww
流れ忘れたけど、リチャの首元にあるホクロを食べようとリチャをホールドして首に噛みつこうとする大橋(やばい)
リチャ「しばくぞ?」

・斗亜「しまさきとあです!😆」
康二「斗亜くんは新しい自己紹介考えてきたんですよね?」
斗亜「ヤーヤーヤヤーヤーヤ、とあ♪(俺やで、と自分を指すポーズ)」(仮面舞踏会にのせて)
もう、小島がアゴさすってとにかく超デレッデレで笑ってる。
康二「斗亜くんもうひとつやっとく?」
斗亜「とあ、とあ、だーれのっもっの~♪とあ、とあ、みーんなのっもっの~😆」
このあと佐野に向かって笑いながらやたらと話しかけて、佐野に笑いながらつっこみ返される小島。とにかく斗亜が喋ってるときの顔が幸せそうだった良かったね。

・小島「イエーーイ!小島健でーす!イエーーーーイ!僕朝から甲子園の選抜大会見てまして、すごい熱くて、僕が応援してるとこが勝って」
それはどこなの?
小島「え?それは…言ってもいいんですか?笑」
いいよいいよ!
小島「秀岳館。」
丈どこかわかる?
丈「あれやろ?高校生おるとこやろ?」
そんなんみんなおるわ!笑
小島「熊本の」
丈「それか!」
小島「勝ったんですよね。 だから今日余計やる気がでましたわ。だからいつも通り、、ちゃうなww」
いつも通りやったらアカンやん!笑
小島「いつも以上に頑張ります!!!」



コント
JK今江、幼稚園児斗亜、先生真鳥

教室シーン
並び
今江 小島 末澤 柊和
斗亜 長尾 大晴

大晴と柊和が学ランの前あけてた。

斗亜が教室に入ってきたとき、斗亜見てめっちゃ笑う。
「よっ!」って言いながら斗亜に手をあげてたけど斗亜からはリアクションもらえてなかったww
コント中斜め前に座った斗亜の背中を何回もじーっと見てる小島。

真鳥登場時「イケメン入りまーす!(教壇に足組んで座る)」くっっっそチャラいwwwwww
小島、口開けてぽかーんと真鳥を見てる。真鳥が「お値段以上、真鳥」といった自己紹介をした後パチパチ拍手する。
みんなで「林先生ー!」と言ってる流れで、
末澤「いつやるの?(→今でしょ!待ち)」
真鳥「いや下ネタやめてください」
なんでだよwwww会場爆笑だし、なにより小島が下ネタに反応して超笑ってるwww指差して爆笑してる小島。
丈が斗亜のとこまで来て斗亜の耳ふさいで「斗亜!何も聞いてないよな!」

末澤「せんせー!今日机ちっさないー?」
真鳥「いや鼻でかいからや!」
大晴「せんせー!教室狭ない?」
真鳥「鼻でかいからや!」
柊和「せんせー!今日天気悪ない?」
真鳥「鼻でかいからや!」
斗亜「せんせー!鼻でかい!!!😆」wwwwww(ニコニコ拍手する小島)
真鳥「そうなんです、先生は鼻がでかいっ!」
末、大晴、柊和がテンポ良く挙手していってて最後の斗亜がドストレートに鼻でかいと言った流れ最高だった。

長尾「せんせー!🙋ちょっと良いですか?末澤先生が昨日、身長詐欺ってたんですけど、林先生はそんなことないですよねー?」メジャーをスッと出すwww
末澤が椅子に座ったまま足をバタバタさせて超爆笑してるwww
小島立ち上がって、長尾の後ろにぴたっとくっつき手伝おうとしてる。
真鳥に靴を脱がせ、末が靴持ち上げて中ごそごそしたら、インソール出てきたwwwwまあまあ分厚い3センチくらいありそうなやつwwww
真鳥(自称169センチ)を立たせて、長尾が床にメジャーつけて、小島が上にのばして測る。小島めっちゃメジャーのばしてて、215センチくらいまでのばしてた背高いかっこいい。
丈「(測ってる小島に)君名前はなんて?」
小島「あ、小島です。笑」
丈「測りました?」
小島、計測完了。
身長は何センチだったか発表を!
小島「ドゥルルルルルルルルルッ、ペンッ!…167。」楽しそうにドラムロール入れてきよったww
みんなうわーーー!wwと騒いでるときに
小島「約2センチ(ぼそっ」
末澤「これマジやから!!!」

