関西ジャニーズJr. 大橋和也くん、小島健くんの超主観的現場まとめ

クリパ16こじとあコント

クリパ2016全35公演で小島健くんと嶋﨑斗亜くんがつなぎコーナーで担当していたコントをまとめました。☆がついている公演は下にニュアンスレポを載せてます。その後の質問コーナーとMCもついで(という文章量ではない)に載せてます。




11/30「カリオストロの松竹座」(ルパンと銭形警部)
☆12/1「松竹座のデスノート」(夜神月と死神)
☆12/2「アンドレーの3日間」(アンドレーとカレー作る人)
12/3昼「さつまいもとじゃがいも」(じゃがちゃんとさつまくん)
☆12/3夜「ウサギとカメとメロス」(ウサギとメロス)
12/4昼 魔王(シューベルトゲーテ)
☆12/4夜 寒いーーー(長尾の役と道枝の役)※OPコントのオマージュ
12/5「マッチ売りの少年」(少年とマッチ買う人)※MC登場
☆12/6 アルプスの少女ハイジ(ハイジとクララ)
☆12/7「白雪姫とメロス」(小人とメロス)※MC登場(濵田見学)
12/8「桃武蔵」(武蔵と佐々木小次郎)
12/9「さつまいもとじゃがいも~結婚編~」(じゃがちゃんとさつまくん)
12/10昼 「織姫と彦星inカマキリ」(織姫と彦星(実はカマキリ))
12/10夜 ライオンキング~ハクナマタタ編~(シンバと父)
☆12/11昼「大阪ぶんぶん隊」(ヤンキーの子分とリーダー)
12/11夜 「となりのわらし」(メイとサツキ)※奥村(座敷わらし役)特別出演
12/12「かぐや姫とメロス」(かぐや姫とメロス)※MC登場(文一見学)
12/13「いもむし物語」(いもむしと蝶)
12/14「フランダースの犬」(ネロと天使)
12/15「火垂るの墓~幸せバージョン~」(兄と節子)
☆12/16「カメラマン物語」(子役とカメラマン)
☆12/17昼「デンジャラスマスク」(いじめられっ子とデンジャラスマスク)
12/17夜 ジャニオタ(龍太ファンと龍太から颯太に担降りしたこじこ)
12/18昼「生命の誕生」(ヤンバルクイナと人間)
12/18夜「さつまいもとじゃがいも~リア充編~」(じゃがちゃんとさつまくん)
☆12/19 歴史ニュース(本能寺の変)(スタジオにいるキャスター?と中継先のニュースキャスター)
☆12/20昼「勇者 斗亜」(勇者と魔王)
☆12/20夜「アンドレーの地球危機一髪」 (アンドレーとその友達?)※奥村特別出演
☆12/21昼「卒業物語」(生徒と先生)
☆12/21夜 ジャニオタ(康二ファンと康二から颯太に担降りしたこじこ)
☆12/22「そば物語」(客と店員)
12/23昼「正直ヒーロー」(バイトしてる子と正直ヒーロー)
12/23夜 巻き戻しの話※奥村(松竹座役)特別出演
☆12/24「クリスマスの夜」(銀行員の子供と銀行強盗)
☆12/25 サイボーグの話(斗亜とサイボーグ)






12/1
・「松竹座のデスノート
斗亜「僕は夜神月☆」
斗亜「あ、なにか落ちてる…」←マイク入ってないしなんならまだ幕の外にいるから声だけ聞こえてるww
斗亜「なにか落ちてる、、」言い直す
斗亜の後ろから腰屈めて小島着いていってる
小島「わっ」
斗亜「うわあ!」
小島「マイクぅ~マイク入ってへん~」
斗亜「あなたは?」
小島「俺の名前は死神や。ライト、そのノートはな、名前を書かれたもんは死んでまうんや。どーやって使うかはお前次第や。」←花道を歩きながらコントしてるから、斗亜が立ち止まっちゃったらまあまあ無理矢理背中を押して進ませる(笑)(お兄ちゃん~~)
斗亜「名前は?」
小島「う~~~、ケンやぁ~~~」
斗亜「けん。φ(・ω・`)」
小島「うう~~うわ~~~」倒れて死ぬ
斗亜「俺の勝ちだ☆」
斗亜「このノートめっちゃ使えるなあ。なくさへんように名前書いとこ。夜神月φ(・ω・`)、、、うう~~~」倒れて死ぬ
小島「いやお前も死ぬんかい!もうええわ!ありがとうございました~~」


12/2
・「アンドレーの3日間」
斗亜「もういやだ!こんなのいやなんだよ!!!」ご乱心
小島「待ってくれアンドレー!」
斗亜「もういやなんだ!一昨日もカレー、昨日もカレー、極めつけに今日もカレーかよ!!!ふざけるな!」
小島「ふざけてなんかいない、ふざけてなんかないんや!俺はカレーが好きだからアンドレーも喜んでくれると思って!わかった、じゃあ明日の晩御飯はカレーうどんにしよう!」
斗亜「カレーうどんだ!やったー(≧∇≦)…てふざけんな!!!(地団駄踏むかわいいww)………ってもうええわ!!!」
「ありがとうございましたー!」
もうええわ!と言うまでの謎の間が絶妙で笑ったww


12/3夜(↓この日は入ってないため12/7MCでの同内容のコント)
・「ウサギとカメとメロス」
斗亜「僕はウサギ!…カメと勝負してて負けた方が一発ギャグをすることになってるんだ!ちょっと休憩~」
小島「ぬぁああ~~~~」変な走り方でやって来る
斗亜「お前誰??」
小島「我の名はメロス。友のセリヌンティウスを助けるために走り続け…走り続けるんだ。じゃあな、さらばだ。」
赤い垂れ幕がステージに降りててそこに向かう小島
斗亜ゴールする。
斗亜「え!カメもうゴールしてるやん!」
ガッツポーズする小島
カメを床から持ち上げて耳の横に持ってきてうんうん頷きながらカメから話聞いてる小島
小島「お前カメに負けたらなんかせなあかんのやろ?」
またカメに聞く
小島「一発ギャグを」
斗亜の一発ギャグ「(クラウチングから)よーい、ドン!非常口!」非常口のポーズ
斗亜がギャグしてる間もカメから話聞いてる小島 笑
小島「カメも満足している。」
カメを斗亜に渡す。
小島「俺も満足した。ではさらばだ!」捌ける


12/4夜
小島「あああ~~~~~~~~~~~~いたっ!(床に倒れこむ)転けたけどセーーフ!いやこけたけどセーフってなんやねん!まるで○○(忘れた)みたいやったな」
斗亜「あーーー寒い~~~!さむいさむいさむいさむいさむいっっっ!」
小島「そりゃ12月やから寒いやろ」
斗亜「まるで、夏の沖縄くらい寒い!」
小島「それは、暑いで😊」ニッコリ
斗亜「そんなことどうでもいいねん!掛け算の仕方がわからんねん」
小島「掛け算は簡単や。1×1は1で、1×の答えはこのあとから掛けた数字になるんや。」
斗亜「すごい!滝廉太郎並みにすごい!!」
小島「いや滝廉太郎は、音楽家や!お前おもろいな!」
「ってもうええわ」


12/6
アルプスの少女ハイジ
斗亜「くちぶえはなぜ~とおくまできこえるの
あのくもはなぜ~わたーしをまってるのっ(o^-^o)♪」かわいすぎる。
小島遅れて歩いてくる
小島「あんな、口笛はな、人間の出す音で超音波みたいやんか、だから俺らも聞こえんねん」
斗亜「あのくもはなぜ~わたーしをまってるの♪」
小島「雲は待ってへんで(-_-)。それは妄想や。」ww
斗亜「クララ夢ないなあー!」
小島「ハイジが夢ありすぎるんや」
突然しゃがむ小島
小島「ハイジ…わたし歩けないの…」
斗亜「なんでや!さっきまで歩いてたやん!」
小島「それは幻想や。」
斗亜「うるさいっ!うるさいうるさいうるさいうるさい!」小島をバシバシッ
小島「お前ちょっとやりすぎや💢」ANOTHERの水飲みシーンで康二を蹴ってた並みのヤクザ感でまさかの斗亜に蹴りをくらわすww
斗亜「って足怪我してないやん!」
小島「あ、ほんまや!やったー!ありがとうハイジ!」
ハイタッチするハイジとクララ


12/7
・「白雪姫とメロス」
斗亜「ぼくは小人!白雪姫が毒りんごで倒れてしまった💦魔王のキスが、、、あっ、、王子のキスがあれば目覚めるのに…だれか王子様いないかなあ(>_<)」
小島「あああああーーーーーーっ」
斗亜「踏んでる!踏んでる!!!」www花道に倒れている(設定)白雪姫をどかどか踏んで花道をステージまでどんくさい動きで駆けてく小島
斗亜「お前だれ??」
小島「我の名はメロス。セリヌンティウスを助けるために走っている。」
斗亜「王子様…?」
小島「違う。メロスや。」
斗亜「白雪姫を助けるためにキスしてや!」
小島「わたしはメロスだ。キスをしている暇があったら、走る。では無事を祈る。」走ってっちゃう
斗亜「白雪姫…こんなボロボロになって…!」小島が踏んづけたからねww
斗亜「チュッ」13歳でキスの音があんなにうまく出せるのか。「やったー!生き返った!」
小島「お、生き返ったのか。セリヌンティウスは死んでしまったよ。」えwwwwww「でも良かった。白雪姫が助かって!」


12/11昼
・「大阪ぶんぶん隊」
斗亜「ぶーんぶんぶんぶんぶん!ぶんぶんぶん!俺はヤンキー!今日はこのバイクでこの町を走りまくる!」
小島「ぶんっぶーーんぶーーーんぶんぶーーーん」バイクに乗ってて、変なリズムと動きでやってくる。
斗亜「遅いっすよ!なんでそんな遅いん!」
小島「いや安全第一やから」
斗亜「安全第一なヤンキーがどこにおんねん!」
小島「お前ら今夜もひとっ走りいくぞ!」
斗亜「いやお前らって!俺しかおらんし!しかもチームの名前「大阪ぶんぶん隊」て!こんなかわいい名前のとこ誰も入りませんよ!」
小島「三日三晩寝ずに考えたのに…」
斗亜「大阪ぶんぶん隊て逆に親しみわくわ!」
小島「それじゃ二人で走るか。よーしお前ら俺についてこいよー!」
「「ぶーんぶんぶんぶーーん」」二人でバイク乗って移動する。顔より高い位置でぶんぶん吹かせながら進む小島(なんかおもろい)
斗亜「ってリーダー遅っ!なんでそんな遅いん!」
小島「いや安全第一…」
斗亜「あ!赤信号ですよ!」
小島「赤信号(フッ)そんなのヤンキーには関係無いねん」
斗亜「あ!警察!」
小島「えっ警察💦やばっ戻らな(おろおろしだす)あーー捕まるーーーあーーー捕まったーーー助けてーーー」捕まってそのまま連行されてく(捌ける)
斗亜「いやダッサー!みなさんも赤信号には気をつけましょう!」(これは交通安全教室か何かか!?)
小島戻ってくる。
斗亜「リーダー!僕バイクやめました!」
小島「お前らひとっ走りいくぞ!」
斗亜「いや結局行くんかい!」


12/16
・「カメラマン物語」
小島スタスタ歩いてくる「嶋崎斗亜さんクランクインですー!」拍手パチパチ
斗亜「おはようございます!おはようございます!おはようございます!」ぺこぺこしながら花道歩いてくる「よろしくお願いします!」
小島「カメラマンの小島です。早速この映画の意気込みを。」カメラを斗亜の方に向けて構える
斗亜「元気満タン担々麺!!」
小島「・・・すいませんこのテープ没でーーーす」
小島「早速この映画一番の感動のシーンの撮影やな。(スッと片膝ついてカメラ構える)はい本番5秒前~さんーにーいちー」なんか知らんけどカメラマンになりきってるのじわるww
斗亜「パパ…どうしてママはいないの…!泣」
小島「ううっ😭…泣けるわー😭」
撮り終わって
小島「よし、大丈夫たぶん一発オッケーや。監督ー!、、、え?💦僕の声が入ってるからアカンらしいです…」
斗亜に文句言われるも
小島「もっかいー!TAKE2ー!!!」
斗亜の顔にカメラ死ぬほど近づける小島(もはやカメラ当たってる)
小島「アクションッッッ!」
斗亜「パパ…「ああっ…!(よろついて小島カメラで斗亜の顔はたく)」
小島「え?カメラ近くしすぎて顔見えない!?」
再度カメラ構えるもまた斗亜を殴る
斗亜「痛っ!!!」
小島「いや近かってん💦」
斗亜「もー!」
(流れ忘れたけど小島逆ギレしだしてめっちゃキレてる)
小島「クビ上等ですよ」
小島袖に消える
斗亜「監督!どうするんですか!!」
小島スッと現れる
小島「バンッ!🔫」
小島「フッこれまでの監督はもういない。俺が新しい監督や。」


