関西ジャニーズJr. 大橋和也くん、小島健くんの超主観的現場まとめ

大橋和也くん関連の雑誌発言まとめ

関西ジャニーズJr.大橋和也くん関連の発言を抜き出したものです。抜き出しただけです。


※長いです。


※前後のコメントを切ったりつなげたりしているところがあります。(文意はかわらないようにしているつもりです)



今後の更新予定はありません。




~~~~~~~~~~






藤原「大橋のいいところはいつもお菓子を持っていること。リハーサル中も絶対グミがある。高校生が電車の中で携帯をさわる頻度と同じくらい、ちょっとでも時間が空くとガサガサって(笑)。で、悪いことは…。」
大橋「ないよね?ないよね?」
藤原「ありすぎて(笑)まず言い訳がヘタ。否定から入る(笑)。「お前そこ間違ってない?」って言うと「いや、ちゃうねん!」って」
大橋「いやいやいや~。」
藤原「ほらほらほらほら!」
大橋「いやいやいや~。」
藤原「ほらほら今みたいに(笑)」

藤原「大橋はいつもほわんほわんしてる。俺とまとくんとリチャードといてもすぐはぐれるんです。「4人集まって~」って言われたときにいない。」
大橋「ボーっとしてるんですよね、多分。水飲んだりグミ食べたり。」

藤原「お前は集中力あるよな。俺ないもん。」
大橋「そやなあ(笑)。」

大橋「俺に(振り付け)「覚えといて」って。覚えるのが速いのはまとくんです。あと僕、歌も好きです。小田和正さんとかテゴマスさんがめっちゃ好き。いつか「ミソスープ」とか「くしゃみ」とか歌ってみたいんですよ。」

大橋「僕はやっぱりファンの人たちを楽しく幸せにして…for you!」
藤原「え、どういうこと!?」
大橋「そういうスーパーアイドルになりたい。デビューしたいです!」

大橋「僕、特技は大食いです!焼肉行ったらご飯7、8杯。あと体の柔らかさはジャニーズやったら一番かも。それとダンスが好き!10年くらいやってて特技です!」
藤原「ていうか、特技は人をイラつかせることやんな?」
大橋「なんでや!」
藤原「みんなが集まるときに来ないし、みんなが「おもろいなあ」ってなってるときに「え、何が?」って言うし」
大橋「でも…。」
藤原「ほら、また否定から入る~」
大橋「待って!ここで「はい」って言う人おらんやん(笑)」

関ジュかるた
「せんとうに 立てる男に なってやる!!」(めちゃかん19)




今江「和也はダンスがうまくて、いい意味でガキっぽい。悪ガキやけど、ほっとかれへんみたいな。あと、ご飯が好きなとこも。」
大橋「白米も焼肉も好き。」
古謝「誰かが食べてるのを見て“それ何?“とか言ってくるねん」
藤原「当然欲しい前提でな」
林「“どんな味するん?“とかな。この中ではデブキャラやで」

今江「自分の能力向上の意識が高いねん。なんでも、練習してがんばるねん」
林「難しいアクロバットでもできるっていうからできるていで進んでいくのに、結果ギリギリになってできへん、とか(笑)」

今江「ドジっ子。」
林「ドジっ子っていうか、よくテンパる。靴もよくなくす」


Q 1日に鏡を見る回数は?
「250回くらい。クセ毛で前髪がベタってなったりするから、それを直したいんです。」

Q 自分好き度
「99%。ちょっとだけ、まだ自分に足りひんなって思うんです。」 (wu14.12)




Q 今、ハマっている関西Jr.メンバーは?
西畑大吾大橋和也
「イジり甲斐がありすぎて好きです(笑)。僕のケータイにオオハッスンの動画がめっちゃ入ってますからね。「ボケて!」ってムチャぶりしたり、僕とオオハッスンの即興コントを正門に撮ってもらったり。オオハッスンはスーパーアイドルなのに、テレビではとても見せられないような変顔もするし、すっごい面白いんですよ!」




「(まいジャニの)トークにみんなで出られたのは嬉しいけど、やっぱり緊張するしなかなか話に上手くツッコめないねん。これでも学校ではおもしろいって言われてるから、イジられたときにおもしろく返せるように頑張るよ」 (P15.4)




浜中「遠くから見て、なんであんなにぶりっ子してんねんやろなって」

大橋「しゃべり教えてください!へへ(笑)」
龍太「…まあええわ。どんなしゃべりがしたいん?」
大橋「ツッコミとか、ボケとか」
浜中「いや、それお笑いや」


Q 下着は何派?
「(隣の丈一郎にはいてるパンツを見せ)これって何?(『それはボクサーやろ』と丈一郎)じゃあボクサーです」

Q 勝負下着って男でも持っているもの?
「寝る用と外に出る用分けてます。お風呂入ったあとは寝る用のパンツはいて、外出るときははきかえます」 (wu15.4)




リチャ「藤原は笑いの打率は高いよな。百発百中ではないけど9割はいく。」
林「で、大橋はデッドボールやな。」
大橋「なんでやねん(笑)!」
林「かわいいのを狙いにいくから(笑)」
朝田「笑いもスベるけど、和也は本番中によく靴をなくしたりもする。」
今江「衣装に合わせて白靴から黒靴に履き替えなあかん時とか、よく「靴がない!」ってテンパってる。」
大橋「昔、上手から黒靴履いて出て下手にハケて、もう一回上手から出ようとしたら黒靴がなくなってたことがあって…。」

大橋「僕は自分のダンスを見た人が、自然と笑顔になってくれればいいな」
藤原「面白くて?」
大橋「違うって(笑)!「明日から頑張ろう」とか、元気になってもらえたら幸せやなって。」
林「アイドルやもんな。ちなみに完成型を100%として今の自分のダンスはどの辺まで来てるの?」
大橋「完璧ではないけど80%ぐらい」
全員「結構いってんなー!」
藤原「普通そこはさ、「今は30%ぐらいやけどこれから磨きます!」って言うとこちゃうん。もう完成間近やん!」
大橋「だって、ファンレターに書いてくれててんもん。「大橋くんのダンスを見たら、自然と笑顔になれる」って。まあ、面白いって意味やと思うけど、めっちゃうれしかった!」


Q 性格
「負けず嫌い。誰にも負けたくないので、他の人ができて自分ができてないとイライラしてきます(笑)」

Q ダンスを始めたきっかけ
「従兄弟がやっていたこともあり「ダンスやり~」と両親に勧められて。最初は乗り気じゃなかったけど負けず嫌いなので。続けるうちにできる技が増えて、好きになって、今に至ります(笑)」

Q 得意なダンススタイル&技
「 POP、HIP HOP、Style HIP HOP。アクロバットではバタフライツイスト、側宙も得意です」

Q こだわりのアイテム
「グミ(笑)。パワー不足を補うためにいつもポケットに忍ばせています。今はバヤリースのグレープ味がお気に入り。チョコも試したけどポケットの中で溶けちゃって。飴はいつまでも口のなかに残っていて、食べてるのがバレやすいのでやめました(笑)」

Q 7人の中でこれだけは負けないもの
「食べる量(笑)。それまでは焼肉に行くと、ご飯のおかわりは7杯が限界だったけど、今年の1月に9杯まで記録を更新しました!」




15年春松竹でのコスプレについて
今江「それぞれキャラクターは挙手制で決めてんな」

大橋「僕は、豚まん星に手挙げてないで。みんなが「絶対これがいい」って言うから…。」
林「豚まん屋さんの案が出たときに、これは大橋のはまり役やろうと。」
大橋「似合ってるかな?最初は豚の鼻まで付けるとか言われて。それはさすがにちょっとイヤやって断った。」
林「付けんでもいけるからやろ。将来は豚まん屋になるらしい」
大橋「ならへんし(笑)!」
古謝「(笑)。でも豚まん屋の場面で、上半身をウェーブさせる軟体ダンスをやってるやろ。あれはすごい。」
藤原「大橋は身体が柔らかいから、足とか振り上げても長く見えんねん」
朝田「基本ポップ入れてくるし」
リチャ「振付の最後に余韻が来る感じ」
大橋「リチャもやってるやん!」
藤原「迫力あるしすごいことやで。みんながバンって止まるときも大橋だけ、バイ~~ンってなるから、みんな「おおー!」ってなる(笑)」
林「“バイーン“担当やな。」
大橋「何それ(笑)!」

大橋「僕はやっぱりダンスでも歌でも、芝居でもみんなを幸せにできるように頑張りたい。村上くんも言ってたからね、ジャニーズは「歌、芝居、ダンス全部できてなんぼや!」って」(ダンスクvol.7)




西畑「去年の冬に“西畑会“を作りまして。会員は宏志朗と大橋和也と正門良規。秘密結社なんです。そこでは基本、僕が先輩の大橋くんをイジって、正門もそれに上乗せ(笑)宏志朗は適度なツッコミ役です。」(めちゃかん25)




福井「俺ら同期は、大橋くんにマジ感謝やろ。」
西畑「1個上の先輩が教えてくれるんやけど、俺らが入ったときは大橋くんがつきっきりで教えてくれたもんな。それが今では「おおはっすん」とか言って…。ホンマにすみません…。」
毛利「大橋くん、優しいですもんね。」


“花粉症“のあるあるエピソード
「花粉が多いところは雰囲気でわかる!!」


Q 自分を色に例えると?