新学期の目標
・柊和「目標は、背中で成長を語れるような男になることです」
案の定大晴も立ち上がって前出てきて、ブルゾンちえみのBGM歌いながら横揺れして白シャツ脱ぎ出す
背中に黒テープで
柊和『セイ』大晴『チョウ』
大晴「関西Jr.!!!」
柊和大晴「「withJ!!!」」
?「めっちゃええ身体してるやん」
リチャがスッと二人の間にきて、胸に箱ティッシュ入れてた(※すでにコント登場時につっこまれてた)ところから、ティッシュぬいてばらまきだしたwwそれを拾うwithJwwww
柊和「上腕!」
大晴「二頭筋!」
柊和リチャ「「∠※◎<*」」
大晴「withJ!!!」
柊和が、リチャが「ブルゾンリチャ子!」というタイミングで間違えて「withJ」と言っちゃってめっちゃグダったww
丈「あんなに裏で練習してたのに!ずっと楽屋withJ!って言ってるのが聞こえてたのよ!!!」ww

座ってる斗亜がちょいちょい小島のこと振り返って見てる。

BOX
小島が自分がBOXから引いた紙見てフッwwて笑ってた。
今江「『桜が満開の公園』で」
斗亜「『ピカチュウ』と」
?「公園にピカチュウなんておるの?」
?「斗亜おるやんな?」
斗亜「いっぱいおる!😍」かわいいっっっ💢
小島「『身体の洗い合いをする』」

BOX交代、小島は大晴にBOX渡してから(ノールックでお互いにBOXの受け渡ししてた)座ってすぐに斗亜のこと見る(笑)

最終的な遠足の場所
真鳥「難波でみんなとパーリーピーポー↑」
皆「「イエーーーーイ!!!」」小島、パリピポーズ?(にこにーの手で手のひら自分の方に向けてるやつ)を高くかかげてイエーイ言ってる。







3/28
挨拶
・大西の挨拶のときにオラオラ顔で叫んでる感じの小島。道枝においっ、と肩叩かれて、真顔で見合う感じのふたり(笑)道枝のネクタイが歪んでたのか、ネクタイ触って直してあげる小島。道枝ふふって笑って「ありがとう」ってかわいいかよ!

・斗亜「とあ、とあ、だーれのっもっの~♪」斗亜の歌を横揺れして一緒に口ずさんでる大橋。小島もだし、皆が横揺れして斗亜の歌聞いてて平和すぎた。

・大橋「どうもー!昨日左足の中指の爪が割れました大橋和也でーす!みなさん、割れてますかー?」\イエーイ/「割れてますかー?」\イエーイ/「松竹座が割れるくらい声だしていきましょー!!!」
康二に大橋そんなんじゃまだダメと言われて
大橋「イェ……みなさん行けますかっ?」\イエーイ/
大橋「行けますか?」\イエーイ/
大橋「イエーイ!フゥーーー!!!」

・小島「どーもジャスティンビーバーでーす!」「今日それのために髪あげてきました」
康二「横から見たらスネ夫みたいなってんで」www
小島照れて笑う
小島「気合いバッチシということなんですよ。」



コント
JK大晴、幼稚園児小島(前髪下ろして帽子被ってる)