12/17昼
・「デンジャラスマスク」
小走りでステージまで走ってきてこける斗亜「やめて😣いじめんといてや…!誰か助けて😭」
小島「まてーーーーーーい!!!」腕伸ばしてヤーーーって感じで進んでくる。
斗亜「あなたは…!」
小島「デンジャ~デンジャ~(声低)どうもデンジャラスマスクです。」おばちゃんのシャツを首で巻いて後ろにマントみたいにかけてて、目元が青いマスクで覆われてる白タンクトップのクソヤバイ奴来たwwww
小島「これは危険な仮面です。おい少年、お前たち何をやってるんだ!いじめる奴は許さない!」
斗亜「なんでそんなことわかったの?」
小島「(いじめっこに)帰れ!!、、、仕方ない、わたしの必殺技を出すしかない…」(必殺技出す前にもなんかもぞもぞ言ってたけどいかんせん小島だからわからなかった)
小島「くらえっ…!ひゃくとーばん!!!」手で電話の受話器作ってどーーん出す「あもしもし?警察ですか?今少年が松竹座でいじめられてます」
斗亜「すごい!みんな逃げた!!」
小島「よい子は早く帰っておねんねしな。」
斗亜「僕も将来はお兄ちゃんみたいになりたい!」
小島「おいおい、こんな姿になりたいのか…」自分のつけてたマスクを取って斗亜につけようとする(けど片手マイク持ってるからうまくつけれないし斗亜の顔が小さすぎてマスクがでかい笑)
小島「これでお前も今日からデンジャラスマスクだ!あ、おまわりさん!こっちです!、、ってえ?俺?職務質問ってー待って待って~~~」変質者小島おまわりさんに連行され捌けてく。
小島再び登場
小島「デンジャ~~~デンジャ~~~んー、デンジャラスの、D~~~!」小島と斗亜ふたりで手を合わせてDの文字を作る(客席から見るとD反対になってたww)
最後に正面を向いて語りだす
小島「これからまた僕たちデンジャラスマスクが現れるのを待っていてください。もしかしたらあなたたちの前かもしれません。デンジャ~~~」また斗亜とDの文字を作る。(やっぱり逆になるww)


12/19
・歴史ニュース(本能寺の変)
斗亜「こんにちは!歴史ニュースの時間です!この番組はすべて生放送で中継となっております。では中継を呼んでみましょう、小島さーん!」
小島「はーい小島でーす!ニュースキャスターの小島です。ただいま本能寺に来ております。今日はテレビ局に明智光秀さんから本能寺を燃やす、という手紙が来ましたので見に来ました。」
斗亜「それって本能寺の変ですよね!?」
小島「カメラマンッ!シッ!👆静かにして!」
小島「あーーー」勢いよくしゃがむ「たった今…!信長が寝てそうな部屋を見つけました…!寝てます…!信長の顔に落書きをしていきたいと思います…!」(寝起きドッキリのテンション)
斗亜「信長の顔に落書きなんかしていいの!?心配ですね」
小島「カメラマンッ!これ撮って!ぷぷっwwうっwwww」ゲラゲラ笑う小島
斗亜「え、そんなに!?」
小島「信長の顔に鼻毛を描いてしまいましたww」
斗亜「それ大丈夫なの!?」
小島「信長のお腹もめくってみましょう…!毛がいっぱい生えています…!ww」
斗亜「そりゃ大人ですもんね。」www
斗亜「なに笑ってるんですか?(呆れ)」
小島「信長起きひんわ。」
信長起きた
小島「あっ…😨信長さんおはようございます…いやこれ別に寝起きドッキリとかじゃなくて…いや不審者じゃないですよ。あっ!明智光秀が攻めてきてます!信長さんどうしますか!?僕は帰らしてもらいます………」
小島「ああっ…信長につかまってしまいました😱僕も戦わないけん雰囲気みたいです…っとカメラ切ってー?」
カメラ止めて小島キャラ変
小島「いやだから俺の言うこと聞けって言ってんねん。調子乗んなよ?行け信長!なにおしっこチビっとんねん!ああ…寒いな…火ぃつけるか……あっ!ライター落としてしまった!やばい…ここは木造建築やからよく燃える…」
斗亜「これで歴史ニュースを終わります。」


12/20昼
・「勇者 斗亜」
斗亜「僕は勇者斗亜。ここが魔王のお城かあ~。」
小島「はいはい魔王です~。あ~今日頼んでた商品届いたかなあ~」
斗亜「勝負だっ!」
小島「あ、なんや勇者か。勇者もう嫌やわぁ~😥」
扉ガチャ
斗亜「いやドア閉めるな!なんでそんな嫌なん?」
小島「勇者のコスプレセットまだかなあ~」
斗亜「今コスプレセット関係無いし!」
小島「いつも斬られる役は飽きたわ。」「せめて、コスプレだけでもさせて!!!(大声)」
斗亜「なんで魔王なのに勇者のコスプレするん!」
小島「そんなん関係無いんや!魔王だって勇者のコスプレしたってええやろ」
斗亜「僕何人目なん?」
小島「もう180人目や。勇者来るたびに斬られては死んでー斬られては死んでんねんぞ。魔王思ってたより大変や。身も心もズタズタやぞ…」
斗亜「覚悟っ!」小島を斬りつける
小島「テテテテッテッテー♪」ドラクエwww
斗亜「やった!レベル上がった(≧∇≦)」
小島「いやレベル上がったとかそんなんええね「斗亜「覚悟っ!『テテテテッテ♪』覚悟っ!『テテテッ♪』覚悟っ!『テテッ♪』」斬りまくる斗亜と自ら効果音を発しながらやられる小島ww
斗亜「やったあ!めっちゃレベル上がった!」
斗亜「よし、城燃やしてこっと。メラ!」
小島「ぶわ~~~」燃える城
斗亜「よっしゃ帰ろ♪」
小島「もしもし?すいませーん消防署の方ですか?いつもの魔王の城がまた燃やされたんで来てもらってもええですか?いつもすいません~次からは気をつけますんで」
斗亜「覚悟っ!」
小島「いや181人目!ってもうええわ!」
「ありがとうございましたー」


12/20夜
・「アンドレーの地球危機一髪」
斗亜「もうこんな人生嫌だ!!」
小島「待ってくれよアンドレー!ああ…待ってくれ…」
斗亜「俺の話をよく聞くんだ。地球に隕石が降ってきて俺たちはもう死ぬんだ。」
小島「隕石…あれか(遠くを見つめて指差す)でかいな。」冷静かww
小島「でも大丈夫。俺たちの力を信じるんだ。」
斗亜「力…?」
小島「(自分の胸トントン)愛の力さ(ドヤァ」「愛の力があれば大丈夫。」
斗亜「ほんとに大丈夫なの?」
小島「大丈夫、信じるんだ。愛の力を!」
斗亜「・・・うん!」斗亜くん流れうっかり忘れたなww
小島「さあ隕石が来たぞ!構えるぞ…!」
二人で隕石に向かって手を伸ばす
小島「愛の力があれば!大丈夫!」
奥村「ピッ!」隕石に愛の力を送ってる二人の横から青い仮面(17日昼公演のデンジャラスマスクと同じやつ)と黒いマント(バンパイアの恭平のか?)をつけた奥村がぬるっと出てくるwwww
奥村「消えた。」
小島「隕石が…」
「「消えた!?」」
奥村「これで地球は大丈夫(ええ声)」
小島「あなたは…?」
奥村「あなたの風邪はどこから?(ええ声)」
小島「わかれへん」
奥村「それと一緒さ(ええ声)」
小島「…いやなんもわからへんww何をしに来たのかもわからない。でも、最後に隕石が消えて良かった。」
奥村「必ず最後に愛は勝つ~♪」なんか歌ったwwww


12/21昼
・「卒業物語
斗亜「もうこの学校も卒業か~いざとなると寂しいなあ」
小島「もう卒業式か~2年3組を担任し…受け持って1年、早いな~ガラガラ」扉開ける
小島「おはよう~最後のホームルームするかあ。委員長号令ー」
斗亜「起立!礼!着席!
小島「うん、これを聞けんのももう最後か~寂しいなあ~😣」「今日は最後のホームルームということで、一人一人に文章書いてきたから読んでいこうと思います。1番、ありまたろう!」
斗亜「あー、先生~ありまくん今日は家の用事で休みって言ってたような~」
小島「休み?卒業式を休むんか!?笑」「じゃあ次行くか…2番!うのしんじ!」
斗亜「うのくんも今日休みってぇ~」
小島「!?うのも!??多いなあ…3番!かきだねようすけ!」
斗亜「休みです!」
小島「4番!きど…斗亜「先生ー!今日僕以外だれもおりませんやんか!教室見てくださいよ!」
小島「ごめん…これは予想してる事態じゃなかった…」
斗亜「みんな家の用事で休みです!!!」
小島「みんなー!??ちょっとショックやな………あれ?ケータイ鳴ってない?お前学校でケータイやってるんか!」
斗亜「(ポッケゴソゴソしてケータイ出すフリ)写真送られてきた!ハワイや!2年3組のみんながおる!!校長先生も教頭先生もおる!」
小島「教頭も!?教頭ビキニ着てるやんあいつババアやのに頑張ってんな」クッソww
斗亜「僕誘われてない…」
小島「俺もや。なんで教頭や校長誘って担任誘わんねんおかしいやろ…じゃあ斗亜くんに文章読むな。嶋﨑斗亜くん!君は成績も良くて、友達もたくさんいて…斗亜「この状況見て!??友達おらんやん!!!!!」
小島「ああごめん…君は成績も良くて、友達がいなくて…斗亜「待ってそれは失礼やん!??」
小島「ごめんごめん…君は習字が得意でしたね。いつも習字の時間になると友達がまわりにたくさんいましたね。」
斗亜「いやおらんかった!あんなん飾りや…」
小島「…習字の時間にはまわりに飾りがたくさんいましたね!」ww
斗亜「先生…僕寂しいねん。」
小島「俺もや…」
斗亜「もう💢!!!」小島を殴る
小島「痛っ!なんやっ!」
斗亜「くっそー!」また殴る
小島「俺だって殴りたい気持ちや!」拳かまえる
斗亜「殴るん?体罰や!!」
小島「💦まだ殴ってないやん…」
斗亜「殴りーや!ほら!!!」クソガキww
小島「体罰はアカン…」
斗亜「びびりやな!」
小島「…先生もうイヤや…」
斗亜「あ!2年3組のみんな!!」
小島「え!?」
斗亜「ドッキリ大成功やって!!」
小島「ってドッキリやったんかい!」
「ありがとうございました~!」


12/21夜
斗亜「やっと松竹座についた!…わ♡」設定大事だね笑「みんなペンライト光らしてて綺麗だわ~こじこ遅いなあ~」
小島「ごめーん待った?」
斗亜「こじこ何してたん?」
小島「ファンレター書いてたら遅くなっちゃった💦もぉー新幹線で書いてたから字がガタガタッ♡」www
斗亜「あるあるね。誰に書いてたの?」
小島「誰!?誰って決まってるじゃない颯太くんよ♡」
斗亜「え?颯太って奥村くん?」
小島「そうよ♡」
斗亜「ちょっと前まで康二くんって言ってたじゃない!」
小島「康二…?ああ、康二は昔の話よ。だいぶ遡るわ。」
斗亜「でも颯太くんってイマイチじゃない?」
小島「颯太はたしかにかっこよくないわ」おいwwww「でも颯太は朗読ができるじゃない!康二に何ができるっていうの?あの人スーしか言わないじゃない!スースー言って!なによスーッて日本語喋りなさいよっ!」
斗亜「そんなディスって良いんですか!?康二くんだけじゃなくてダイアン津田さんまでもディスってますよ!」
小島「なによいじってるだけじゃない。とにかく今は颯太なの!ところであんた、うちわはちゃんと作ってきたの?」
斗亜「作ってきたよ!見て!指差して♡」
小島「あんたっ…なによこれガタガタで汚い字!それに何?指差して。指差して!?(嫌味っぽい言い方)あんた指差されても誰も嬉しくないわよ」斗亜の胸をぐりぐり指で押す
斗亜「痛いッ!こじこに差されても嬉しくないよ!」
小島「誰から差されても嬉しくないわよ!それに最前列で指差してって、図図しい女!!!やだねー重い女!!!」
小島「あなた!ちゃんとメモ帳は持ってきた?」
斗亜「持ってきてないよ」
小島「あんたなにやってんのよ!自担の立ち位置をメモるのよ!!!」クッソwwwww「あんたにもメモ帳いっこあげるわ。ちゃんとメモ取るのよ!」
斗亜「あ!コンサート始まった!」
小島「メモりなさい!!!」
二人とも下向いてすんげぇ高速でメモりだすww
小島「あっちに移動したわよっ!」メモメモwww
小島「あーんもう!颯太くんぜーんぜんこっち振りむいてくれなーい!ちょっとうちわ貸しなさい!颯太くーん♡颯太くーん♡指差してぇー♡あらぁー♡きれいな指ね///指がすっごくきれい♡あ~綺麗な指///あっ!ちょっとあんたなにやってんのよ颯太くんあっち行っちゃったじゃないの早く書きなさいよ!!!」メモ取る斗亜
斗亜「コンサート終わったねえ~」
小島「あんた何の曲が一番良かった?」
斗亜「康二くんのソロ!」
小島「ハァ?あんたまだ康二のこと言ってるの!?それより颯太のサンダーバードよ!見た!?わたし確信したわ颯太はサンダーバードになって空を羽ばたくの!ほんとよ!?」www
斗亜「あ!康二くんだ!」
小島「え!?康二くん!?ちょっとあんたどきなさいっ!」斗亜を思いっきり突き飛ばしふっとんで尻餅つく斗亜
小島「あっあっあくっ///あくっ握手ッ///握手してくださキャーーー!!嬉しい///スーッ♡スーッ♡…康二くん最高っ///…スーッ///」キモヲタにも程があるww散々ディスってたスーをちっさく連呼するこじこ(笑)
斗亜「こんな風にいろんなファンがいますが、その一人一人を笑顔にして帰ってもらうのが、僕たちの仕事です。」客席から拍手が(笑)
「どうも、ありがとうございました!」