「赤…と言いたいけど元気な黄色!」「黄色って目がチカチカするし、がむしゃら感も出てるし、目立つ色やと思うねん。僕は関西Jr.の中で、いつも元気にがむしゃらに頑張ってるつもりなので黄色やと思います。でもメンバーカラーとしてもらうなら、やっぱり赤かピンクがいいな~」 (P15.6)




道枝「(春松竹で)バンバンを歌ってるとき、大橋くんにぶつかっちゃった~。ヤバイ!って一瞬焦ったけど、そのまま肩を組んで一緒に歌ってくれたんだ!」 (M15.6)




藤原「ホテル話は?朝田と大橋が一緒やったよな」
朝田「結構毎朝シャワーの音で起きてた」
大橋「オレ早起き(笑)」
大橋「でも用意すんの一番遅いよな、俺」
一同「超超超遅い!」
朝田「朝風呂入ります、乾かします、髪にアイロンします。え?アイロン?って」
藤原「コンサート終わりにシャワー浴びます。あとは帰るだけ。やのに」
今江「またアイロンしてんねん」
大橋「だって前髪、まっすぐになったらデコ見えるやん。僕結構デコ広いからそれが嫌やねん。だから前髪だけ(笑)」
朝田「セット長いねん。1時間半くらい」

大橋「(今江が)俺が寝ようとしたらめっちゃ邪魔するねん!」
今江「してないで(笑)」
朝田「あと、東京で、俺と大橋はちょっとだけ時間あったから、買い物したよな」
大橋「Tシャツを」
朝田「こいつ私服がダサすぎて(笑)」
大橋「おい(笑)!」
朝田「まとくんに“ちょっと買え“って言われて、選んでもらって買ってたな」


初登場をくらべてみよう!のコーナー
「今の好きな教科は音楽とか体育(笑)。それは変わんないです。あと、理科と数学も好きになった!」


Q 仕事で遅刻できない日に大寝坊!おもしろく乗りきるには、なんて言い訳する?
「前髪の分け目が決まらなくて遅れました」

Q 楽屋で先輩同士がケンカをはじめた。さっと逃げる or 仲裁に入る or 息をひそめる
「逃げます!たぶんストレッチしますね」 (wu15.7)




古謝「アツいと言えば、俺らほんまフットサル好きよな。雨でもやるし」
大橋「そやな、大好き!」
藤原「Jr.の活動があった後とかに、月1、2回は集まってやってるな。この中でうまいのはやっぱり今江やな。」
大橋「2番目は僕です。」
古謝「シバくぞ(笑)」

大橋「最近、恋愛ドラマにハマってます。でも受験生やからオープンキャンパスも行かなあかんし、ヤバイです」「理工学部目指して頑張ります!」


関西Jr.でバカンスに行くなら誰が何役?
西畑「はっすんは…ブタ?焼かれる係?(笑)」
向井「(大橋が横から見ているのに)アイツは連れていかへんやろ」
西畑「ここにおらんから言うけど、連れていかんよな(大橋「おるわ!」とアピールするも、無視)」
西畑「(大橋に)声小さいよね(笑)」
一同「アハハ!」


Q 好きなアイス
「バニラです!普通すぎますか?でもミルクミルクした甘めのバニラが大好きなんです。果実系なら果肉が入ってるメロンがいいな~。ちょっと贅沢な感じ。アイスは大好きやから年中食べるねんけど、特に暑い夏は、かき氷が入ってるやつもさわやかでいいよね!」 (P15.8)




藤原「大橋のややこしいところは?」
大橋「ある?」
藤原「伝えたい内容に必要とする単語を使わない。くっそ長い文章で言ってくるから(笑)」
大橋「日本語がヘタなんよ(笑)」
藤原「理解するのにややこしい。それは俺だけじゃなくみんな思ってる」

浜中「ややこしいレベルってあるのよ。いい意味でふたりともややこしくない」
大橋「ほんますか!」
浜中「おまえ、入り方ヘタやな(笑)」
藤原「まさにややこいでしょ」
浜中「この対談で大橋が入ってることがややこしい」
大橋「いいじゃないですか~」
藤原「言いながら触ってくるでしょ」
浜中「触る意味がわからへん。“大橋くんかわいい~“って言われて調子乗って」
大橋「ハイ、ハイ!それおかしい!僕ね、ボディタッチ激しいんです」
浜中「これが流星やったら、触られたら、わお♡ってなるけど」
藤原「文一くん、流星好きですよね(笑)」
大橋「僕、みんなにブサイクブサイクって言われてるんですよ?」

大橋「丈くんは頭が回る。7:3で丈くんが悪いことでも、いろいろ言われて9:1で僕が悪くなっていく!」
藤原「大橋が1言ってきたら3返すから」
大橋「そこに勝てる言葉が見つからないんよ」


龍太×向井×リチャの対談にて
(ここで大橋が姿を現す)
龍太「何?混ざりたいの?」
大橋「…はい」
龍太「ちょっと文一くん、そんな壁の隙間からのぞいてないでなんとかしてくださいよ」
浜中「うちのゴミや」
大橋「ちゃいますよ(笑)!」


Q ずばり、幽霊は信じる?
「信じてます。テレビでやってたからです」

Q 絶対に入りたくないお化け屋敷に彼女に「入ろう!」と誘われました。入らなくてすむ方法は?