「「うわーーーーー!!!」」
「ただいまー!」「ただいまー!」
小島「お母さん、春のSHOW合戦、ツッコミ、」
「「お疲れ様でしたー!」」二人でお行儀よくお辞儀ペコリする。会場も拍手。
小島「僕たちね、そんなお母さんに感謝の手紙を書いてきましたぁー!一人ずつ読むね。まずは僕が読みます🙋……(紙前に突きだして)てがみぃー!!!」紙にはひらがなでおっきく『てがみ』の文字と、その下に小さめに『けん』とかいてあるかわいい(笑)
小島「てがみって読んだぁー!!!うぇーーーい!!!」うぜーww顔がふざけた顔しててまあまあやばかった。
丈「あんたそんなしょーもないことしなくてもいいのよ!」
大晴「お母さん!わたしはちゃんと書いてきたよ!お母さんへ。いつも朝起こしてくれてありがとう。美味しいご飯ありがとう。産んでくれてありがとう。福本えりかへ。」
丈「それほんとのお母さんじゃないの!!!」www
小島、大晴の手紙のときにうわーっとなりシクシク泣いてた。
丈「もう!そんなんどうでもいいのよ早く帰ってきてね!」
「「はぁぁ~い🙋」」二人とも返事がバカっぽい(笑)

大西「妖精の~流星は~みんなと一緒に」
西畑「光合成~」
大西「光合成~まぶしーっ!」
のときに両手で顔を覆ってまぶしーっとなる大晴と、真顔でパチパチ拍手する小島。

リチャ子さん登場。
大晴がAh~って感じで上向いて片手で顔を覆ってる。
小島は両手で口を覆ってる。
康二がリチャのスカートを杖でめくりだして、それ見てめっちゃ笑う小島ww大晴も素で笑ってて、小島の方見たりしながら笑ってる。
リチャ子が胸に箱ティッシュを入れてる!のときに自分の胸を両手で押さえるたい子ちゃん。

宝くじ発見
小島「これはぁ~たからくじやぁああ~~~」ふざけた声でまあまあ棒読みでさすがに皆スルーできなくてつっこまれるwww
西畑「なんでちょっと棒読みなん」
読み直す
小島「これはあ~~~たからくじやぁー~~(やっぱり棒読みになる)」
「「wwww」」
小島「これはぁ~~たからくじやって!ww……これはったからくじやって!笑」小島自分でも笑っちゃってて、しかもしゃがんじゃってめっちゃ笑ってる。
丈「何回やんねん!笑(バシッ)」
小島「はい。(真顔)」www

大晴「お母さん、この宝くじ、」声がただの大晴
「「当たってるー!」」
宝くじ当たってる!となり、目を開いてわたわたあわてふためき出す小島。

丈「建築関係」
丈大西「トントントン♪」
一緒にトントントン♪の動きする大晴と、後から真似してトントンしてる小島。

暗闇で康二が殴られ、リチャの膝の上で息絶えて死んでる!となったとき、
リチャ「おっぱいで顔が見えない!」にソファー叩いて笑う小島ww
康二を救うには人工呼吸しかない!となると、
康二「丈…丈………」丈にご指名が入るww
丈…とうわごとを発する康二の声を聞こうとソファーの後ろから前のめりになって耳を傾ける二人。
人工呼吸が始まる前に大晴があっちいこう、と小島をひっぱりソファーから離れる。
丈「お前ら空気読んでそっちいかんでええねん!」
丈康二の人工呼吸の様子を、目を開いてあーーーっと口をあんぐりとさせて見てる小島。キスした時はしかめっ面になった。
人工呼吸のくだりが終わったとき、小島が大晴の背中を押してソファーまで一緒に戻らせる。

(流れ忘れた)
銃弾がカキーン!カキーン!カキーン!カキーン!と四方八方にぶっぱなされて、その音にあわせて上見て右見て左見てと顔を動かす二人かわいい。

階段落ち:リチャ
リチャ、立ったまま裸足で挑む。段差なくなっても滑らずに、なにも動かないリチャwwそのまま歩いて下りておわってしまって、壁が破れなかったため
「もったいない、壁が!」
となり小島が大晴を見る。(どっちか当てられるかも?みたいな)
丈康二が一緒に階段落ちることに。
ふたり転がって、康二が壁つきやぶって落ち、丈は柱に身体ぶつけてて痛そうだったww
こじぞうがまた意識失って笑、
康二「丈子…丈子…」とうわごとを。
西畑「ご指名入りましたァー!」
「パーリラッ!パリラパーリラッ!♪」と皆で歌いだし手拍子する小島。
康二「丈子さん…」からの人工呼吸のくだりを腰に手をあてて仁王立ちで見る小島。また本当にキスしてびっくり顔の小島。