12/22
・「そば物語」
斗亜「あ~お腹すいたなあ~さっき頼んだのまだこーへんなあ~」
小島「ちりんちりーんちりんちりんちりんちりーん♪嶋﨑さん家はここかな…?あ、嶋﨑さんかな?蕎麦屋ですぅー商品の方持ってきましたー」
斗亜「カツ丼!ありがとう!食べたかってん!」
小島「ひとつ言わしてもらってもええかなあ。うち蕎麦屋なんですわ。蕎麦屋でカツ丼だけ頼まれるのはこれ新しいパターンですね。異例のことでありまして、普通セットで頼むでしょカツ丼は。なんで蕎麦屋でその脇役のカツ丼だけ頼んでメインのそばを頼まへんねん。これピザ屋行ってスパゲッティーだけ食べるようなもんですよ。そういう特殊なことはやめてほしい。」
斗亜「さっきから屁理屈ばっかりやん!靴に入ってるのは靴ベラやけどな!」
客「(笑)」
小島「…腹立ったなおもんないわ!それじゃ帰らしてもらいますわ~」
斗亜「~翌日~」「あ~さっき頼んだのまだかな~」
小島「ブブーーンブンッ」足蹴ってバイク止める(晴太郎みたい)
小島「嶋﨑さん家はここかな~ピザ屋でーす。頼まれてたスパゲッティーです~」
斗亜「ありがとう!」
小島「ハッ…!あんた…昨日の嶋﨑さんやないですかー!!」
斗亜「なんでピザ屋やってるの!?」
小島「嶋﨑さんが変な頼み方するからクビになったわ。カツ丼ばっかり配ってる思われて。嶋﨑さんカツ丼だけ頼んだからもう一生会いたくないですわ!さよなら!」
斗亜「~60年後~」
小島「えっとぉ~嶋﨑さん家はここかな~」腰曲げたよぼよぼの小島じいさん出てくる
小島「和菓子屋ですぅ~」
斗亜「あ、はい~」同じく腰曲げたよぼよぼの斗亜じいさん(笑)
小島「頼まれてた柏餅の、葉の部分になります~」
斗亜「ありがとう~」
小島「あんた!まーた嶋﨑さんやないの~60年たってもずっと一緒やなぁ~」
斗亜の肩持って寄り添って
小島「60年たっても変わらない友情がある!」
まさかの友情の話だった笑


12/24
・「クリスマスの夜」
斗亜「僕は銀行員の息子!銀行ついた~!😆だから今日は、ここで寝るの!今日はクリスマスイブだね!サンタさん来たらいいなあ♡」
小島「ハハァ~~~俺は銀行強盗!」拳銃突き上げてる「クリスマスイブで油断している銀行を狙いにきた(ニヤッ)うぃーん」自動ドア「おーい!俺は銀行強盗だ!早く金を出せ!」
斗亜「サンタさん!」
小島「ん?サンタさん?俺か!?俺はサンタじゃない銀行強盗だ。金を出さないと撃つぞお前!」
斗亜の胸に拳銃突きつける👈
斗亜「僕が欲しかったのはこんなエアガンじゃない!」
ぺしっ(拳銃飛ばすww)
小島「今結構放ったなw」
斗亜「欲しいものがあるの!」
小島「欲しいもの…?」
斗亜「僕と一緒に寝てくれない?」
小島「!?どうして…」
斗亜「僕のパパもママも残業で…一緒に寝てくれないの😣だから一緒に寝てくれない?」(このあたり小島ずっとにこにこーって笑ってたww)
小島「こんなおじさんでもいいのか?」
斗亜「うん!サンタさん、おやすみ」
斗亜一瞬で寝る
小島「すぐに寝るんだな笑」
すっと起き上がり
斗亜「一緒に寝てくれるお礼にこれ(´・ω・)っ」
小島「いいのか…?こんなに札束を…!!!」ww
小島「でもお金なんていらないよっ…。(声のトーン下げて)ありがとう少年…少年のおかげで本来の大切なことを思い出したよ。少年、またな。いつかまた会おう~」
小島「~次の年~」捌ける
小島「ハッ…!お前は…!」
斗亜「パパ!今日はクリスマスイブだね!」
小島「少年!良かったな!😊」
フランクに話しかける小島
斗亜「パパ!あの人変人だよ!!!」
小島「どうも、ありがとうございました~!」


12/25
斗亜「今日はクリスマスですね。あと、千秋楽ですね!小島くん、遅いなあ~。まあ一人でできるからいっか!」
小島「斗亜~斗亜斗亜斗亜斗亜~~~」
斗亜「どうしたんですか!?」
小島「俺はここにはおられへんねん。もう松竹座にはおられへん。」
斗亜「なんで!?」
小島「じつは俺、小島くんじゃないねん。未来から来た、戦闘型サイボーグコジマンやねん。」コジマンww「斗亜くんが一人でこのコーナーできるようになるまで見守ってたんや。ああ…お迎えが来たようだ……」
斗亜「小島くん!こんな終わり方でいいんですか!」
小島「ほんまごめんな……」コジマン連れ去られる
斗亜「…小島くんがもしいなくなったとき、どうしても1人じゃ無理な時に読んでって残してくれた手紙。読もっと。『拝啓斗亜くんへ。この手紙を読んでいるということは、もう僕は松竹座にはいないということですね。斗亜くんはもう一人でも生きていけます。さようなら。』…こんな手紙嘘だ!!、、、そうだ!小島くんにまた会いたいなら僕がロボットを作ればいいんだ!」
斗亜「~30年後~」
小島「こんにちは、小島くんです。斗亜くん、また会えたね。そうだ斗亜くん、一緒に舞台しよ!」






質問コーナー

11/30
斗亜「ルパン役やってた嶋﨑斗亜です!」
小島「銭形役の小島健でーす!いや~カリオストロの松竹座良かったですね~」
斗亜「ルパンどうでしたか?」
斗亜が客にマイク向けて答えさす。
答えを復唱する斗亜「楽しかったみたいです!」
小島「あー、楽しんでいただけたなら良かったです」
斗亜「今日はどこから来ましたか?」「大阪です!」
小島「斗亜くん、大阪といえば?」
斗亜「んー、たこ焼きですね」
小島「良いですねたこ焼き。おいしいですもんね。ってなんでやねんー!じゃあちょっとたこ焼きの食レポしてみてや」
斗亜「わかりました。…(もぐもぐ)タコおいしいっ😆」
小島「たこおいしいなぁ〜(デヘデヘ)俺もおいしい気分なったわ~(デヘデヘ)」ヘラヘラの顔でクネクネしながら腰曲げて斗亜に言う感じ(笑)
斗亜「今日は誰を応援しにきましたか?」「大橋くん!」
小島「あ、大橋くん!大橋くん良いですよね、大橋くんは踊りも上手いですしねー。斗亜くんは誰を応援してるんですか?」
斗亜「大西風雅くん!」
小島「お、じゃあ風雅くんに向かってエール送りましょう!」
斗亜「じゃあ、ソーラン節で…どっこいしょーどっこいしょ!×2ソーランソーラン!×2どっこいしょーどっこいしょ!×2」
小島「あソォ~ランッ、ソォ~ランッ♪ソォ~ランッ、ソォ~ランッ♪」手が盆おどりみたいな動きをしながら横揺れしてソーランソーラン言ってる小島ww
小島「ソーラン節みんなにもやってもらおうよな~」
斗亜「どっこいしょーどっこいしょ!どっこいしょーどっこいしょ!」
小島「みんなも一緒にー!あソォ~ランッ、ソォ~ランッ♪」
客(ソーラン…ソーラ………なにこれ)
小島「・・・カオスやな。」
客「wwwwww」
小島「次のプレゼント出てきましたね~なんと、次のコーナーでは今年大ブレイクしたあの方が来てくださってます!誰やと思います?」
斗亜「ザ・たっちさん!」
小島「ちょっとぉ~!ちょっとちょっとぉ~!(言い方がふにゃってるww)って古い!」
小島「それでは次の曲です、どうぞ!」


12/1
斗亜「夜神月役をやってました嶋崎斗亜です!」
小島「ケン役をやってました小島健でーす!いやあ、松竹座のデスノート、良かったですねぇ~~~」
斗亜「どこから来ましたか?」「岐阜です!」
小島「あ~~~ぎぃ~ふぅ~~~ねぇ~~(デヘデヘ)」ぎ~ふぅ~言いながら腕を上げて顔の横で引く動きする(おそ松さんのシェーみたいな手)
小島「ねぇ~また一個ギャグができましたねぇ~どうぞ次から使ってくださいね~ぎぃ~ふぅ~~って」トークの緩さがすごいぞ。
小島「(斗亜に)どこから来ましたか?」
斗亜「大阪です」
小島「大阪ぁ~~~(デヘデヘ)そこはぎぃ~ふぅ~~ってやってほしかったんやけどなぁ~次からやってこ~な~!ぎぃふぅ~~」
もう一人聞く
斗亜「どこから来ましたか?」「京都です!」
小島「おお~、京都と言えばなんやと思います?」
斗亜「京都は…、友達の家があります!」
小島「いやマニアックすぎるわ!京都ってお寺とかいっぱいあるじゃないですかあ~」
斗亜「大寺くん!友達です!」ww
小島「一本取られたわぁ~~(頭抱える)俺も成長するわ!」ww


12/2
小島「いやーどうでしたかアンドレーの3日間!この舞台考えたの実は俺なんですよぉ~お客さんにも感想聞いてみましょか?」
斗亜「どうでしたか?」「めっちゃおもしろかったって」
小島「あ~おもしろかったですか~でもほんとは感動してほしかったんですよぉ~まあおもしろくてもいいですね!」
斗亜「どこから来ましたか?」「大阪です」
小島「大阪ぁ~大阪といえばなんですかねえ?」
斗亜「大阪といえばー、、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン!」
小島「ユニバあるね~でもユニバです!って名前そんな出したらあかんやつやね!」ww「アトラクションパーク、とかにしとこな~今後の活動にも関わってくるで。」ww
斗亜「どこから来ましたか?」「千葉です」
小島「お~!千葉といえば野球がありますね~千葉ロッテマリナーズ」マリーンズな。
斗亜「わかります!」
小島「わかってくれへんと思ったけどわかってくれて良かったわ!」
斗亜「良かったですね。」良かったですねwwwwww
小島「うん~もう少し乗ってほしかったわ!笑」
斗亜「どこから来ましたか?」「広島です!」
小島「広島!探しましたよぉ~!!」
斗亜「なんでですか?」
小島「なんでやろな。広島といえばやっぱりカープカープ女子かどうか」
客「カープ女子じゃない!」
小島「違うんかー!惜しいなー!あと一歩やったんですけどね」何がww
小島「広島といえばもみじ饅頭じゃないですか、ちょっと斗亜くん、ここで食べてみてくださいよ」
斗亜「もみじ饅頭…もみじまんじゅう、の形してるの。(手でおっきくもみじまんじゅうの形を描く)食べました。甘い…!(ふふっ)」
小島「これがかわいいや。(ドヤァ」
斗亜「じゃあ小島くんは…」
小島「ん、次のプレゼントがあります!」ww
終始まあまあ噛み合わない二人の会話ww
あと客席当てで誰にしようかな~とスキップしながら客のとこまで駆け寄った斗亜ヤバイ


12/4夜
小島「お客さんいっぱいおるやん!ちょっと斗亜くん聞いてみてくださいよ」
斗亜「今のやつどうでしたか?」
客「良かったです」
小島「最初の道枝くんと長尾くんのやつとどっちが良かったですか?」
客「最初の」
小島「あ、最初の…!次のお客さん行こう」ww
斗亜「どこから来ましたか?」「東京」
小島「東京ー!わざわざ遠いところからありがとうございますぅ」斗亜と二人揃って客の方に丁寧にお辞儀ww
小島「東京といえばなんですか?」
斗亜「スカイツリー!」
小島「スカイツリーかあー!でも僕東京タワー派なんですよぉ。じゃあスカイツリーと東京タワー、どっちが強いか勝負しよや(ん?笑)せーの、」
二人揃ってたけのこにょき、みたいな、Aみたいなポーズ
小島「斗亜くんなかなかやるやん」
斗亜「だろ?」
小島「斗亜くんもなかなか強かったけど俺の方が強い。お客さんどっちの方が強かったですか?」
客「(斗亜を指差す)」
小島「今日のお客さん俺に気合わんの多いわ!次いこ!」自分が選ばれないとすぐに次にうつろうとする流れww
斗亜「どこから来ましたか?」「岡山」
小島「おおー!岡山!岡山と言えばー、、オカザエモンとかですねえ!」
客(それ違うww)
斗亜「いやオカザエモンって!それ言うなら岡崎県ですよ!!」
客(それも違うww)
小島「あー、違うかー!(頭後ろに手を当てててへっとする)今ちょっとおかしいねん。これ今日のお客さんのせいですよ?💢お客さんがおかしい!」ハァ?ww
斗亜「お客さんのせいにしたらあかんですよー!」言い方かわいい
小島「はい、すいません💦」素直
斗亜「クリスマスのプレゼントはなんにしましたか?」
客「…。」
小島「クリスマス、まだ決まってないねん!」
斗亜「じゃあ小島くんは何をもらいたいんですか?」
小島「僕はイースター島のモアイ」
斗亜「モアイもらって何するの?」
小島「前一緒にバッティングセンターに行ったんやけどあいつ顔でかいから入られへん。」
斗亜「じゃあ遊んでませんやん!」
小島「モアイは俺と話したいねん。いつか人間になりたい!言って。妖怪人間みたい☆」ww
斗亜「どこから来ましたか?」「神奈川」
小島「あー、神奈川!神奈川はわかりますよ、横浜があるとこ!(ガッツポーズ)」
斗亜「有名なものは?」
小島「・・・。いやわかるやん俺のこと」笑
(小島に振ったってちゃんと答えられないってこと)