「入って、段差があって、こけて、膝すりむいて、『血出た!』って言ってトイレに行きます」 (wu15.8)




Q ダンスのための食事のこだわり
「元気を出すために、牛肉を食べています。特に好きなのはカルビ。コンサート終わりはぐったりするので、いつもお肉を買ってきてもらっていますね。あと、全然ダンスのためではないんですけど、プリンやブリュレが好きなので、毎日といっていいくらい食べてます(笑)。滑らかなプリンに苦味のあるカラメルが入っているのが一番好きですね。夏はアイスもよく食べます」

Q 身体&心の癒し方
「たくさん寝ることですね。僕は受験生と言うこともあって勉強もしているんですが、だいたい0時に寝て、6時に起きます。それとお風呂にはいるのが大好きなので、朝にも一時間くらいお風呂に入るんです。シャワーを背中に長時間当てるのが好きで、そうするとすっきり目が覚めるんですよ。夏なら2~3回入ってますね。心が癒されるのは、友達と遊ぶときかな。特に運動をすることが好きで、テニス、バトミントン、野球、サッカー、バレー…、色んなことをして遊んでいます」


大橋「(少年たち)僕も気合い入ってる!でも僕、ヤンキー役とか無理やと思うねん。」
林「大丈夫。大橋にヤンキー役やらせてみようってならんから(笑)」

大橋「僕、重岡くんみたいに、ブランコに乗りながら歌ってみたい。楽しそう。」
末澤「うん。公園でやり(笑)。」


ファッションのこだわり
「レッスン着は、寒い冬でも半袖半ズボン。それにパーカーを羽織ったりしていますね。僕の場合、長ズボンをはくと脚が短く見えるので、あんまりはかないんです。普段着のこだわりはなくて、僕、一年中ジーンズにボタンダウンのシャツを着ることが多いですね。だから、よくみんなにダサいって言われるんですよ(笑)」 (ダンスクvol.8)




「僕、基本的にすぐ泣いちゃう性格なんですよね。」


重岡「好き。俺、大橋のこと結構いじってるね。イジるって言っても、触ったりなでたりつまんでみたりっていう方(笑)。何をやってもヘラヘラ笑ってくれるからうれしい。ごはん食べに行ったらよう食べてくれるしな。」

小瀧「めっちゃ食べる。俺がデザート食べてるときにまだメイン料理食べてたからね、何回もおかわりして。食べ盛りとはいえすごいで。1歳しか違わないんやけど、信じられへん。」


大橋「関西Jr.を引っ張っていきたいね」
今江「オマエ引っ張られるタイプやろ?」
大橋「(カッコつけて)僕がコイツらを引っ張ります。ジャニーズのテッペンを取ります!」
今江「オマエ、それ「少クラin大阪」で言いたかったヤツやろ?」
朝田「コイツ、コーナーに出させてもらったときに言おうとしてたのに、緊張で言えなかったから今言ってる(笑)。」
大橋「SMAPを、嵐を超えます!」
朝田「それはなかなか難しいよ?」
大橋「ムリって思ったらアカンねん」
今江「今から宇宙飛行士目指せますか?」
大橋「頑張ったらいける!」
今江「ムリやって。」
朝田「理想と現実の話をし過ぎやって」

末澤「(楽屋は)1つの部屋にみんな集まって、楽しいですよ。ダメ出しもそこでするし。」
リチャ「そんな中、大橋は一人で鏡の前。」
林「鏡の前に5時間くらいいます。」
大橋「(もぐもぐフルーツを頬張りながら)そんなことない※▽●…。」 (めちゃかん28)




――迷子になったりしそうな人は?
古謝「大橋!」
朝田「和也は絶対迷子なる」
藤原「だって、俺らが新幹線で移動するときもさ、一人でプリン買いに行ってな?」
林「言うこと聞かないんです。マイペース」 (めちゃかん29)




林「大橋、何かしゃべりいや?」
大橋「今ね、サンドイッチ食うててさ、鼻ん中入ってん。」
林「う、うん…。」 (TVfanCROSS vol.16)




大橋「僕は(少年たちで)動物の鳴き声をしてて、2日に1個くらいのペースで変えてるねん」「バリエーションは…」
真鳥「ネコ」今江「ライオン」古謝「ブタ」真鳥「ウマ」藤原「オットセイ」
末澤「待って、言わしたって、大橋に!」
真鳥「だってそれぐらい言えるのに言わへんねんもん!」
大橋「あとは、ハチ、イヌ、カエル、カラス、ニワトリとか」
藤原「めっちゃ種類あるやん」
大橋「あるけど、クオリティ低いねん(笑)」

リチャ「円陣にいつも間に合わへんのは大橋やんな」
末澤「舞台袖でも髪の毛やってるから(笑)」
朝田「和也は準備全部が遅い感じやな」
大橋「普通にみんなと袖に行ってても、僕遅いねん」
リチャ「15分前に“ヤバイ、ヤバイヤバイ“って言ってるし(笑)」

大橋「僕はでっかい浮き輪持ってるんやけど、みんなにジャマって言われる」
真鳥「うん。あれは、邪魔やな。」
全員「ワハハハ」 (wu15.10)




向井「大橋は安定の滑舌の悪さよな。「一流」が「いちじゅう」になる(笑)」
リチャ「「胸にバッジつけてるやつが一流なんか」がなまってカタコト(笑)」
大橋「オレ、外国人やから」
リチャ「ブタとのハーフって?」
大橋「違う、イタリア人」
朝田「ごめん、ホンマ意味わからん」


長尾「(緊張したとき)俺は胸を叩いて深呼吸かな。大橋くんがやってるの見て、真似してみた」


朝田とのポッキーゲーム
朝田「こいつの唇、奪います」
大橋「初奪われないように頑張ります」


オフ日のタイムスケジュール
「出掛ける準備に2時間かかる」
「お風呂の後は必ずアイスを食べて牛乳飲みます」
「寝るときはパンツとTシャツ。冬でも同じ格好です」
「家族全員一緒に寝てるねんけど、隣のお父さんをよくたたいてるらしい。で、お父さんが布団かけてくれます」 (P15.10)




ZOOM UP Jr. vol.14
基本性格
「すごく人見知りで、初対面の人は緊張しちゃう。あと食いしん坊。今ハマってるのがプリンで、おいしいって聞いたケーキ屋さんにはすぐ買いに行くねん。最近のヒットはブリュレ。表面がカリカリで甘くておいしかった!」


直したいところ
トークが苦手。僕、本当におもしろくなくて(泣)」「松竹座のお風呂でよく先輩にアドバイスをもらってるよ。」


手なづけ方
①プリンをください
②焼き肉をごちそうして
③やわらかいグミが好き♡
「大好きなプリンをくれたら落ち込んでても元気になる。次に効力があるのは焼肉。やっぱお肉大好きな年頃なんで(笑)。その次はグミ。最近はやわらかいタイプのグミが好き。あ、食べ物ばっかりになっちゃった(笑)」


座右の銘
「有言実行。振り付け師さんから練習しろって言われたアクロバットも、「明日やります」って答えたらできたで。自分に気合いを入れるためにも、宣言するって大事やと思う。だから「デビューしたい」って夢もずっと口に出し続けてるで」