教室シーン
並び
小島 恭平 道枝 真鳥
大晴 長尾 晴  斗亜

ヤンキーが3人もおる(真鳥、斗亜、晴)

教室入ってきて斗亜を見つけてにこーーーーっとする小島ハイハイww斗亜とアイコンタクトしてにこにこっとなり、頷く小島。

末澤先生登場。座ったまま両手伸ばしてわーっと手を振る小島。
末澤が小さすぎてみんなが見失う。
末澤「見ーさーーげてーごらんーーー♪」
「「うわぁっ!!!」」
末澤「お前は見下げすぎやねん!💢」
前屈みになって床をじーっと見てる晴太郎ww

新学期の目標
真鳥「なんやねん。俺らのことなめとったら痛い目合うぞ。なあ、アニキ?」
斗亜「おう。」
晴も立ってヤンキー発言する。
真鳥「テッペン取りましょ?アニキ」
斗亜「取らん。」ww「だって二人恥ずかしくないん?僕は今日でヤンキーを卒業する。…ね、アニキ?」
リチャ「そうね。」まさかの斗亜のアニキ、リチャ(笑)
真鳥「なんで卒業するん?」
斗亜「臭い。顔が。」顔が臭いww
「「どーも、千秋楽ありがとうございましたー!」」
小島ずっと斗亜見て笑ってた。このくだりが終わって斗亜が席に着くとき、よかったよーって感じで斗亜に両手向けてひらひらーっとする小島。

道枝「先生ー!僕も目標言っても良いですか?僕あの頃に戻りたいです…島の住人たち…」
長尾「はじめてねじこんだ日に戻りたいな…」
恭平「あの、お母さんやお兄ちゃんに会いたいな…!」
ポケットに青春のFun Fun Funがかかり、3人で踊る。
ポケFunを踊る3人(というか前に立ってた長尾)に向かって両手をひらひらーひらひらーとしてる小島大晴。小島、軽くポケFun踊って横揺れしてノリノリ(笑)

BOX
小島「『アメリカのネバダ州』で」
大晴「『カリスマ美容師』と」
道枝「身体のらいらいをする(甘噛み)」
「「なんて?www」」
道枝「身体のあらいらいをする(また言えない)」
「らいらい?wwラララライ体操!?ww」
道枝「『身体の洗い合いをする』(やっと言えた!)」

長尾「『ペットショップ』で」
末澤「ペットショップ?なに、キジ?キジとか?」キジチョイスww
地味に学ラン持って裏っ返して見つめる晴太郎。それは生地wwww
晴「『ダースベーダー』と」
恭平「『ゴマ団子を作る』」

最終的に末澤に指命された真鳥が遠足の行き先を決めることに
真鳥「なんばでアニキとパーリーピーポー!イエア!」
親指人差し指小指出してパリピポーズをする小島。斗亜(アニキ)に向かってパリピポーズ掲げる。
斗亜はそれでいい?
斗亜「普通にイヤ。」
じゃあどこがいいん?
斗亜「…ファミマ。」wwww
ふにゃふにゃ笑って斗亜に拍手する小島(笑)

セット回転時、レボーグの音楽に合わせて長尾に向かってふざけた顔して変な横揺れで脇開き閉じする動きしてノッてる小島、「なにしてんすかww」って顔した長尾につっこまれる。

大西「宝くじの場所わかりますよぉー。あっちこっちそっちー!☆」無表情の小島。

停電時を再現
大晴「電気が消えた!停電よ~!」
小島「あぶなーい!」
大晴「お手紙書き直そうか」
小島「うんっ。でも真っ暗やからなんも見えへん~(変な顔で書いてる)」
丈「………そんだけかい!!!」
ニコニコするだけの小島と大晴wwほんとそんだけかい!すぎた。