12/6
小島「どーでしたか?」
斗亜「どうでしたか?」
客「おもしろかったです」
小島「あーおもしろかったですか、ありがとうございますー(ぺこり)」
小島「笑いもあったんですけど、これは感動と友情も取り入れてたんでこれはすごいですね」自画自賛
斗亜「どこから来ましたか?」「京都」
小島「京都、わざわざありがとうございますー(ペコリ)」
小島「京都といえば、寺。お寺といえば一番のおすすめはなんですかねえ?」
斗亜「一番おすすめはーーー、、、大寺くんとかですかね!僕の友達です!」出た大寺くんww
小島「いや他にないんー?」
斗亜「めっちゃおもしろいんですよ大寺くん!」
小島「めっちゃおもんないわ聞いてるこっちは。」笑
小島「他にないん?例えば金閣寺とか」
斗亜「金閣寺じゃなくてー、銀閣寺!金は高そうだけど銀はなんかそんな~めちゃくちゃー、、高くは無さそう」手ぶり多くて頑張ってしゃべってる
小島「うるさいお前黙れ!」
小島「僕ひとり聞きたい人いてて、」
駆け寄る
小島「どこから来ましたか?」
男性のお客さん?で、たぶん京都って答えた人の連れで京都から来てた。
小島「あっ一緒か(笑)僕がね、行ったとき「なんでこっち来るんやぁ~😳♡」って、乙女より乙女してた」笑
斗亜「プレゼントなににしましたか?」
客、まだ決まってない
小島「まだですよね、クリスマスプレゼントとかそれはプレゼントとか千秋楽に聞くべきや。」「斗亜くんは何が欲しいん?」
斗亜「チョウチンアンコウ!」
小島「チョウチンアンコウで何するんですか?」
斗亜「自転車のライト、明るいかなーって!(o^-^o)」
小島「自転車のライト、、それどこに置くん?」
斗亜「カゴにいれます!」
小島「それはぎっしりつまるなあ、カゴに。でもチョウチンアンコウでかいからカゴ入られへんかもやで?」
斗亜「その場合は頭に乗っけるんで!」
小島「頭にのっけるんかー(笑)まあ結果なんでも大丈夫やな若いうちは!」


12/7
小島「良い舞台でしたねー!お客さんにも質問してみましょか」
斗亜「白雪姫とメロスどうでしたか?」
客 おもしろかったです
小島「あー良かったですー。死んでしまうけど乗り越える、という感動がありましたね。」
斗亜「どこから来ましたか?」「大阪」
小島「大阪ー!大阪といえばたこ焼き、斗亜くんはたこ焼きの中ではなんのたこ焼きが一番好きですか?」
斗亜「………んー、、、」
小島「普通のたこ焼きか?」
斗亜「普通のです!」
小島「じゃあ斗亜くん、いまここに普通のたこ焼きがあると思って、食レポしてみて。こういうのが仕事に繋がると思うで」
斗亜「(もぐもぐ)熱い!!!」
小島「熱いなー😊wwwでも熱い!じゃあかんわ。美味しさを伝えれるようにならんとな。これからやってこな。」
斗亜「将来の夢はなんですか?」「お嫁さん!」
小島「お嫁さん!リアルなん来ましたー!!!」ww
小島「斗亜くんは将来なんになりたいんですか?」
斗亜「よーせーるい!」
小島「ん?よーせーるい…!?(かわいい苦笑いする)」
斗亜「両生類!!」
小島「あ、両生類!それはなんでですか?」
斗亜「水の中でも呼吸ができたら便利だなあと思って!」
小島「うん、たしかに便利やけど使わんよね。」
斗亜「使いますよ!」ww
斗亜「どこから来ましたか?」「兵庫」
小島「あ兵庫ー。兵庫といえば甲子園とかキッザニアとかね」キッザニア、で結構笑いが起こるけど気にしない小島「いろんなもんありますよね。斗亜くんはなんだと思いますか?」
斗亜「大西流星くん!」
小島「wwあーーーそやなwwこれなんて返したらいいん?wwまあたしかに大西もだけど他にもないか?」
斗亜「いろいろありますよ!」
小島「まあなにかはわからへんな!笑」


MC
濵ちゃん登場。なんやかんやトークしてから、コントが気になった、と触れてくれる。
濵田「あんなちっちゃい子に「お前誰!?」って!「踏んでった!」って!笑」
?「あれ毎公演違うんですよ」
濵田「えっっ!??????すご!!!!!!!」
康二「呼んでみる?小島と斗亜」
?「他にもデスノートとかやってた」
濵田「え!めっちゃ見たい!!!」
小島と斗亜下手から登場
濵田「うわ!近くで見ても(斗亜)かわいい!!」
康二「小島もかわいい顔してますよ」
濵田「(小島を振り向いて)うん、凛凛しい顔!!」ww
小島りりしい顔と褒められてふにゃふにゃ笑顔になる。
一番自信のあるコントをしてくれ、ということで
小島「ウサギとカメとメロス」
斗亜と一緒に寄り添って話し合いながら花道を後ろに向かって歩いていく姿がかわいい。
3階席は花道が見えるか?と龍太たちが気にかけて、
「「見えなーーい!」」と言われ前に移動する斗亜
龍太「見えるーー?」
客「オッケー!」
龍太「オッケーってなんや!!!💢」ww
(小島は後ろでスタンバってる)

ウサギとカメとメロスを披露する。
濵田?「一番の自信作の割に結構忘れてたな!笑」ちょいちょい噛んだり間があったりした。
斗亜が入所したばかり
濵田「どんくらいなん?」
斗亜「4ヶ月です」
濵田「よんかげつ!??!?えっ!???」
名前何て言うん?
斗亜「しまさきとあです」
濵田「とわ?と?」
斗亜「とあー、です」
今時の名前はかっこいいなあ~と皆。小島、斗亜が話してるときずっと破顔してる。ふにゃーって笑ってる。
濵田「ごめんな?スタンバイしてるのに出てこなあかんかったな?」
小島「はい」
?「お前はい!ってそこは「そんなことないですよ~」とか言うとこやろ!」
濵田「いやええねんええねん!!小島くんはこのままでええねん!このままで良いよ」
小島「はいっ!」
濵田「小島は小島のままでいい」
小島「はいっ!」
濵ちゃんに腕掴まれて力説されてはいっ!て答える小島かわいい
康二「小島、自分のギャグやっとくか?」
小島「自分のギャグ!?あ、自己紹介ギャグを…」
濵ちゃんの方を向いて
小島「ビバ!コビバです!」コビバです!で足を広げてぴょんっと軽く飛ぶ。ニコニコしててかわいい。
小島のギャグを濵ちゃんにもやってもらうことに
濵田「え!??」
小島「(小さい声で濵ちゃんに)ビバ!ハマビバです!」wwwwwwww
濵田「ビバ!ハマビバです!」やってくれた。
濵ちゃんに拍手して、向かい合って握手する小島。
濵田「まさかこんなプレゼントいただけるとは」お辞儀する小島
WESTドームおめでとうございます、という話題で
「おめでとうございます」としっかりマイク使って言ってお辞儀する小島。
濵ちゃん捌ける
濵田「ごめんな、次のスタンバイあったやろ?」
小島「すいません」お辞儀ペコリ「ありがとーございましたー」ペコリ

さあそろそろ次行きますか、という話の時に指がビバってたww
小島、煽りをやらせてもらうことに。
?「さんかーいにかーいいっかーい!ってやつ」
小島「あ、1階2階3階って(ボソッ)、、、じゃあ、1階2階3階!って言ったらビバ!って言ってください」ww
小島「せーの、3階ー!」
\ビバー!/
小島「2階ー!」
\ビバー!/
小島「1階ー!」
\ビバー!/
小島「みんなぁー!」
\\ビバー!//
小島「続いてのコーナーも盛り上がっていこうぜー!」


12/11昼
小島「大阪ぶんぶん隊という舞台をやらしてもらってね、どうでしたか?」
斗亜「大阪ぶんぶん隊どうでしたか?」「かわいかったって!」
小島「良かったやん」
斗亜「いや小島くんにたぶん言ってますから!」
小島「いや絶対ちゃうやろ。」「斗亜くんはかわいいって言われるのはどうですか?」
斗亜「かわいいは嬉しいけど、、小島くんがかわいいですよ!」
小島「いや俺に振るのやめろよぉぉ~…」←かわいい
斗亜「どこから来ましたか?」「広島県!」
小島「わざわざ遠いところからありがとうございますー(ぺこり)広島と言えばなんですか?」
斗亜「んー、広島焼き!」
小島「広島焼き。でもたしかこれ広島焼きって言ったらダメなんですよ。広島のお好み焼き、って言わなあかんやつ。気いつけやー」
斗亜が次の質問者探してウロウロ
小島「奥!奥!」指で上手指す
斗亜「クリスマスプレゼントはなんにしましたか?」
客決まってない。沈黙になってすぐに小島喋る
小島「あっ、まだ考えてないみたいやなあ。クリッ、クリスマスプレゼント(噛んだ)決まってる人いますかー?(手をあげさせる)あ、」
手を上げた客に答えさせる。
斗亜「関西Jrに舞台をもっとやってほしいって!」
小島「ありがとうございますー。でももっと物理的な物の方が嬉しかったですけど」ww
斗亜「どこからきましたか?」「大阪!」
小島「ああー、大阪県!」
斗亜「いや県って!笑」
小島「一緒の県ですね」ww


12/16
小島゛カメラマン物語゛の感想を聞いてみようと。
斗亜「カメラマン物語どうでしたか?」「おもしろかった!」
小島「あ、おもしろかった、ありがとうございますー(ぺこり)」
首に巻いてたストールが落ちてきたのを巻き直しながら
小島「斗亜くんこれはどーゆー話でしたか?」
斗亜「えっとー、ひとりの子役が映画を撮る最中に起きた出来事、ですか?」
斗亜「どこから来ましたか?」
小島「ちょっと待って。いっつも質問やってて答えない人いるから答えたい人手上げてください。答えたい人ー?」まばらに上がる手「もっとー?」増える手「もっとー!??」結構手が上がる「じゃあ一斉に答えてもらいますーせーの、」
\\○○○!!//
小島「何言ってんねんお前らー!!!💢💢💢」逆ギレwwこれやりたかっただけwww
小島「いやー、、、」
斗亜「小島くんが悪いんですよ!」
小島「💦俺がみんなに聞いたんが悪いんや💦」
ちゃんと普通に質問し直す
斗亜「どこから来ましたか?」「東京!」
小島「東京といえばなんですか?」
斗亜「んー、スカイツリー!」
小島「斗亜くんはスカイツリーですかー、でも僕は東京タワーですねー。これは譲られへん。」「東京タワーとスカイツリーどっちが強いか勝負しよ。いきまーす、」
ふたりともAみたいなポーズとる
小島「・・・誰得やねん。」誰得www「なんもよくない。」


12/17昼
斗亜「デンジャラスマスクどうでしたか?」「おもしろかった!」
小島「おもしろかった、ありがとうございます~。いや~また新たなキャラが誕生しましたね!まさか僕もこんな格好するとは思ってなかったですね。ぜひデンジャラスマスクこれからも続編の方楽しみにしててくださいね。」
斗亜「どこから来ましたか?」「奈良!」
小島「奈良といえば、大仏。大仏といえばいろんな大仏がありますけど一番好きな大仏はなんですか?」
斗亜「一番好きな大仏ですか?……奈良の大仏!」
小島「………あーーーー、それ奈良県の大仏全部ちゃう?」ww「奈良の大仏また今度一緒に見に行こか?教えてやるわ😊」
斗亜「はい!」
斗亜「クリスマスプレゼントは何がほしいですか?」客がわたし?ってしたんか知らんけどあなたですよ、って感じで優しく手で教えてあげてた小島
「まとくん!」
小島「(笑)まとくんはちょっとあげれないっす申し訳ないですけど」「斗亜くんは誕プレ…クリスマスプレゼントには何をもらったことありますか?」
斗亜「鉛筆の3本セットもらいました!」
小島「んー、それはちょっといらんかなー😊俺は絶対にいらん😊」おい小島ww


12/19
小島「いやー歴史ニュースノンフィクションでお送りしましたね~」
斗亜「本能寺の変の小島さんはどうでしたか?」「笑いました!」
小島「ああ、どうもシンプルな感想ありがとうございます笑」ww


12/20昼
小島「いやー、勇者斗亜、良かったですねえ~」
斗亜「勇者斗亜どうでしたか?」「よかったです!」
小島「あ~ありがとうございます。斗亜くんは勇者斗亜どうでしたか?」
斗亜「魔王を倒せてよかったです!」
小島「そうですねー、でも今回やって魔王の気持ちもわかったと思ったんでね、倒すのもほどほどにしときましょうね」
斗亜「じゃあ倒しません!」
小島「、、うん、倒さんかったらゲーム進められんやん(笑)」ww
斗亜「どこから来ましたか?」「東京!」
小島「あー、違う県ですねぇー」ww「斗亜くんは東京といえばなんですか?」
斗亜「東京といえばー、スカイツリー!」
小島「あースカイツリー!」右手を上に上げてスカイツリーっぽい形つくる「なんでスカイツリー好きなんですか?」
斗亜「もっと、おっきくなりたい!!」
小島「どんくらいおっきくなりたいん?」
斗亜「ひゃく、、、」
小島「うんそれはちょっと違うやろ(笑)」
斗亜「1000キロメートル!」
小島「ww1000キロか!果てしなく長いな。」ww
斗亜「・・・っ(ド忘れしたっぽい)えーっと、えっと、、、!クリスマスプレゼントはなんにしましたか?」小島前のめりになって斗亜の質問見守ってた。無事質問できたらお辞儀してた笑
斗亜「お洋服!」
小島「あー、お洋服、くれるといいですねえー」ww


12/20夜
小島「『アンドレーの地球危機一髪』よかったですね~」
斗亜「アンドレーの地球危機一髪どうでしたか?」「おもしろかった!」
小島「ありがとうございますー。なんかね、途中(奥村)出てきておもしろかったですもんね。俺もやってて楽しかったですもん」たしかに隕石に手をかざしながら、奥村が喋ってるとき小島めっちゃ笑いこらえてた(笑)
斗亜「あなたには愛の力はありますか?」ww「あります!」
小島「同士ですね。」ww「俺たちは愛友やな。」
小島「じゃあ次はちょっと僕に質問さしてください。愛は地球を救えますか?」マイク差し出す
客「救えます!」
小島「愛は偉大なり。小島の名言出ましたね。これ小島の名言です、愛はいだっ…愛は偉大なり。」
斗亜「自分で言ってて噛んでますやん!」
小島「ダメですね、ちょっとメモっておきます。」
斗亜「どこから来ましたか?」「大阪!」
小島「ああ、大阪県!」
皆 違うww
小島「あーー💦これ前も間違えてもーたんですけど、でも何県から来たんですか?って県聞いてるのに府答える方がおかしい。」
斗亜「そうですね」
小島「そこは俺の意見わかってくれるんか(笑)」
別の客に再度質問
斗亜「どこから来ましたか?」「大阪!」
客席「(笑)」
小島「(答えた客の方に向かって)ああ、大阪"府"ね!大阪府っ!府っ!!!」ふっふ言うなwww