優馬「笑いのセンスは…ない(笑)笑わそうとはするけど、センスがあるにかないのかさえ、わからない(笑)でも、おもしろくないとこがかわいさでもあるし。ハスキーボイスなとことか、みんなからいじられてるのがかわいいから、かわいいとこをなくさんでほしい」

小瀧「食いしん坊。俺が食べてると「それなんですか?」ってシレっとした顔で聞いてくんねん。いや、見たらわかるやろと(笑)」

西畑「おおはっすんはね、変態(笑)。ウソ、いじられ上手。ステージでは100%アイドルしてる彼を、プライベートではいじり倒してる。」「僕が何しても怒らず、素直に受け入れてくれる、ほんま優しい子やねん。実は甘えてるで(笑)」

藤原「コンサートのリハのときとか本番のときに、近くにいる衣装さんとか関係ない人に、「え?…ちょっと……俺って、どこから出たらいい?」って絶対聞く(笑)。だいたい本番の時はテンパってるで。ドンと構えてる姿は、ごはんのときくらいしか見たこと無いもん」

大西「男前なところ……?あんまりないかも(笑)みんかにかわいがられてるし、いつも優しいから男前って感じじゃない。顔もかわいらしいし、話し方もいつも穏やかやから安心するねん。しいていえばダンスかな。ふだんと違ってステージでは男前になるで。」

こぼれ話
「現場にあったグミを片っ端から開けて試食。「おいしい♡」と幸せそうな笑顔に周囲がなごんでいると、同じスタジオにいた藤原くんに「あ、また、食べてる」と見つかってしまい、なぜか慌てる大橋くんでした。」


絶叫マシン
「1日2~3回乗っちゃうくらい大好き。」

川柳 テーマ おばけ
「出てきても 逆に驚く おばけさん」
「おばけって全然怖いと思ったことなくて。お化け屋敷に入ってもおばけ役の人を脅かして楽しむくらい。だからもし本物のおばけがバァッて出てきたら、僕もバァッって言って驚かす。でもおばけが僕にびっくりせずに2回目のバァッが来たらもう黙って逃げる(笑)」(ポ15.10)




「最近リチャードをおちょくるのが好き。前はやられてたけど、逆にやり返したろうって(笑)」

「(自分の)天使の部分は…ありすぎてわからない。ウソウソ(笑)!あ、グミ配ります。カバンとかポケットにいつもグミを入れてて、みんながちょうだいって言ったら配ってます。」

「よくふわってしてるって言われるけど、おもしろいことが大好きやから、僕は全体的に悪魔っぽいってことで(笑)」 (wu15.11)




大橋「(得意な家事について)お風呂洗って50円もらってたから得意になった」

大橋「俺、オムライスの卵作るの得意ですよ」


funky8で共同生活するなら
大橋「俺何?食べる係?」
藤原・末澤「残飯整理係!」
リチャ「布団敷く人は?」
藤原「アハハ!残飯&ベッドメイキングやな」
林「布団、似合うで!」
大橋「似合うって…。(笑)俺、みんなの枕ってこと?」
リチャ「ケツ柔らかいもんな(笑)」


洗い流したい過去
大橋「何かの公演で俺らJr.が海パンで水浸しになる演出があって。その後にトイレで、関西Jr.の子やと思って自分がはいてたびちょびちょの海パンをベチャって背中につけたら、全然知らない東京Jr.の子やってん。驚いてそのまま逃げた(笑)」 (P15.11)




「テスト期間に気づいたのが5日前とかで勉強あんまりできなかったこと。みんなが受験モードやから、テストかどうか雰囲気がわからんくて(笑)。実は僕もこう見えて受験モード。やっと勉強しはじめてます。この前願書を書いてて、自分の親の名前を書かなあかんのに自分の名前を書いてしまって、さらに住所のところも字を大きく書きすぎて枠に入りきらへんくなって、もういいやってはみ出してかいたら「あんた、こんなん出せるわけないやろ」って親に怒られました。で、もう1個願書を取り寄せてます(笑)。あとは残念言うたらあかんと思うけど、今江の身長すかね。って、最初思ってたけど、今江はかわいいからいいんかなと(笑)」 (wu15.12)




勝手にあげたいプレゼント
真鳥「大橋和也に服。新しい服を買ったら俺ら全員で点数を出すんですけど、100点満点で2点とか(笑)。西畑の服装が好きらしくて似たものを買うんやけど、西畑は着こなしがうまいのよ。大橋は系統が違う気がする。スーツとかまだ早いし!もこもこパーカーとか、かわいい系が似合うと思うけどね。トータルコーディネートしてみたいわ~。俺がすすめても、結局あいつ自分の買いたいもの買うから何の意味もないけど(笑)。」(wu16.1)




「手紙って一回も書いたことないねん。年賀状も書いてない。でも、高校生になったから感謝の気持ちを伝えようと、2年前からお母さんの誕生日に“おめでとうカード“は渡すようにしたよ。もちろんちょっとしたプレゼントと一緒にね。」

「メールでは絵文字と「笑」は文末に必ずいれる。(^o^)こんな感じの顔文字もよく使うよ。」


屋良くんに質問
大橋「僕、ファッションセンスが悪いんですけどどうやったらセンスよくなりますか?」

屋良「センス悪いの?」
末澤「悪いんです。8人の中でも一番ダサいと言われています。」
浜中「どうダサいの?」
末澤「ひとつひとつはかわいいんです。でもトータルで見るとかわいくなくなる、みたいな」


大橋和也funky8のみなさん
「いつも僕に「服装、マネしてるやろ~」って言ってきても「マネしてない」って言ってごめんなさい。本当はマネさせてもらってます(笑)」 (P16.1)




大橋「俺、ロールスロイスにあこがれてるねん。」

リチャ「大橋の運転は絶対イヤや」
古謝「テンパりそうやなー」
藤原「ブレーキとアクセル間違えたりしそうで怖いわ」
大橋「ホンマに?そうかなぁ。」
リチャ「「これ、行ける?行ける?行ってもうた!」みたいな(笑)」
大橋「受験終わったら免許取るで」 (P16.2)




Q 一番好きなドラマのジャンルは?「恋愛」
Q 2015年を漢字一文字で表すと?「感」
Q 旅行で一番行ってみたい場所は?「ポリネシア
Q 一番のストレス解消法は?「テレビを見ること」
Q お金で買えないもの「命」
Q 好きな給食「くじらのオーロラ煮」
Q 一番やってみたい習い事は?「スカイダイビング」


「一番愛を感じるのは、やっぱりお母さんやな。僕、プリンが好きなんですけど、きっかけは落ち込んでたときにお母さんがくれて、食べたら自然と笑顔になれたからなんです。ジュニアの活動で帰りが遅くなっても僕が寝るまで絶対寝ないし、ようしてくれますね。」

リチャ「(ファンキー8では)大橋だけはめっちゃちょっかいだしてくるけど、オレの包容力で許してあげてる(笑)」


伝言板
山田くんへ。大橋和也です。どうやったらかっこよくなれますか?
紫耀へ。露天風呂いつ行くー?