12/21昼
小島「今日は『卒業物語』やりましたね~」
斗亜「卒業物語どうでしたか?」「おもしろかった!」
小島「おもしろかった!ありがとうございます~!(ぺこり)次の質問いきましょか?」アッサリ(笑)
斗亜「どこから来ましたか?」「未来!」
小島「未来!ww考えてきたな!(笑)1列目考えてきましたよ~!」
斗亜「未来行きたいな~!」
小島「未来なんか見んでもええねん!」
斗亜「ドラえもんおりそう♡」
小島「お前それ言ったらかわいい言われる思たんやろー(笑)」
斗亜(うつむく感じ)
小島「照れてんなお前!笑」
斗亜が照れてうつむいて腕広げてくるって1回転しててかわいすぎた。


12/21夜
斗亜「ファンの…物まねみたいなやつ…、どうでしたか?」「おもしろかった!」
小島「おもしろかった、ありがとうございます。今回のはね、たくさん共感もできましたしね!」ww
斗亜「指は差されたい派ですか?」
斗亜「さされたい!じゃあ僕が指差しますね」最前の客に指差す斗亜
小島「ちょっと、わたしにも指差してよ」
指差してくれる斗亜
小島「なによ邪魔よ!指差さないでよ!」おいww


12/22
小島「友情のそば物語でしたね~」
斗亜「そば物語どうでしたか?」「おもしろかったって!」
小島「ありがとうございます。斗亜くんはどこが1番自信ありますか?」
斗亜「…なにがですか?」笑
小島「今回1番自信のあったところ」
斗亜「おじいちゃんの物まねですかね!でも靴ベラそんなにウケてなかったー😂」
小島「いやわりとウケてましたよ?笑」うん、そこそこウケてた
斗亜「蕎麦屋では何を頼みますか?」「蕎麦!」
小島「まあそばでしょうね~(笑)普通そば屋ではそば頼みますよね~。どこ出身ですか?」
客「京都」
小島「京都…!関西人やのにボケないという!!!」ww「フッてあげたのにボケしないという!!!」
斗亜「しゃーないですやん!」
小島「すいません💦怒ったらアカンな💦」


12/24
小島「今回は本格的な感動する舞台でしたね!」
斗亜「クリスマスの夜、どうでしたか?」「おもしろかったって!」
小島「おもしろかった、ありがとうございます~」
斗亜「(客が)斗亜かわいいって!でも小島くんもかわいい!」
小島「いや小島くんはかわいくないやろー小島くん今回の舞台ひとつもかわいくない」
小島「今回感動の舞台やったんで笑いじゃなくてううっ😭っていうのを想像してたんやけどな。次の質問いこか」
斗亜「どこから来ましたか?」「石川県!」
小島「石川県!違う県からどうもありがとうございます~石川県といえば斗亜くん何やと思う?」
斗亜「んー、、、」
小島「そりゃわかるやろ、もうこのコーナー1か月もずっとやってきてんねんから。」
斗亜「うーん…」
小島「すいませんこいつ勉強不足で。」
斗亜「じゃあ小島くん石川県といえば何やと思いますか!?」
小島「…お!プレゼントの用意ができたみたいやな~」wwww


12/25
小島「実は僕がサイボーグって知らなかったでしょ?」
斗亜「今回の舞台、どうでしたか?」「かっこよかったって!」
小島「かっこよかった!多分小島くんいるんでね、かっこいいは僕の専門なんでね」ww「かっこよかったっていうのは初じゃないですかね?今までおもしろかったとかが多かったんで。ありがとうございます」
斗亜「どこから来ましたか?」「三重県!」
小島「あー、大阪じゃないところからありがとうございますー。」
斗亜「ありがとうございますっ!!!」声おっきい
小島「良いあいさつやな😊」
小島「三重県といえば、志摩。エスパーニャ。斗亜くん行ったことあります?」
斗亜「…。」
小島「志摩スペイン村。」
斗亜「何年か前に行ったことありますよ!」
斗亜「誰のファンですか?」「流星くん!」
小島「あー、大西流星くん。良いですよね~かわいいですし。優しいし。」
斗亜「斗亜も流星くんめっちゃ好きです!」
客\かわいい…/
小島「…それ(かわいいを)狙ってました?ビジネスじゃなくて?」おいww
斗亜「狙ってないですよー!」
小島「まあ大西くんも喜んでると思いますよ。」

16/12/6、20夜、24 MC

クリパ2016 大橋参加回MC ニュアンスレポ





・12/6
康二の更新したかんじゅ日誌の話
「大橋くんたちとランチ行くからね~カレーとか」
からのなんやかんや話してから、名前を出したからと
康二「大橋呼びますか?」
「大橋ー!」
龍太「カウントするから来てー?321ー」
大橋「アーーーーーーーーー!!」小走りで登場。(BEAT OF LIFEの衣装)
「「はいアウトー」」
大橋「え?アウトっすか!?」
?「ズボン丈足りてないで」
大橋「ww捲ってるから」
?「おしりでかい」
大橋「(笑)」横向いてお尻軽く突きだして自分でペンペンお尻叩くww(まあまあのドヤ顔で)
サスペンダー両手で持ってピョーンって伸ばしてる←これMC中何回もやってた
「自己紹介やっとき!」「あと一発ギャグも!あの身体であらわすやつ!」
大橋「どーもー!大橋和也でーす!イエーイ!ふふっ」「身体で、あ、漢字を身体で表現したいと思いまーす土ー!!!!!」ニコニコしてる
ちなみに康二は「土」がお気に入りらしい。
土を真似する龍太、足広げすぎてピキッときたらしく「アカーーーーーーン助けてーーー!!」ww
康二「そういえば大橋なんかおもろいエピソードあるらしいやん。パスタ」
大橋「え?」
康二「パスタ、流星に話してたやつ、おもろいって言ってたで」
大橋「今日ねー、聞いてくださいおもしろくないけど、今日デリバリーみたいな感じのやつでミートスパ頼んだんですよ。ミートとスパやからあのーなんやろ、こうミートとスパがね、別々に分かれてるんかなあって思ってたんですけど、来たらあの、蕎麦みたいなやつ…スパしかなかったんすよ!ミートがなくて!それで前にケチャップがあったから「これがミートなんかなあ?」って思ってかけたら違った」
西畑「なあさっきからミートミートってなんなん?」ww
康二「話ミートさせろや」
「「おお~!」」
大橋「天才!天才!」指差してなんか上から目線ww
康二が詰め寄る
大橋「ごめんごめんww」
康二「怒ってるよ」
それで?
大橋「ケチャップかけたらそのあとでミートが来てちゃうんやぁ……って。アハハハハハ!」
「「オチがないww」」
大橋「オチ無いわ。」
客\かわいー/
?「かわいくねーだろ!」「ミートミートうるさい!」
龍太が喋ってると「あ!そういえばね!!」大橋割り込む
「「お前wwww」」
康二「お前龍太くんが喋ってんやから!」
流れ忘れたけどるたこじがいつもみたいに喧嘩しそうに
大橋「喧嘩せんといてwwでね、」よほど喋りたいらしい
大橋「髪染めたんですよ!どーですか!?」
「大橋は髪染めんの初めて?」
大橋「あー、それは小学生の時に染めてました…エクステとかつけてて…」ww「どーですか?」目キラッキラさして指で頭示してる
康二「でも昔言ってたやんアイドルは黒髪が大事やって俺は染めへんとか」
大橋「いやそう思ってたんすけどそう、興味あって染めたんすよ」
\似合ってる/
大橋「あざまーす!!!それだけ♡へへっ」
西畑に蹴られる。
龍太「大橋は目もおっきいな」
大橋「あざまーす!」
龍太「黒目がほんとおっきくて!」
大橋「wwwやめて!ほんまやめてwww」ニコニコしながらステージをうろうろ焦り出す
大橋「やめて!wwもーーほんと悪い!!!」龍太を指差す
「「お前指差すなや!」」
康二「先輩やぞ!」
黒目大きいトークは結局流れた。

高畑充希に似てる話題
大橋「結構言われるで?」
康二「なんでやホームベースみたいやん」
大橋「顔でかないで!?」
西畑「こいつ自慢気に言ってくる「似てるやろ?」って」
「うわっ」
大橋「手紙に書いてるんですよ似てるって!」
大橋「あとね、もうひとり言われる人おんねん」
「え?誰?ホリエモン?」るたこじ爆笑
大橋「笑いすぎやって!wwなんか手紙に2通くらい…西野七瀬さんって。雰囲気?」
康二「お?みっちー知ってるんか?」
道枝「乃木坂46の」
康二「あとこの人」プラスマイナスという芸人さんの顎を腕でどんどんするやつをやる
大橋「似てへんって」と言いながらも歯出してノリノリで何回もやる(笑)
?「あとクッキングパパ
大橋「似てないよ!笑」
康二「これ末澤が言いだしてんな。ほら袖で大爆笑してる」
大橋「ほんま悪いわー!」袖にいる末を指す
大橋「もう(クッキングパパとか)わからんってww」
?「殻破ってきたな。」
大橋「そうっすね破ってきましたかねー」お腹スリスリ
西畑が大橋にこそこそ耳打ち
大橋「パンツ食いこんでんねん」小声のくせにマイクをわざわざ口もとに持ってきて喋る。
なんや?
西畑「もー!俺がこっそり言ったのにこいつマイク通して言う!」
大橋「(笑)」
西畑「俺が「もっこりしてんで?」って言ったらわざわざマイク使って「パンツ食いこんでる」って」
大橋めっちゃサスペンダー伸ばしたり食い込まないように調節してる。
大橋「パンツ、ここ!食いこんでんねん!見んといて~」
股間を手のひらで隠そうとするから余計に目が行くww





・12/20夜
よく一蘭に行く話。西畑正門大橋で行った際に呼ばれる名前をノリでふざけて書いてた。西畑は「正門」、正門は「田中」。大橋がトイレに行ってる隙に西畑が大橋の名前を冗談で「クソデブ」と書いたら、大橋がトイレから帰ってきても名前に対してなんも言わんから店員にそのまま「クソデブ様~」と呼ばれた話(なかなかひどいww)大橋もつっこまないから申し訳なく思ったらしい西畑。

名前が出たからと大橋MCに呼ばれる。
「大橋ー?」
大橋「はーい!はーーい!」いつものどんくさい小走り
最前らへんの客\かわいー!/
大橋「あっ♡(ドヤァ)」嬉しげに手✋その客の方に出して答える
康二「なんやねんな今の出てき方!ケツ振りながらこんなんで」お尻振りながら大袈裟に大橋のどんくさ走りの真似をする
大橋「あっ、大橋和也でーす!お願いしまーす!」緊張してるんかしらんけどMC中自分のお尻よくポンポン触ってた。
龍太「大橋最近いつも楽屋でよからぬことしてるやんなあ?」
大橋「え?笑」
「化粧とかセットした後」
大橋「あー、はい。かわい~~って。」ww「鏡の前でセットした後あのーこう座ってて、髪セットします、『あっ、かわい~~!』って」
当然皆にやんややんや言われる。
大橋「聞いて!理由あんねん!最近言いはじめたんですけど、山田くんがテレビで『公演中は自分のこと世界一かっこいいって思ってやってる』って言っててだから俺もそーゆー風になりたいなと思ってん。」
西畑「山田くんと一緒はちゃうで」
康二「そりゃ山田くんはかっこいいもの!」
「大橋は自分のどこがかわいいと思ってるの?」
大橋「…全部で良い♡」西畑に頭叩かれる
大橋「ハハハハハ!!!!!!!」声でかいww
龍太「大橋はおっきな目がかわいいな!」
大橋「あー」←すでに否定するのを諦めたのか相槌打つ感じ
龍太とか康二とか「おっきな瞳!」「黒目おっきいよね!」「なんでそんなおっきいん?」言われるたびに「ああ…」みたいに曖昧に頷いてたけど
大橋「もうつけてるからね!!!」開き直った感じでついに認めたwwwwステージ上も客も笑ってるww
「もうつけてるからって何つけてるん?」
大橋「…カラーズ…コンタクト」
カラコンな。」
西畑「でもディファインやんな?」
大橋「ちょっとしたやつ。そう、黒。黒。」
西畑「でもカラコンせーへん方がかわいいねん!」
康二「うん、違和感がある!」
大橋「でもたまにつけてないことあるんですよ」
西畑「いつつけてるん?」
大橋「コンサート中」
康二「えっ!?コンサート中に着けてんの!?踊ってるときに!?」踊りながら着けるフリする。「Hairとかでこうやってるときに!?」西畑「こうやってな!」Hairの後ろ姿で背中はだけさせるところをおもしろおかしく再現しながらコンタクトつけるwww
道枝「朝起きたらつけるんですか?」
大橋「そやなあ~」
度入ってるやつ?
大橋「こっち(右)が3.00と…」
龍太「え!?3とかあるん!?」
大橋「3ありますよ」
西畑「俺とかもっとキツいですよ」
道枝「どんくらい悪いんですか?」
西畑「俺4。着けんかったら0.03で目悪い」大橋「そう」
龍太「え?どういうこと?」「4もあったら(視力)2+4で6になる!」
皆で「そういうことじゃない!笑」と龍太に説明する(笑)(ちなみに道枝は4と4.2らしい)
長尾「コンタクトしながら寝たら危ないですよね」
道枝「あー俺寝てるわー」
西畑?「目にコンタクトはりついて」大橋「そー!取れへんくなるねん!」
龍太「目の裏っかわに入ったりすることないん?」
大橋「俺たまにある!(再現しながら)ここ、ここ上にコンタクト入って、だから目薬入れてパチパチしながら戻す、と戻ります」
康二「パチパチってww」大橋のパチパチがすごい早口だった笑
西畑「でもそういうのでいうとはっすん最近オシャレよな」
大橋「え!?マジ!!!!?♡」
西畑「パクってるから。俺のカバンの色違い買ったり」大橋「うん」
康二?「末のスエットも」大橋「あーー。」
大橋「やっぱり真似から入ろかなってダサいって言われてるから。真似から入ったらかっこよくなるかなって」
康二「でも大橋スキニーとか履いたらパツパツやん!」
大橋「履き心地えーねん!」
康二「デニムのスキニーとかさあ、」
大橋「え?どれ?」
康二「持ってるやん」
大橋「うんまあいっぱい持ってるけど…ピチピチ感がいいんよ」
龍太「自分に似合う服装とかないん?」
大橋「まだそれわかんないんすよぉ~」
西畑「きゃりーぱみゅぱみゅとかは」
大橋「あ~原宿系で攻める系~……」
龍太「おまえそんなラップみたいなのww」
康二「ラップは古謝のだから!ww」

次のコーナーへの煽りをさせてもらう
大橋「(いきなり)イエーーーーーイ!」ニコニコして前に出てきながら言う。楽しそう。
客\イ、イエー…イ!?/
大橋「自分のことかわいいと思う人イエーーーーーイ!」
客\イェ………/ふざけんなよ大橋ww
大橋「3かーい!(≧∇≦)」\イエーイ!/
「2かーい!(≧∇≦)」\イエーイ!/
「いっかーい!(≧∇≦)」\イエーイ!/
「ぜんたーい!(≧∇≦)」\イエーイ!!/
大橋「はい、次のプレゼントです」いきなりテンション落ち着くから西畑ずっこけるww締まらん煽りだった(笑)

西畑の隣にずっと立ってたから、西畑に物理的にペシッとつっこまれたりふたりで近寄って笑ってたり自然と横並びで立ってたり、終始そんな感じだった。





・12/23夜(入ってないがMCにFunky8全員参加。好きな先輩アンケート、JFWの5人で漫才消防士やる)





・12/24
春松竹のお知らせ後龍太に呼ばれて突然、丈、朝橋が2枚のパネルを裏向けた状態で持って出てくる。
パネルひっくり返して舞台『銀二貫』決まったお知らせ。

朝田「僕と大橋は初舞台で。」
大橋「はい!」
持ってるポスターの看板ゆらゆら揺らしてアピールする朝田かわいい。大橋はパチパチ拍手する。
丈「ぜひみなさん家族や友人やたくさんつれて見に来てくださいね」
大橋「そ~なんですよぉ~」

龍太のポスターの写真古くない?かっこいいやつじゃない!の話題で
大橋「かっこいいっすよ!」

西畑「はっすんは歯白いな~」
大橋「ほんまやなぁ~」ポスター横からのぞきこむ。

ぜひみなさんまたジャニーズnetでチェックしてください
大橋「お願いしまーーす」お辞儀長い。

大橋と朝田は外部舞台初やな?
大橋「そう、初なんすよぉ~」
丈「もう俺ほんっまイヤや!ほんま憂鬱!」
大橋「なんで!?」
丈「いやもう今回大橋と淳弥と一緒っていうのが怖いわ!大橋と淳弥が怖い!」
大橋「頑張るーーー」
決まったときどうだった?
朝田「もう今から緊張してますねー外部舞台初めてやから。」
時代劇やん
大橋「そー!」
決まって親に報告した?
大橋「しました。お母さんに。」なんて言われた?「良かったなーって。うん、喜んでた~」
康二「親は決まったときいつも喜んでくれるよね。」

クリパ明日で終わるな~
大橋「も~早かった!」
丈「楽屋がストレスでしかなかった!!!!!!大橋がほんっまにストレス!!!!!!!」
大橋(なんでよぉ~な感じでへらへら笑ってる)
楽屋が丈リチャ朝橋で同じ
丈「こいつ楽屋で弁当食べるってときに、『いただきますー、え、おいしそー、みんなそれなにー!?』って!おんなじもん食ってんやからわかるやろ!!!」
大橋「違う違う…オムライスでもあるやん上にのってんのが鳥ーとか違うやん」
丈「そんなんメニュー見たらわかるやん書いてあるし読めるし!!!日本語くらい読めるでしょ!!!」
丈「この前2人で一緒に買い物行ったときも」
大橋「行ったな~(ヘラヘラ)」
丈「行ったな~(ヘラヘラ)じゃないねん!!!!!!!!!!!」
丈「2人で買い物行って、」
大橋「そう~」
丈「指差すな!!!!!!!!!!!!!!!」
丈「雑誌の撮影があって、雑誌の撮影と撮影の間、間に時間があってそれでデパートの、もう高級なブランド品売ってるお店に2人で行ったわけよ。もう(自分達の)格好とか見ても全然買うような感じじゃない、高いお店に行って、そしたら店員さんが言うやん、試着ご自由にどうぞ~って。普通断るやん?でもこいつ店員の真横で『でもさ、試着ってタダやからやったらいいじゃん!』って!試着しまくる!」
丈「あとこいつの知ったかほんまエグい!!!」
大橋「(笑)そんなんちゃうって言ってるやん(笑)」
丈「もう宇宙一ヤバイ!!!!!!!!!!!」
丈「『なあ丈くん~めっちゃいいジーパン見つけたねん~』って。どこの?って聞いたらレビウスって。で見たらリーバイス(Levi's)やった!!!」ww
大橋「(笑)」
康二「そういうのわかるわかる!俺も一緒に買い物行ったとき、大橋がジージャン買いたいって言って、そこ12種類くらいジージャンがあって、全部試着してた!しかも全部リバーシブルになってるから12×2で24回も着てた。で買うんかな?思ったら『んー、またにします!』って!」
大橋「(笑)でも後日買ったよ。そん時お金なかったから。次の日見に行ったときにすぐに買えるじゃないですか~」
西畑「でも慣れてきたらはっすんと買い物行くの楽しい」
大橋「そう!それ!!!」ww
丈「俺はそもそも一人で買いもんとかも行きたい人やからほんまストレスやったわ。」
大橋「でも誘ってきたの丈くんやん!」
丈「だから言ってるやろ空いてたのお前しかおらんかったんやから!!!!!!!!!!!!!!!しゃーなしや!!!!!しゃーなし!!!!!!!」丈がずっと声張ってキレてるww
康二「淳弥全然しゃべってないやん(笑)」朝田が次のコーナーへの煽りをやる。

16/4/10、11

4/10昼

コント:執事
執事 文一西畑大西河下
マネージャー 小島
女装客 龍太康二


まずマネージャーが小島でざわつく客席 笑

小島「お前ら挨拶はバッチリやな」
ちっさく手をパチパチ拍手する小島
全員「・・・いや(挨拶)まだ!まだまだ!」ww(段取り間違えた)

執事たち「お帰りなさいませ~お嬢様~」
小島「お前ら挨拶はバッチリやな」

西畑「なんで(小島は)こっち側じゃないん?」
小島「…ん、早速~」
西畑をスルーする小島wwとまどう西畑ら。


マネージャー小島によるカフェの説明タイム。聞いている皆が不安になるようなたどたどしい喋り。とりあえず頑張ってる。手をずっと動かして手振りが多い。喋り方が独特。(いつもの感じ)

小島「きみたちがひつじ(執事)(喋り方がふにゃっとしてる)で、…」「とりあえず(康二と龍太は)座って、(執事に向かって)お前らちゃんとしろや」雑ww

お嬢様が座るとき何も動かないマネージャー
文一?「マネージャー椅子引けや!」
こっからだいたい文一の指示が無いと動けないマネージャー小島。

龍太「マネージャーちょっと~!」
小島「・・・はいなんでしょうか」
龍太「遅いねん!」
やり直し
龍太「マネージャ「はい(間髪入れず小走りで駆け寄る小島)」
龍太「今度は早いねん!!!!!!!」ww

喧嘩する龍太康二の仲裁に入る
小島「落ち着いて、落ち着いて」二人の肩ポンポン


小島「執事をご覧になられては?」←ここ噛んだ
小島「じゃあまずは、河下」
楽の自己紹介が良い感じに決まる。楽にグーサインする小島。
小島「次は、西畑。うん、今(流れが)良い感じだから。」
指で お前行け と指図する。
大吾くん「朝ドラ俳優だぞ」(ジャケット掴む)、と斎藤さん風に自己紹介。
大西「みんなの酸素になります♡(的なこと)」
文一「(口角上げた変な表情をしながら変な言い方で)浜中文一です」


小島「ここからは執事にロマンティックなドリンクを注文することができます」説明がものすごくたどたどしい。

河下「こちら飲めば整形の魔法が解けるドリンクです」
龍太「整形じゃないわよ!!!」
康二「整形よ!」
的に喧嘩がおっ始まる。(るたこじ終始喧嘩してる)
客が喧嘩してるのに全然仲裁に入ろうとしないマネージャー。文一たちに「マネージャー!」と言われやっと動く。

小島「次は、にしはた~。お前ドリンクがんばっwてくれフッ」笑ってる。

ドリンクが変なのばっかりとクレームが入る
小島「すいませんこんな感じなんですよぉ~。」ww


小島「ここからはキュンキュンサービスをしてもらうから」
文一「まずどういう風にキュンキュンさせるか聞かな」
小島「あっ…」(段取り間違えた)

キュンキュンシチュエーション
康二「崖から落ちそうなとき」
流れで龍太と康二が喧嘩して龍太のカツラがとれる。文一に指示を出されて止めに入ろうとするも後ろでオロオロするだけで止めに入れない小島。

西畑?「一人どう見てもおっさん(カツラが取れた龍太)おったけどいいんですか」
小島「おっさんでも…おっさんでもおじょーさまだとおもってやって笑」困りながらも笑ってる

大西「酸素ちゅーにゅー♡」龍太のおでこに指で酸素を注入する大西
康二「なんでこっち(龍太)なんや(怒)」
小島「特徴的な感じだから。」

?「龍太くんスナイパーみたい」
爆笑する小島

人質に取られたとき というシチュエーションで、なぜかお嬢様の龍太が犯人役になる。
最終的に西畑が康二を助けにきて、二人で床にたおれこむ。
グダグダになってきて仕切り直そうとし、
小島「(康二に向かって椅子を指差して流れ作業的に)座れ」

小島の命令に二人同時に崩れ落ちる文一と西畑www

次のキュンキュンシチュエーション担当で
小島「浜中、行け」
文一「(その前に)まずそっちをケアして!??」
喧嘩してるるたこじ
小島「落ち着いてください」

キュンキュンシチュエーション
途中まではデレデレしてる文龍。
龍太「ツンツン♡」文一の胸元をぬいぐるみでつんつんする。
文一「ぶっ殺したろか!」
龍太がハァ!?と言い、マネージャーどうなってんだよここの執事は!の流れに。
小島「ちょっと(文一の)気が動転してるんで」
文一「動転してんのはお前や!!!!!!!!!!」
西畑に盛大にどつかれる小島。

いつの間にかるたこじのそばに文一が行ってあれやこれや指示を出して回すようになって、
?「文一くんがマネージャーみたいになってる笑」
とか言ってたら本当にマネージャー交代させられて執事たちと一緒に並ばせられる小島。*1


お嬢様のリクエスト、「一発ギャグをやってほしいわ~」
一発ギャグ~って言われたときから笑いながらしかめっ面になったり顔がザワザワしてる戸惑いの小島。
文一に、ここは小島しかないやろ的な流れで指名される。
文一「ゴルゴか本田圭佑かどっちかな」
小島「…っww かしこまりました。」
小島 (サングラスをかける)「今から左足だけ本田圭佑になります」
膝が曲がったまま右足と左足を交互に出す。動きが変。謎過ぎて皆笑うしかない。

文一「じゃあゴルゴ13もやっとくしかないやん~」
小島(床にしゃがみこんで)「ヤバイ奴が近づいてきてる…奴が近づいてる…お前は後ろにいとけ…大丈夫だ…ババババババババババババーーーン!」敵を銃撃し始めたかと思いきや唐突に立ち上がりバーンつって腕を広げる。もう全員笑ってる。

次のギャグは小島よしおを全力で。
大西に小島よしおを本気で照れ無しでやらせる流れ。
文一「ちょっとでも恥ずかしがったら手前のブサイク(龍太)に殺されるわよ」にめっちゃ笑う小島。

龍太のガチの小島よしお(うぇーい うぇーい うぇーい あそれ!あそれ!あそれそれそれそれそんなの関係ねぇ×3 はい オッパッピー)怖い。最初のうぇーいがスカートバッサーしながらめっちゃとんで声張ってて狂気。

流れがすべて終わったあと、
?「マネージャーしっかりせえよ!」
小島「あ~~~。そやなあ~~~。」ww

小島「でもさ、この店俺がマネージャーやん、そのせいで今日潰れるわ」
~オチのBGM~
UMEに行くとき文一に頭どつかれる。笑ってる小島。


MCの始めに小島のマネージャーが棒読み過ぎて…のくだりで名前を出される。*2



日替わり漫才 文一小島溝口
向かって左から小島、溝口(二人の1歩後ろに立つ)、文一の並び。
「「はいどーもー!」」
浜中文一でーす!」「小島健でーす!」
文一「小島はさあ、漫才でボケとツッコミどっちやりたいとかないん?」
小島「本来はまあツッコミなんですけどぉ~、ボケとかもまあやるんすけどツッコミやりたいなあと。」
文一「ほんならどんなシチュエーションでやろうなあ~」
溝口「飲食店…」(ささやく)
文一「飲食店やろう」
小島「え、今なんか聞こえて」
文一「何も聞こえてないよ。飲食店やろう!」

文一「カランコロン」
溝口「・・・おもろい…」ww

小島「いらっしゃいませー。何名様ですか?」
文一「150人です」
小島「人多いねん!」
溝口「それ絶対中国人やん…」
小島「今中国人聞こえてんけど」
文一「え?」
小島「聞こえへんかった?」
文一「なんにも」

テーマを変えてやる
文一「次なんでやろうな~」
溝口「コンビニ…」
文一「コンビニやろう!」
小島「え!?今後ろからコンビニって聞こえたよなあ?」
文一「聞こえてへん。降りてきた」
小島「降りてきた!?ww」