カジちゃん(梶山)へ。あそぼー!…ハグ、いつしたっけ?(笑) (wu16.3)




大橋「現実的なヒーローといえばさ、テレビの中の人。お笑い芸人さんとか、みんなを笑わせて幸せにしてくれてる。僕もヒーローになりたいです。」


上田「関西Jr.では大橋くんや福井くんのダンスが目標です。」
プロフィール
上田怜苑 あこがれてる先輩/玉森くん、大橋くん
(P16.3)




・近況
「最近、テレビの『ラストキス』にハマってるねん。めっちゃいいっす!」


藤原「この中で協調性があるっていえば、古謝やんな?」
今江「オレちゃう?」
大橋「強調性やから、「オレ、オレ」って言う人でしょ?」
藤原「ちゃうわ!みんなと譲り合ったりして事をうまく進める人!」
今江「あ、オレちゃうわ。古謝や。」
大橋「古謝くんやね。」
藤原「この中では古謝やけど、オレら8人やったらマトくんかな。」
古謝「年上やし、言うことが全体のことを考えてるよな。」
大橋「頭もいいし。」
古謝「それ、関係ないから(笑)。」
今江「丈もまとめてるやん…あ、それはリーダーシップか。」
古謝「この4人で言えばそうやけど、リーダーシップもマトくんやと思う。いろんなことやってくれるし。」
大橋「構造とかもね!」
古謝「構成や!振り付けもやってくれるし、頼りになるやん。」


吉野「先輩やけどかわいい人といえば大橋くん。しぐさとか笑顔とか、ふとしたときがかわいいねん。」

石澤「(かわいいJr.は)先輩では大橋くん。ちょっかい出すと「やめて~」って子供みたいに抵抗するのがかわいい。」
(P16.4)

 

 

大橋「今、テスト勉強に専念しているので、毎日していたジョギングもお休み。そしたらなんと1週間で3㎏も太っちゃった。今朝、"なんか体が重いなぁ"と思って量ったら57.7㎏!テストが終わったらジム行ったりジョギングを再開したりして、なんとか54㎏に戻したい。身長が168㎝だから理想は50㎏なんだけど、筋肉も増やしつつマイナス約8㎏はキビシイ道のりやろなぁ。本番前にやることは結構決まってるよ。緊張するとトイレに行く→気合い入れのために近くにいる人に背中を強めに1回たたいてもらう→ゆっくり3回深呼吸→出る直前に「シャー!」って大きな声を出すっていうルーティーンを必ずやってる。家を出る前は、出発予定時間の2時間前に起きて、まずお風呂に1時間。背中に熱めのシャワーをあててしばらくじっとしてる。目が覚めたら体を洗う→一年中出してる扇風機にあたりながら化粧水をシュッシュ&綿棒で耳掃除→髪の毛を乾かす→ご飯を食べる→歯磨き&ヘアセットっていう流れ。こうやって話してて気づいたんやけど、僕、ルーティーンが大好きみたい(笑)。」

・近況
「とにかく今は勉強を頑張ってるで。英語があんまり手をつけられてなかったから、3日間で800単語覚えた。あと少し、頑張るぞ!」


・ドリステ
大橋「オレの出てくるシーンは特におもしろい訳じゃないのに、なんかみんな笑ってたやん。なんで?」
草間「テンション高いからちゃう?」
藤原「そうそう、いきなりピョンって出てきてハイテンションやからや。」
大橋「丈くんのティッシュ配りが異常にうまい。やってた?」
藤原「やってへんし、そんなとこほめられてもうれしないわ(笑)。」


・リレー日記、回します
(4月号より)
神宮寺「大橋くんへ 1年ぐらい前に一緒に食事に行ったとき、みんなが大橋くんをイジってたからオレもどさくさに紛れてめちゃくちゃイジっちゃってごめんなさい。でも、じつは大橋くんも欲しがってたよね?(笑)そんな、めちゃめちゃおもしろい大橋くんにお願いです。オレとの大爆笑エピソードを話した後、今後オレができる超おもしろ一発芸を考えてください!」

神宮寺の指令に大橋がタジタジ。
大橋「ぐーちゃんへ オレにおもしろさを求める?大爆笑エピソードなんかないし(笑)。一緒に食事行ったときは、生ハム頼んでたイメージしかないわ。ぐーちゃん、生ハム、2回頼んでたよね。似合ってたで(笑)。一発ギャグはマジでちょっと待って。ちゃんと考えて動画撮るから。作ったからにはちゃんと使ってよ。」

「(高橋)海人へ いつも「和也くん、一緒に遊ぼ~」って言ってくれる海人がめっちゃかわいいです。でも、僕からの誘いは断りますよね?(笑)それもまたかわいいんだけど…。そんなかわいい海人にお願い!雑誌とかで使えるかわいいポーズを考えて!いつも「素人か!」ってツッコまれるぐらいポーズがないんだ。海人ーーー、よろぴく!!!!!(笑)」

(6月号より)
高橋「大橋和也殿 確かに和也くんの誘いを断っちゃうことが多いかも。しかも都合が悪くなったわけじゃなくて僕の気まぐれで断るっていうね(笑)。ごめんね。でも近いうちに絶対遊びに行こうね♪かわいいポーズは僕にはわからないからPOTATOの玄樹くんの写真を見て研究して!(笑)」
(P16.5)

 

 

・自分×○○もオススメです
大西「関西やと、大橋くんを女装させてメイクする。ボクがかわいくさせるで!大橋くんはいじられキャラなので、ボクもいじらせてもらってます♡」


・リチャの好きなところ
大橋「最初だけ甘えさせてくれる。ボクがうしろから抱きつきにいって、「なんやねん」って言うまでの3秒ぐらいだけ(笑)。そのあとはだんだん怒ってくる。ほかは、見た目も中身もおもしろい。リチャと言いあって遊ぶのが好きやし、ちょっかい出すのが好き。関係を例えるなら、「アルパカとブタの言い争い」的な。」


・大橋の好きなところ
草間「気を使わずに言ったりやったりしてくる。年下やし、そういうのもなんかかわいいなって(笑)。関係は、「犬猿の仲」(笑)?「嫌いは好きの反対で、愛情の裏返しでしょ」的なとらえ方で寄ってくる。で、「オレってデブじゃないと思うねんけどな」とか言うから、「いや、デブやで」ってあえて伝えてあげてます(笑)。まあ、ほんまに嫌いやったらからんでないからね。」


・意思疎通クイズ
大橋「ボクが毎朝やってるルーティンはなんでしょうか?」
大橋「「おもしろいほうがいいですか?」となぜか問題のおもしろさを気にしながら出題。正解は「朝もお風呂に入るんですけど…シャワーで40分間背中に湯を当てながらもう1回寝る」と誰も当てられなそうな答え(笑)。「気持ちいいんすよ!でも40分て水道代ヤバイっすよね(笑)。それから顔のマッサージしたりします」と女子力高め(?)な大橋でした。」
(wu16.5)

 

 

Q.今回(ドリステ)の役を演じて面白い、難しいと感じたところは?
A.僕は結構みんなに演技を笑われるんですよ。今まであまり演技をする経験がなかったので、どういうふうにセリフを言ったら自然に見せられるんかな、って考えてはみたんですけど、わからなくて(笑)。難しかったです。歌舞伎みたいな動きもしてるんですけど、カメラに手がかぶってしまって、何回も失敗しました(笑)。でも、演技に興味を持ちましたね。いつかドラマにも出てみたいです!

Q.アイドルの道で本気でやっていこうと覚悟を決めた時は?
A.駅とか街で「大橋くんですか?」って声をかけられた時に、「あ、やっぱり僕って芸能人なんや!」って自覚して、それを感じますね(笑)。どこで誰に見られているのかわからないんで、「アイドルとしてちゃんとしないとダメだ!」って思います。やっぱりファンの皆さんがいなかったら今の僕はいないですし、これから先も上に上がれないんで。今、アイドルをやってて楽しいです!僕にとっての憧れのアイドルは、SMAPの中居さん!
(naviSmile vol.20)

 

 

Q.台本を読んでどう思った?
A.僕にセリフがある!っていうのが正直な感想でした(笑)。セリフを覚えるのも演技も一番下手やと思うから、これはどう言えばいいのか、かなり考えて準備していました!

Q.自分にとってのドリームステージって?
A.ファンの皆さんを笑顔で元気に幸せにしたい、っていうのを第一に思っていますね。だからドリームステージはコンサートだけじゃなくて、皆がいつでも僕を思い出してくれるところかな!


「最初の通しでセリフが飛んだ。そのあともう一回、"落ち着け"って自分に言い聞かせながら台本読んだ。ちゃんと覚えてたのに…」
(TVガイド+ vol.22)

 

 

大橋「僕らは映画初出演やんか。僕、正直、めっちゃ嬉しかってん!演技はいちばんヘタやったけど…。」
藤原「そんなことないよ、って言っとけばいい(笑)?」
大橋「ありがとう!頑張りました!」

藤原「早く観たいし、また映画に出たいなと思います。」
大橋「僕も早く観たい。映画もやけど、いつか、ドラマにも出てみたい。主演がしたいねん!」
藤原「お前は素人か(笑)!」


・新曲 Dream Catcherについて
藤原「リハの時、全員バラバラやったもん。横でめっちゃキメてるヤツもおれば、大橋みたいにニコ~って笑ってたり(笑)。」
草間「大橋、なんの曲でもそうやもん。」
大橋「ちゃうで!AメロとBメロはちょっとカッコ良く、サビは明るく。でも1サビは曲調が違うからちょっとカッコ良くして、2サビ目は曲調が明るめになるから、楽しくやってた。歌っているほうも感じ方が人それぞれよね。」


・今後挑戦したい役など目標は?
大橋「僕は学園モノに出て、みんなでわちゃわちゃ楽しくしたい。弱々しそうやけど、じつはめっちゃ強いっていう主役をやりたいです(笑)。」
藤原「なるほど。頑張ってください(笑)!」


Q.好きな映画は?
A.恋愛映画は全部好きです。最近の作品はすべてと言っていいくらい観ていますね。あと、ミュージカル映画の『RENT』が好きです。高校1年くらいのころに初めて観て、泣いちゃいました。当時の僕からすると、大人の雰囲気がある作品だったんですけど、ストーリーがすごく良かった。

Q.初ステージの思い出は?
A.'09年4月3日、Hey!Say!JUMPのコンサートです。緊張していて、どこでやったのかも覚えていないくらいです。2~3日練習してステージに上がって…。ステージから大勢のお客さんを見て、「うわ~っ!!」って、興奮したことは記憶にあります。
(CINEMA SQUARE vol.83)

 

 

「なんやかんやで流星もお殿様やと思うな。俺は流星からさんざん言われてるけど、かわいいから言うこと聞いちゃう感じ(笑)。」

「最近まで僕も高校生やったんですけど、卒業式の最中に自分の高校生活がすごく楽しかったのを改めて思い出した。高校生活もやけど、卒業式に出席したことでも青春できたね。」
(ガイド4/22)

 

 

・映画初終演を果たした気分は?
藤原「銀幕デビュー!」
大橋「一生の…、思い出?」

大橋「最初、映画に出られるって聞いた時は、「イェ~イ!ヨッシャ!」って喜んだけど、その後、「あれ、待てよ?僕、演技が下手やけどどうしよう…」って。」
藤原・草間「(爆笑)」
大橋「で、台本に書いてあるやつ…、なんやったっけ?あ、セリフ!まずセリフを覚えてから、どんな言い方にしたらいいかなって考えて。でも、わからなかったです、はい(笑)。」

大橋「撮影現場に入った時に、「渡辺俊役の大橋和也さんでーす!」って紹介されたのが、ほんまに照れた!」
(TVnavi5月号)

 

 

・近況について
大橋「最近は海外の学園ドラマを見てるよ。学園もの的なミュージカルが好きなんやけど、恋愛ものを見たら恋愛したいなぁってなるね(笑)。運命的な出会いとか、「そこでこうくるかぁ~」ってのに憧れる(笑)。委員会で出会うとか、一目惚れとかもいいな。雰囲気とか、たまに見せるくしゃっとした笑顔に惹かれちゃう。でも、恥ずかしいからしゃべりたくてもしゃべれないと思うわ。最近やってみたいのは、スカイダイビング!怖くないで。ジェットコースターとか好きやからね。上から落ちるときの「ふわっ」てなる感じが好きなんよね(笑)。」


古謝「そうそう、最近、大橋と神山くんと3人でアクロバットの特訓してきたよ。で、そのあと神山くんが誘ってくれて、3人でNEWSのコンサートを観に行きました。楽しかったな!」
(wu16.6)

 

 

西畑「(映画の舞台挨拶で東京に泊まりの日に)はっすん呼んで3人で大富豪とか、斎藤さんゲームとかしててん。負けた人にはアプリを使った罰ゲームやってんけど、はっすん、めっちゃ弱くて…(笑)。」
大西「ガチでいろんな告白させられたり、大変やったね。」
西畑「デコピンとか打撃系は、はっすんばっかりやったな。オレらは尻文字とかばっかりで。」
大西「かわいい罰ゲームばっかり。」
西畑「で、オレらが飽きたら(大橋に)「帰って」って言って(笑)。」
向井「やらされるだけやらされて、帰れって、ヒドイなぁ(笑)。」


・近況を教えて!
正門「まいジャニのリハ帰りにはっすんと大吾と3人でもつ鍋を食べに行ったよ。この3人は帰る方向が一緒。はっすんは先輩だけど、勝手にはっすんって呼んでて。否定されないからいいんかなって思ってる(笑)。」


・仲よし8人がもしもひとつ屋根の下に暮らしたら…?
藤原「じゃあさ、もしだれかとつき合うことになったらだれに打ち明ける?たとえばオレと淳弥がつき合うことになりました、って報告を誰にするか。」

古謝「大橋は誰なん?」
大橋「オレ、だれにも言わんかも。気づくやろ、だれか絶対。」
林「それはおまえがヘタなだけやろ(笑)。じゃあ、だれとつき合うん?」
大橋「(即答で)この中やったらリチャ。(一同大爆笑)」

林「じゃあ最後、古謝。」
古謝「オレも今江かなぁ。ラクそう。でもまぁ大橋以外なら全員いいかな。」
朝田「わかる。和也イヤやわー。」
大橋「うん、せやな。イライラすると思うわ、みんな。」

藤原「シェアハウスってさぁ、トイレは2つ3つあるかもしれんけど、お風呂は1個やん。こいつ(大橋)の風呂の長さはハンパない!風呂、何分?」
大橋「1時間。」
朝田「朝、オレらみんな和也のシャワーの音で起きるやろな。」
藤原「水道代、おまえ払えよ。」
大橋「ちょっとだけ多めに…。」
草間「7人で1/8を割るわ。おまえひとりで7/8払えよ。」
大橋「せめて3/8で(笑)。」


大橋「僕が服を買いに行った次の日、たまたま同じ店に重岡くんが来てんて。お店の人が「ニコニコしたJr.のコが来た」って話したら、重岡くんが僕の顔写真見せて「そう、このコ!」ってなったらしい。すぐわかってくれてうれしい!」
(P16.7)

 

 

西畑「オレはおまえをアッシーとして使う!」
正門「オレの車に乗って京都とか行きたいって、ずっと言ってるよな。」
西畑「ボクの夢やもん。男友達とドライブ旅行(笑)。はっすんにも運転してって言ってあるから。すごい楽しみ!」
正門「大吾は運転する気ないもんな(笑)。」
西畑「気ぃ使わんでいいふたりやから、それこそ王様気分で後部座席ひとりじめ♪」
(wu16.7)

 

 

・ジャニ勉
大橋和也が「お値段~」ロケ初登場!冒頭で元気にあいさつすると「好きな足のサイズは?」と、早速藤原からむちゃぶりが(笑)。今回2人がリポートするのは「特殊効果」。キケンなものもあると聞き、「僕たち一応ジャニーズです!」(藤原)、「そうなんです」(大橋)、「僕だけジャニーズです!」(藤原)、「僕もジャニーズです!」(大橋)と安全第一主義をアピール。とはいえ、まず体験するのは火花系の特殊効果。ダンスを披露する大橋の後ろで花火が上がり、ビックリするも「自分がメインみたいになってうれしかった!」とステージの主役気分を味わう大橋。続いて藤原は、紙吹雪やテープを飛ばすバズーカを体験。スター風の小芝居と決めポーズもカンペキ!?クイズでは、爆破のお値段を聞いた大橋が藤原に耳打ちし、なぜか2人で大爆笑する?