小島「浜中今何してん?」
文一「今商品補充してんねん」
小島「何補充してんの?」
溝口「カモノハシ…」
文一「カモノハシ!」
小島「ってなんでカモノハシおんねん!コンビニにカモノハシおるわけないやろ!ちゃんとして」
小島「今それ何補充してん?」
溝口「羊羹かカモノハシかどっちか選んで…」
文一「カモノハシ!」
小島「いやなんで羊羹かカモノハシかでカモノハシ選ぶん!??」

文一「じゃあ次ボケとツッコミ変えてやろう。」
文一「まず何でボケよかな~」
溝口「小島健じゃなくて杉田玄白…」
文一「おうじゃあお前小島健じゃなくて、杉田玄白やれや!これええやん!」

「「はいどーもー」」
文一「浜中文一でーす」
小島「杉田玄白でーす」


(流れ失念)後ろの溝口に気づく二人。
「「あれ…?え…?まさか笑いの神様…!?」」
溝口「違います。カモノハシです。」
「ってもうええわ!ありがとうございました!」


小島からオファーされた文一。溝口の使いどころを悩んで、後ろから溝口の見たいものをささやく形になった。見てたみんなが「新しい形やなあ~」と口々に言う。
溝口が囁くとき、考えてるポーズをしてる小島は溝口が囁く度にニヤニヤ笑ってた。めっちゃ笑ってた。溝口が囁くたびに見てる皆と客が笑いをこらえるシュールなやつ。

文一「小島はどやった?楽しかったんか?」
小島「楽しかったです。」
ホンマかいな
小島「ホンマです」

小島は本当はどっちがやりたいん?
小島「ほんまはボケの方がいいかなあ~ってあるし、ツッコミの方がいいかなあ~ってあるし、、」
\だからどっちやねん/ww

最後お辞儀してはけていく。







4/11

コント:学校

先生 文一
生徒 先生に近い方から座り順→小島丈赤名大西西畑龍太康二

丈(この日見学に来てた。設定転校生)登場。
丈「ふ、ふ、ふ、ふ、ふ、ふ、藤原丈一郎です」の自己紹介をニコニコしながら頷いて見てる。

丈「よろしくね!(わざと舞台っぽい声の出し方するw)」と生徒たちと握手していく。
龍太だけには厳しい丈「足下ろせやゴルァ!」
龍太怒る。席についてからも龍太のことをすっごい睨む丈。
そんな茶番をニコニコ笑って見守る小島。


・「ボウリングで投げるとき、転けた時のごまかし方」
小島→足広げてビバ!のポーズ。もはや自信満々にビバ!してる。

大西赤名とそれぞれがやってる間もビバのポーズを保とうとする小島。
文一「小島は?」
小島「もうビバ!の一言だけ。」笑
文一に自己紹介しとくか、と言われる。
小島「ビバビバビバビバ!んー、ビバが長い。じゃあ短くしよう。ビバ!自己紹介できてへん。どうも、コビバです。ビバビバビバ!」


・「修学旅行の思い出」
小島「僕やっぱ、みんなでブラジル行ったやないですかあ。」
文一「お~、みんな(こっからの設定)ブラジルやで~」
小島「ブラジル行って、カーニバルが流行ってる。で踊ってて、僕もカーニバルに飛び入り参加しようと思って、、、ビバ!って入っていったらみんなもビバビバしだして…ビバビバビバ!(照れる小島)」ビバビバしながら横とびでくるくる半周回る小島。
小島「ビバ先生もやってたじゃないっすか?」ぶっこむ小島
文一「…ああ…ww」「お、おぉ~、俺もやってたなあ~」
文一教壇の前に出てきて、小島の横に並んで
文一「ビバ!ビバ!ビビビビバ!ビババババババババ!」小島と一緒にビバビバしてくれる先生。
大西「ビとバが多いww(ボソッ」
文一「もう小島はビバが来るの分かってたからなあ。立つ前から手がもうできてるもん!今度からみんなそこ注目してあげてぇ~!?」「小島は楽しかったか?」
小島「はい、楽しかったですね。(ニコッ」
文一とビバビバしてる小島楽しそうだった。ブラジルつってるときずっと手で丸作ってた。なにかな地球かな?


・「将来の夢」
ニコニコしてたら、一番手で文一に「小島!」と呼ばれまあまあの勢いで文一先生の方を向いて驚く。
小島「僕はやっぱし…」
立ち上がる小島。指がすでにビバってる。みんな気づいてクスクスなる。
小島「ん?なんかありました?」
文一「いや、なんでもない。気にせず行こう笑」
小島「将来は、僕のこの得意なビバ!を、世界共通にしたいなと。」
世界共通とは?から、文一とビバで会話しようとする小島
小島「ビバ!ビバビバ!」
文一「ビバ!ビバ!」
小島「ビバビバ!」
お互いにビバポーズで指を指し合ってビバの応酬。なんだこれは。

文一「自分のことビバで表現してみ。」
康二?「かっこいいビバ!」
小島「かっこいいビバ………、、」
小島「ビバビバビバ!!!」テンポよく右手→左手とアゴでV字作って決めポーズした後両手でビバ。まあまあスベった。


全員で心をひとつにしよう
・「緑の食べ物」
考えるときペン先をくるくるする小島。舌を口の中でペロッと出してたりする。かわいい…
書き終わったら、文一を見つめる。かわいい。
文一「おー、小島は早いな!もう書けたんか」
小島「書けました」

丈「パセリ(リチャの髪の毛みたいな(誰かがそう言った)、くるくるの絵つき)」
赤名「わさび」
大西「苺のヘタの部分(それを絵で説明してる)」
西畑「野菜」
龍太「ヘチマ」(ボケようとしたわりには微妙と文一に言われる)
康二「ドラえもんの絵」(なぜドラえもんの絵なのか説明したが、それがよくわからずイマイチウケない。康二「先生今日俺調子悪い~(>_<)」)

最後に回答した小島が、失言してしまう。*3

文一が小島の前に立ち塞がって迫る。
丈はこれはヤバイとステージから逃げ出そうとする。

西畑「小島フレッシュなんやからな!??」
小島「はい、フレッシュです。」

皆「頼むから書かんとってなー」
文一「ほんまこれは全部俺が言いました小島は何も言ってません!」


・「この中で危険人物」

全員、小島。
小島「僕」

文一「揃ったよ!」
小島「揃いましたね」ww
文一「危険人物やわ!もう先生大変!!!」

文一「全員の答えも揃ったしこれでOKとしましょう!」
イェーイ!といった感じに腕突き上げてぐるぐる回す小島(よくやるやつ)


オチ
文一「小島の危険行為で、みんな卒業できません」
頭抱える小島。

*1:必死に回そうとしての結果だったためか、交代させられ悔しそうにも見えた。

*2:ちなみに10日夜公演MCより文一談、上手く仕切れずグダグダになったことに対して公演後皆に謝り、夜公演でリベンジさせてほしいと自ら願い出た。その結果夜公演で先生役をやらせてもらった。

*3:雑誌より…失言してしまったことで公演中に舞台袖で泣いてしまった。

16/8/20~8/26

8/20昼

18日に消えかかったかな?と思った小島のニキビが復活してた。
大橋も左頬の上らへんにニキビが。


大晴「あのパーティーのときにタワシ使わんと皿洗ってたリチャード…」
正門がシャンプーしだす。頭に液体つけてゴシゴシしてるのを見て小島もゴシゴシしだす。


ハイホー
奥村を2回どついて押し倒す。

康二に焚き火に手を押し当てられて、「手がァアアア」みたいに自分の手を見つめて揺らしてる大橋。

葉っぱ隊
出てきた二人(なんかやってた)に向かって康二「おもんないショートコントすんなよ!」に爆笑してる小島。

康二「乳首ちっちゃ!」で手でちっちゃい乳首作って、腕を前に出して手の穴を覗いてる小島。

すれ違い様に大西にハイホーの動きされて笑う小島。

川北「コォーーーーー」康二を止めたあとエドはるみのマネをしたのを見て、吉岡に向かって「コォーー」とする小島。それを見てめっちゃ笑う吉岡。


大橋リチャ朝田のシーン、暗転してるときリチャにチューしようとする大橋。

大声で叫ぶリチャ
リチャ「Mステ出たーーーい!」朝田と一緒にユーユーユーのとこの腕を前後に動かす振りをする大橋。



オーディション
振付け師 晴太郎

鎖骨部分に赤いペンでおっきめの♡を書いてきてる気持ち悪いww

cdcg
超脱力。街角で瞳閉じてのて、とで、のとこだけニヤッとして止まる。最後、足広げて腰屈めて裏ピースする決めポーズ。

椅子に座る前に靴を脱ぐ晴太郎。
龍太「いやここ畳ちゃうねんから!」


・1組目 正門赤名吉岡
赤名、出てきてすぐにチャック開いてるのに気づいてすごい照れながらあげたww

龍太「ミュージックスタート!」
3人「待てーーーい」声低い

吉岡「3人でコントやらしてください」


「「どーもーー!!!」」
「赤名です!」「吉岡です!」「正門です!」「「お願いします」」
「年代別ショートコント。好きなブランド」
赤名「小学生」吉岡「JK」正門「おばはん」
赤名「タカラトミー!」
吉岡「ローリーズファーム♡」
正門「やっぱりドモホルンリンクルッッ」

「探し物」
赤名「小学生」吉岡「JK」正門「おばはん」
赤名「あれ10円ガムの当たり券無い~!」
吉岡「Wi-Fiない!Wi-Fiない!Wi-Fiどこ!?」
正門「ちょっとあんた回覧板どこおいたんよ!?」

「後悔」
赤名「小学生」吉岡「JK」正門「おばはん」
赤名「あ、宿題まだやってへんー!」
吉岡「もっと早くからテスト勉強しとけばよかった~」
正門「あー旦那選ぶの間違えたわっ!」


判定×で床蹴って悔しがる晴太郎。態度悪い。

晴太郎が勝手に吉岡に手を振る。
龍太に顔見られ、晴太郎「誰がハリー・ポッターや!」丸メガネかけてる
龍太「誰も言うてへん!」ww


・2組目 16年組

後ろに行ってから、正門が赤名に向かって自分のチャックを上げる振りをして茶化す。

タロウくんがムーンウォーク披露。
タロウ、めっちゃ長い距離ムーンウォークしてそのまま袖まで行っちゃう。
龍太「いやどこまで行くねん!」
正門が赤名に向かって袖に手を差し出してどうぞどうぞして捌けてってくださいってする。楽しそう。
おもむろにポケモンgoのシュッシュしだす正門赤名。
正門、ボール投げるときに「ポーン」って言ってる。かわいい。
赤名のほっペたビンタする正門。ずっとわちゃわちゃしてる。


・3組目 大西畑
大西畑のコント中寝る晴太郎。拍手の手がからぶる。

西畑が捌けてくときにお手振りする正門よ。

正門ひとりだけ座る姿勢があぐらww(他は体育座り)


オーディション中なんっ回も龍太に近寄っては「近いねん💢」と怒られる晴太郎。


cdcg
コニーに爆笑する正門。



星をさがそう
赤名に差し出した手を握ってもらえず、「ええ!??」って笑っちゃったまま♪どんなときも~
と歌い出す大晴がすごくかわいかった。

吉岡とは握手。握手した手を揺らしてから離す。




battle
真鳥今江 サビの途中で抱き合うくらい顔近づいて今江ニヤニヤ
頭掴むところ、真鳥に両手でがっしり掴まれそうになった手を掴んで下ろし、また真鳥が掴もうとしたらその手をまた今江が掴んで降り下ろし、っていうのを短い時間の中でわっちゃわちゃわっちゃわちゃ今江がニヤニヤしながらやってた………

5W1H
大橋めっちゃ丈の方見るけど今日は丈があまり大橋の方見てくれない
伊織とアイコンタクトにこにこ

アメフリ
小島サビはほぼ全部口ずさんでる

カモナ
小島、キーボード弾きながらショタの方見てめっちゃにこにこしてる。多分辻本(も小島の方見てた)とにこにこしてる。

吉岡、小島にファンサしてくれない。
恭平「アイラービュー」
を、袖の方に向かってにっこにこかわいい顔でちょっと茶化した感じで「アイラービュー?」って言う小島。(袖にいるのは長尾だと思うんだけど…)

brother
すれ違うとき吉岡から小島へ指差しファンサ

西畑道枝は走りながらリレーのバトンパスひたすらやる(銀メダル取った日)
道枝がもう西畑との絡みに慣れてきて普通ににこにこしてる

Funky4人が一列に縦にならんで踊るところで、後ろを向いている真鳥がなにか古謝に言ったか変顔したかで、古謝がめっちゃ笑った。古謝、「ないわー」だか「もうー」みたいなこと一言喋ってめっちゃ笑ってた。真鳥、前を向いたときには普通にかっこいい顔してた。

Funkyたちと康二のじゃんけんは康二だけチョキでひとり負け。大橋が康二(たぶんなにかしらのリアクションをとってた)を見てにやにや笑ってる。

小島に向かってめっちゃはしゃいで捌けてく晴太郎

Esper
小島に構ってくれる安定の古謝と今江
辻本やってくる。ふたりともニコニコ。
キーボードまわりを囲まれると小島がめっちゃ楽しそうな笑顔になる。
道枝も客席に背中向けて小島の方見てる。移動する前にグーサインだして、小島もグーサインしてふたりでニコニコ。
道枝恭平にちょっかいだしてすぐに逃げる。
晴太郎、小島の前で両手上げてめっちゃ飛びまくってる。小島、晴太郎が去ってから笑う。もう少し早く笑ってあげて。

鼓動
朝田ににこってするやつ

康二の挨拶中に、ニヤニヤしながらなんっ回もお互いの方を目線だけ動かしてチラ見してる丈橋。なにがあった…?