大橋「ロケはめっちゃ楽しかったです!最初は心臓がちょっと痛かったですけど。丈くんは多分、嫌がってたんですよ、僕とやるの。僕しゃべられへんから、丈くんがリードしなあかんみたいなとこがあって。ロケが終わって疲れてると思いますよ、今(笑)。すみません!でもなんかちょっと優しかったです、いつもより(笑)。僕があんまりしゃべらんから、丈くんが言うセリフを僕にしゃべらせてくれたり、うれしかったです。」

大橋「いつもスタッフさんたちが用意してくれてるやつがすごく高価なものだったので、ありがたいなと思ってます。コンサートとかで先輩たちが使ってるような"炎"を体験できたのがうれしかった。楽しくロケできたので、見て笑顔になってもらえたらなって思います!」
丈「僕も去年の9月のロケ以来。ほんまに久しぶりで、変な緊張もありました。その変な緊張は大橋和也くんが…(笑)。大橋くんとなので3~4日前からなかなか寝られなくて。あの…あんまり好きじゃないんですよ(笑)。」
大橋「なんでよ!なんでよ!」
藤原「興味がないんですよね。ウソウソ(笑)。でも6、7年の付き合いなんで、この子のぽんこつ具合は分かってる(笑)。大橋くんが全部仕切ってくれた感じですけどね。大橋"様様"です!」
大橋「ウソつけ~(笑)。」
藤原「大橋は「これをやって」って言ったらやってくれるけど、言わなかったらやらない子なんで、まあ素直っていうか…(笑)。その辺は僕の反省点かな。前回一緒だったリチャードとはプライベートでも一緒にアホなことばっかしてるのでその延長線上みたいでしたからね。オレら普通にロケの練習してるんですよ、商店街とかで(笑)。これからは大橋とも交流しようかな。」
大橋「やった!」
藤原「あ、仕事場ではね?」
大橋「なんでや!プライベートでもいいやん!」
藤原「それはちょっと…(笑)。」
(TVfan8月号)

 

 

大橋「高校時代に夏休みがあったら、制服のまま遊園地でデートとかしたかった!」

藤原「制服やったらプリクラ撮りたかったわ。」
大橋・朝田「わかる~。」

今江「あ!夜のプールに彼女と2人で忍び込みたい!」
大橋「いいな!忍びたいな!」
藤原「なんや、忍びたいって(笑)。オマエは忍者か!」


Q.大橋和也が夢である"スーパーアイドル"としてライバル視してるJr.はだ~れだ?
A.紫耀。顔もいい、ダンスも演技もうまい、なんでもできていいな。向こうは全然思ってないやろうけど、僕は超えたいと思ってる。
(P16.8)

 

 

・関西Jr.の元気回復方法
向井「焼肉(笑)。みんなけっこう食べるよ。舞台挨拶で東京に行ったときも連れていってもらったんやけど、そのときは、オレと龍太くんと文一くんの席の一皿が3人ぶんの量じゃないくらい多くて、半分以上を大橋に食べさせた(笑)。」
(wu16.8)

 

 

末澤「(刺激的な夏の恋)オレはね、ひとりの女の子を取り合うとか。ドラマであるやん、2~3人で駆け引き、みたいな。たとえば、この8人で取り合うねん。」
朝田「イヤや。負けるもん。」
末澤「まず今江と大橋は敵じゃないから6人やな(笑)。」


大橋「"ピリッとした関係"になるのはリチャやけど。」
林「楽屋でしょうもないケンカしてるもんな。お互いに煽って。」
大橋「やったやってない、みたいな。言いたいこと言い合って、ちょっとピリッとするのがいいねん。」
(P16.9)

 

 

・自分の立ち位置やメンバーについて聞いてみました
大橋「ボクはね、王道のアイドルやと思ってる(笑)。違う?まぁみんなアイドルやけど、ボクには特徴がないねん。丈はお笑いのセンスが抜群で、話がホンマにおもしろいし、リチャードはいるだけでおもしろいやん。あのビジュアルもあいまって。みんなに聞くとボクの特徴は"アホ"やねんて(笑)。言うこともすることも。たしかによくいらんこと言ったりするけど「あ、言ってもーた」とは思わへん。だから成長しないんかな~(笑)。でも周りのみんながオレのアホなことを拾ってくれたり盛り上げてくれたり、ツッコんでくれて優しいなって思ってる。でもさすがに笑いに関してはすべり倒してメンタル強くなったよ(笑)。淳弥はボクにとっては、もう兄!頼りになるよ。今江はおっとりしてて優しいけど、やるときはやる男(笑)。古謝くんは音楽やファッションに詳しいからいろいろアドバイスしてくれるし、このまえは一緒に古着屋さんに行って選んでもらったよ。まとくんは自分のことWESTで言うなら小瀧くんって言ってたけど全然ちゃうやん!って思った(笑)。WESTで例えるとするなら、末澤は賢いし王子っぽいから淳太くんかな。」


末澤「あと…あ、大橋か(笑)。あのかわいこぶってる感じ…もうそろそろ大人になってくれへんかな~(笑)。」


藤原「今江はほんわかしてて性格のいいヤツ。大橋は気ラクそうやな(笑)。かわいいキャラ全開でいってるけど、全然かわいないし(笑)。朝田はイタい。「未来に乾杯」とか言ってるからみんな無視してる(笑)。」
(wu16.9)

 

 

岡「先輩に遊びに連れてってもらうなら、大橋くん!僕は自分から人に話しかけるのが苦手で、仲よくなるまでは相手から話しかけてくれるのを待ってるんだけど、大橋くんは先輩なのにすごくしゃべりやすいんだ。だから一緒に海とか行ったら楽しそうかなって。」


・自分にとっての甘い誘惑は?
「ケーキ屋さん。見つけたら入ってしまう。プリンはブリュレは絶対で、ほかにもいろいろ買っちゃって結局箱が2つになんねん。ひとりでは食べきれないから家族へのお土産になるんやけど、この前、家族4人分4個のプリンを買って帰ったら、なんとお父さんが3個も食べてた!プリン好きは遺伝かな(笑)。」

・こんな女の子に魅了されちゃう
「頑張ってる女の子が好きです。頑張って部活の練習してたり、ダンスしてたり。あ、飲食店とかでもお客さんが多くて大変やけど頑張って働いてるコを見たら、『頑張れー』って思うよ。」

・ファンを魅了するために
「だから僕も頑張ってる姿を見せたら、お客さんも魅了されてくれるんじゃないかと思って、ひたすら頑張ってるよ。お笑いとかできないんでね、もう、それしかないです。」

・近況をどうぞ!
「8月9日に19歳の誕生日を迎えたんやけど、松竹座でみんながお祝いしてくれたよ!(西畑)大ちゃんがセンターで踊らせてくれたり、ジーコが最後の挨拶で『おめでとー』って言ってくれたり。この7人はケーキを用意してくれてた。うれしかったー!」

朝田「和也に誕生日プレゼントをあげたよ。僕が欲しいと思ってる柄のパンツ。『いらなくなったら、くれ』っていう感じやね。和也がはいた後でも、全然平気でもらえるで。」


正門「(近況)オレは19歳になった大橋和也と久々に買い物に行く約束してるねん。服とかいろいろ買うで~。」
(P16.10)

 

 

・とっておきの近況
大橋「ちょっと前に丈くんとふたりでおでん食べに行きました。めっちゃおいしかった。舞台の話とか演技の話とかをおでん屋さんで2時間ぐらいしてたよ(笑)。演技は毎日リチャードにダメ出しされてた。発音が違ってたり、変な方言みたいなイントネーションになるのを、みんなが笑いをこらえてて。真剣なシーンやのに「ごめん」って申し訳なかった(笑)。滑舌が悪いから、発声練習の仕方も教えてもらって毎日練習してたよ。今は、龍太くんが一番聞こえやすいけど、努力して変わったみたいでそれがすごいなって。」


犬耳をつけての自撮りで
大橋「高級な肉とプリンを買って、早く帰ってこい!待ってるぞ!!ワン!」
(wu16.10)

 

 


なにもんGO VOL.2 大橋和也

・身長 168㎝
・体重 54㎏
・足のサイズ 27.5㎝

・入所日 2009年4月3日
「誰かが履歴書を送ったみたいで、突然オーディションの通知が来た!オーディションでは、帽子を被ったおじさんに「ユー、ダンスうまいね」ってホメられて。あとで、その人が社長やってわかった(笑)。」

・特技 ダンス、体のやわらかさ
「小2から10年以上続けてるダンスには自信ある。歌も特技に入れられるように、今は練習中!」

・チャームポイント 笑顔、ワキの下のホクロ
「最近、ワキの下にホクロがあることに気づいてビックリしてん(笑)。」

・長所 どんなときでも元気なところ

・短所 人見知り
「まわりのJr.がみんなぐいぐい来るタイプやから、おされてまう…。友だちの前やと、うるさくなるけど。」

・好きな言葉 有言実行、感謝、努力、やればできる!

・宝物 家族と関西Jr.、友だち、ファンレター
「今までもらったファンレターは全部、大事に押入れに保存しとるよ!」

・好きな色 赤、黄緑、ピンク
「赤は最初に目が行く目立つ色やから。誕生日がある8月のイメージカラーが、俺の中では黄緑なんよ。ピンクは、今のメンバーカラーやからね!」

・アピールポイント 何でもおいしそうに食べられる!
匂いだけで激辛だとわかるラーメンを一口。「おいしぃ…」と少々ぎこちない笑顔だったが、撮影後すぐに「これあかんやつ」と大絶叫!!

・好きな食べ物 焼肉、プリン、ブリュレ

・嫌いな食べ物 なし!なんでも食べる!

・憧れの先輩は? 中居正広さん、中山優馬くん

・おしもんのコメント
重岡「ダンス以外の引き出しもいっぱいあんねん!出していいんかなって遠慮してるところあるから、みんなのほうから見たいって声をあげてくれ。」

濵田「ダンスがうまい!遠目から見ても誰なのかわかるな。すごいゴリゴリのダンスやのに、見た目はベビーフェイス。そのギャップに女の子はやられるんじゃないかな。」

「得意のダンスは、親にすすめられるがまま始めたんやけど、やってみると意外と楽しくて、ほぼ毎日練習してた。そのおかげか、オーディションで振付け師さんと社長の目にとまってん。事務所に入ったからにはいつかデビューして、憧れの先輩中居さんを越えるスーパーアイドルになるのが夢。そんで、今は演技ヘタやけど、ドラマや映画で主役をつとめられるように自分を磨いてきたい!」
「関西Jr.の中では、どちらかというとボケ担当。でも、そこまでボケきれてもないし、漫才のセリフは飛ばすし…笑いのセンスはゼロ。ただ、やたらイジられる!よく私服がダサいってツッコまれることがあんねん。ボクが着るとなぜか、どんな服もダサくなるって。松竹座があるときは毎回みんなに「今日はどう?」って、私服を見せてるんやけど、いつも反応はイマイチ。ダボッとしたトップスにスキニーをはくのが好きなのに、太ももが太くて似合わないんよ~。悲しい!」
(M16.11)

 

 

藤原「松竹座の本番中も(龍太が)漫才忘れたんですよ。"えっと、なんやったっけ?"って、地声で聞こえたもん」
浜中「大橋、これ聞いてだれが悪いん?」
大橋「龍太くんです」
浜中「なんでや?」
大橋「やっぱり、慣れてきてる感がありますよね。…いや、ちょっと待って。これ違います?」
室「オイ、そこは勇気を出して"文一くんです"やろ。…流れ(龍太いじり)的にはそれで合ってますよね?」
浜中「合ってるよ(笑)。いいよいいよ、それで」

室「もう~、なんでオレばっかり」
浜中「龍太くんも言うたらいいやん、オレに」
室「え、ありませんよ」
大橋「たぶんありますよ、顔的に」
一同「…」
藤原「タイミング悪いわ!」
大橋「あかんわ。どういうふうに龍太くんを扱ったらいいかわからへん」
室「おまえが上の立場に立つな!」

室「文句とかじゃないけど、ボケが自由すぎて困ってる」
藤原「ツッコみづらいってこと?」
室「ちゃうちゃう!いろんなボケしはるから、オレはそんなにパターンそろえてないから」
リチャード「で、オレに合わせてくれって?」
浜中「"実力ねぇから、合わせてくれよ"ってこと(笑)?」
リチャード「"ボケをしぼってきてくれ"と」
室「ちゃうってもう~」
大橋「龍太はちょっと黙ってて」
一同「……」
大橋「あかんわ、もう~。どう言えばいいんですか、こういうとき!」
浜中「どう処理したらいいんや。こいつは(笑)」
室「おまえも古謝みたいに本読んだら?」
藤原「古謝、コミュニケーションの本読んでるんですよ」
大橋「ボクは小説読んでます」
藤原「20分電車に乗って、おしゃれなカフェ行ってジャスミンティー飲みながら本読んでるんですよ、こいつ。目的がわからない」
浜中「それは自分に酔ってるよね。大橋くん、自分の心を鍛練するようななんか始めたら?全体的にちょっと甘いで」

浜中「社会の厳しさ知らんやろ。例えば、公演終わりに必死で勉強するとかやな」
大橋「なるほど」
浜中「なるほど~で流されたで(笑)」
一同「アハハハハ」
浜中「みんな必死でいろいろやって、それでも足りないものとか、できないこととかあるわけよ」
大橋「複雑なんですね、けっこう」
(wu16.11)

 

 

西畑「こないだ久しぶりに大阪に戻ってきて大西さん、コーちゃん(康二)、ハッスンとご飯行って楽しかったな~。やっぱり気楽に楽しめる仲間っていいね!」


大橋「オレと淳弥の部屋には、みんな絶対集まらへんよね。」
末澤「ホンマや。淳弥と和也の部屋、オレ、行ったこと無いわ。」
藤原「だって行ったって雑誌で話せるようなこと起きへんやん。ムダな体力使うだけやで(笑)。部屋割りってさ、まとくん&リチャ、朝田&大橋、今江&オレ、古謝&末澤。イケメンとブスのコンビよな。あ、ちなみにうちの部屋のイケメンは今江やで(笑)。」
大橋「珍しいボケやなー(笑)。」

藤原「オレ、大橋と一緒の部屋になるなら、自腹で別の部屋取るわ。」
大橋「何がそんなに無理?」
古謝「だって風呂長いやん。」
藤原「朝早くからコテとかするし」
大橋「言われたから止めたで。WESTの時も前髪上げたままやったし。」
藤原「そんなん見たことないで。」
大橋「上げるっていうかボサボサ?」
末澤「なんでちょっと盛った?(笑)」
藤原「ほんで、荷物も多いやん。」

藤原「大橋は何入れてんの?」
大橋「オレ、着替えが多いねん。夜と朝にもパンツ替えるし。」


朝田「オレは大橋と同じ部屋やけど、だいたい朝はシャワーの音で起きるねん。あいつ、風呂長いから。」
林「ほんま、淳弥かわいそうやわー。」
朝田「髪の毛のセットも1時間くらいかかってるからな。後から起きたオレの方が大体早く終わるねん。」
(P16.11)