8/21夜

「千枚漬けでパックしてたリチャード…」
正門、顔全面に乗せれるタイプのシート状のパックをつまんで顔にはりつける。
小島、パック?て感じで小さいパックを顔にはりつけていく。はりつける勢いが激しい。

リチャへのムチャブリ、永野
永野の構えのポーズ?両手の拳を身体の前に持ってきて揺らすやつ、をやる小島。

大西「こんなムチャブリをできるのもリチャードしかおらんからな」
リチャ「俺はムチャブリせんけどな」
大西が間違えたのに小島笑う。

ハイといったら
ハイと手を出しあう吉岡小島
ハイホーイントロあたりでずっとハイホーハイホーお互いにやりあってる。

ハイホー
奥村を5歩くらい横に押していく小島。
焚き火に手を当てる康二大橋。康二が寝そう?になってるのを笑いながらおーいってする大橋。

葉っぱ隊
胸を合わせてごっつんこする恭平長尾を見て、二人で駆け寄ってうぇ~いと胸合わせて真似する吉岡小島。

長尾「履き心地よすぎて他のパンツ履けれへんわ」
吉岡見ながらパンツを履く(上にあげる)振りをする小島。
康二「恭平乳首ちっちゃ!」
ちっさく輪っかを作る小島。
康二「兄ちゃんの乳首はでかいぞ!」
手で丸を作ってでかい乳首つくる吉岡とそれを見て同じくでかい乳首つくる小島ww

康二が葉っぱパンツに履き替えるべく捌けようとするのを止める川北ブタがボルトのポーズをする。それを見た小島、赤名に向かってボルトのポーズをしてアピールする。笑う赤名。

ハイホーの歌に入るとき川北ブタのフードの豚鼻を人さし指でつつく大橋。



オーディション
振付け師 柊和
下のジャージをロールアップしてて太もも見えてる。
cdcg終わり、ちびたちを捌けさせてからそそくさと
柊和「はい!」
バク転バク宙する。
柊和「龍太くん~」
立ってるところからそのままブリッジして「おはようございます」を言うはずが、盛大に頭を床に打ちつけたwwww鈍い音した。
龍太「ッハー!アーッハハハハハ!!!」おもしろすぎて笑い止まらない龍太
龍太「お前大丈夫か!?ww」
そのままブリッジしたまま龍太の方まで移動する柊和にまた龍太のゲラが止まらない
柊和「大丈夫です笑」


・1組目 小島風
「ミュージックスタート!」
島風雅「ストップストップストップストップ!」
小島「僕たちコントをやりにきました。」
風雅「コントやりたいです」\かわいい…/
龍太が今はコントやる時間じゃない的なことを言うと、
コニー「やらしたげたらいいんだよぉ…」
コニーが喋ると笑う小島。

(コントはニュアンスで)
「「どーもー」」
「大西風雅です」「小島健です」
「ショートコント、聖徳太子(風雅)と小野妹子(小島)」
小島「よーしサッカーして遊ぼーっと」「PKしてたらオナラ出てさ~!ヘヘ~アハアハハハ!!」妹子超バカっぽい
風雅「おい妹子」
小島「はい聖徳太子様」立て膝ついて聖徳太子に仕える妹子(基本姿勢これ)
風雅「今度お前を中国に行くことを命ずる」
小島「え、いやっす」
風雅「行け」
小島「足が痛くて…」足をさする小島
風雅「いやさっきサッカーやってたやん」
小島「やってないっす」
風雅「ちょっとかっこよくターンしてみてや」
小島「ターンですね、わかりましたっ!」小島一回転ターン
風雅「(すかさず)怪我してないやん」小島の右膝ペチンッと叩きながらつっこむww
風雅「中国行けよ」
小島「いやっす」
風雅「じゃあ刀取って」
小島「唐突…(ボソッ)」
風雅「あ、取れた。」
風雅「やーーー!」刀ふりおろす
小島「真剣白羽取りぃーーーーー!!!」
真剣白羽取り(トロくて全然刀掴めてない)かいくぐって小島を切りつける風雅
小島「アーーーアーーー」
風雅「あ、もしもし?え?妹子中国行かんでも良いって?あわかった~」
風雅「妹子中国行かんでもええって」
小島「いやその前に出血多量で死亡ー\(^o^)/ブシャーーー!!!」
「どうも、ありがとうございました」

めっちゃテンポ早い。小島(妹子)がただひたすらにアホで、風雅(聖徳太子)が今風な言葉でマジレスツッコミするやつ。

判定がまさかの○
ガッツポーズする風雅を見てニコニコする小島。


・2組目 16年組
後ろに下がった小島と風雅がハイタッチ。かわいすぎ。

トアくんボイパ披露
ボイパ披露してるとき風雅と小島が顔見合わせてニコニコ。身長差…

ちょいちょい小島風雅見つめあってニコニコするし風雅が小島になついてるし小島も風雅に話しかけたりニコニコだし…

龍太が新しい子たちも頑張ってるから名前覚えてあげてね
って言ったところでお辞儀する小島。


途中コニーに向かって
龍太「うっさいわジジイ!」ww

しばらく進行してから
龍太「コニーさん!」コニーをたしなめようとする龍太に
コニー「触るなクソ野郎!」根に持ってるwwww
また触ろうとした龍太に
コニー「触んなクソ野郎!!」
小島めっちゃ笑ってる。


cdcg
ちびたちが出てくるとき、目の前を通った奥村に腹パンチ入れる小島。
cdcg踊ってる最中に前にいる道枝が後ろ振り向いて小島見てる。



星をさがそう
握手する小島吉岡。そのまま手を離さないまま、吉岡が小島の手の甲をなでなでしてる…。

AnotherTomorrow前
小島のフードを取って頭に被せる晴太郎。すぐに直す小島。

今江とにこにこにーの手をお互いにして両手の人さし指と小指をこつんとあわせる小島。

辻本の肩をぽんとする小島。

康二「コジマは無理!」
のあと、丈とペコリ会釈する小島。

AnotherTomorrow
晴太郎と吉岡の謎の立ち位置入れ替り有り


Battle
真鳥今江 頭掴むところまでは今江があまりニヤニヤしてなかったけど、そのシーンでは今江、にこにこにーの手を両手で頭の上でする。そのあとわちゃわちゃになって真鳥と抱き合う…

5W1H
丈橋ニコニコアイコンタクト。
階段を上った後西畑におでこ触られそうになり笑いながらやめろってする大橋。
曲終わって階段降りる前にすごい顔柔らかくくしゃってさせて笑う。

カモナ
サビまでの間でショタ組(一番近いところにいるし辻本くんだと思う)見てすっごいふにゃふにゃで笑ってる小島。笑ってる顔が死ぬほどかわいい。

吉岡、小島にファンサくれない。(小島は一応吉岡の方見てる)

それまでもよく右の方を見てたけど、サビあたりくらいからしきりに右を見る。右袖を見ながら「行ける!行ける行ける!」的な感じで楽しそうに何かを誰かと喋ってる感じ。(その後そこから出てくるのは長尾だから長尾と何かしてるのかもしれない)

Brother
ついに道枝の方が西畑の腰に後ろから手を回して抱きついて、西畑を横にゆらゆら揺らす。

西畑、片手あげる。次に道枝、片手あげる。その後ふたりでお辞儀する。漫才のはじめの挨拶してる(笑)で、ポケモンGOの指スライドシュッシュッしだす。道枝が西畑にシュッしてるとき、西畑両腕あげて変顔してモンスターやってる。
変わって西畑がシュッシュッしだす。道枝モンスターやる。(わりと真顔の)

ジャンケン
康二パー
大橋リチャグー
真鳥古謝チョキ
あいこですね。大橋、グーを出した時康二(後ろ向いてる)の顔を見てから後ろ振り向いて真鳥古謝の手を確認する。

Esper
道枝やってくる。
小島の右隣(もはやキーボードの前に立っちゃってる)で古謝がこいつこいつ、な感じでずっと指差しし続けてくれる。
左隣には奥村が立っててずっとリズムにあわせて頷きながら前向いてニコニコしてる。
今江やって来てぴょんぴょんしてる。
道枝またやってくる。小島、道枝に向かって「アーーーーー」叫ぶ。(BAD BOYSのときみたいなオラオラ顔で)(怖いよそれ)
晴太郎がキーボードの前でアホみたいに飛びまくってるの見て笑う小島。
伊織と大谷が胸を叩きあってすっげーじゃれてる。

鼓動
康二と楽しそうに一言やり取りする大橋。
朝田にフッと笑う小島。







8/22

「パーティーでタワシ使わんと皿洗ってたリチャード…」
頭にシャンプーの液を垂らしてごしごししだす正門。それを見てお互いに首をかしげながら頭にシャンプーの液垂らしてごしごしする小島正門。


ハイホー
奥村を突き飛ばさず立ち位置まで誘導してあげる小島。

康二に焚き火に手をガシッと入れられてアァアア(手がぁああ)ってなってる大橋。

葉っぱ隊
恭平長尾が胸ごっつんこするの見て、「うぇ~~い」言いながら胸をごっつんこさせる吉岡小島。
そのあとうぇ~~いって小島よしおをやる2人。楽しそうだね。
葉っぱ隊出てきたとき木箱に座ってた大晴が赤名に突き飛ばされて、床に寝そべり葉っぱのパンツの中を覗こうとする。

長尾「この葉っぱパンツがこんなに似合う二人組他におらへんで」
に「いやいや、俺」と自分を指差す小島。自信あんのな。
康二「いやケンブリッジ(リチャ)がおるで!」
に爆笑する小島。


オーディション
振付け師 大晴
cdcgで途中腕広げて静止したり、要所要所で叫んだりいつも通りのうるささ。
大晴「世界へ、羽ばたくのよ~~んっ!、、ウッソよーーーーーん!!!」うぜぇww

机のとこまで向かうときに
大晴「龍太くん、鹿って10回言って?」
龍太「シカシカシカシカ…シカ」鹿10回言ってるときに体クネクネさせてリズム取りだす大晴。
大晴「クリスマスにサンタが乗るのって、なーんだっ?」
龍太「え、鹿?」
大晴「!!!wwえ?ww」
龍太「え鹿じゃないん!?」
大晴「そこはトナカイって言って、「ソリでしたァ!!!」って言うとこぉーーー!!!!!」
オネェ大晴、龍太の予想外の発言にびっくりして素の大晴が混じっちゃう笑


・1組目 恭平(ローラー)長尾(スケボー)
恭平「俺らスケボーとローラースケートしに来たからやらしてや」
龍太「いやなんで急にタメ語なん!?」

長尾と恭平が各々スケボーとローラーを披露(特に何かするわけでもなく普通にすべる)
龍太「いやここ日曜の公園ちゃうからな!??」
大晴が座ってるコロコロがついた椅子のコロコロをいじりだして(ストッパーはずしたのかな?)コロコロ椅子ですべりだす。
大晴「これローラースケートもスケボーもいけるのよぉ~~~♡」コロコロ椅子ですべってる。
龍太「いいから戻っとけド変態💢」
ド変態と言われ、ハッとした顔をしてレオタードを片方オフショルにする大晴ww
龍太「(チラ見して)すいませんねえ~汚いもの見せてぇ~」オフショル直される。
龍太「ってコニーさんもせんでええから!」コニーもワイシャツのボタン外して脱ごうとしてた笑


・2組目 16年組
ルウクくん ロックダンスを披露
ロックダンスの音楽に合わせて勝手に椅子に座ったままロックダンス踊ってる大晴。動きうるせぇ。

コニー「ルウク、ルウク、、ルウクを見る、ルックミー!」
大晴手足バンバンしてアホな猿みたいにバカ笑い。

龍太「がんばってるので皆さん名前覚えてくださいね~」
小指どうしで拍手する大晴。


・3組目 大西
大西が語っているときオネェみたいに顔を手で隠して「あらヤダ(泣)」みたいなリアクションとる大晴。

ところどころ茶々を入れるコニーに龍太「うっさいねんジジイ!」
(。>д<)←こんな顔して泣き出すコニーかわいいな。

途中BGMのピアノにあわせて机の上でピアノ弾きだす大晴。気づいた龍太にデコ叩かれるww

大西を抱き締めるために立ち上がるコニー「今日はちゃんと靴履いてきたから…」左右で違う靴(白と黒)を履いてる。
気づいた龍太「ヒァーーーwwwwアーーーwwww」笑い止まらない。笑う龍太につられて大晴も素で笑っちゃう。

cdcg
大晴が片腕あげて腰クネクネクネクネさせて踊るのを見て龍太もちょっと乗っかって一緒にクネクネ踊るも、すぐに袖に突き飛ばされる大晴。
コニーが長尾のスケボーをえっちらおっちら後ろの方で乗り回してる。


星をさがそう
階段ですれ違うところ、晴太郎とは普通に握手。吉岡の肩掛けジャケットの袖をつかむ小島。その後差し出された吉岡の手は無視する。
大晴が赤名にしきりに握手を求めるも握手してあげない赤名。

階段降りてから柊和晴太郎のところに行き、柊和の頭をわしゃわしゃする吉岡。吉岡に頭わしゃわしゃ柊和がやり返そうとしたらすぐに逃げる。頭わしゃわしゃされた柊和の髪型が崩れてて、それを見て笑う晴太郎。

晴太郎に肩をぐっと掴まれる小島(特にリアクション無し)


大谷に手をつかまれてぶんぶん揺らされる大晴。
晴太郎に階段の上に連れていかれそうになり苦笑いの楽。
今江とにこにーの手で両手つきあわせる。

康二「コジマは無理ー!」
丈とペコッて会釈しあう。そのあと丈「誰?」小島「あれ?コージ。」丈「お前は?」小島「ふふっ。コジマ笑」のやり取り


AnotherTomorrow
正門とアイコンタクト取ってすごくにこってする小島。
やたらとパーカーの左を持って直す小島。



ネクス
大橋、晴太郎とアイコンタクト取ってニコニコ(いつもしてる)

Battle
真鳥今江 頭つかみあうところの前のとこでなんかやるぞやるぞ感をものすごく出してる。今江が真鳥にペコリとお辞儀する。そのあと今江の頭に回された手がそのまま降りてきて2人でわっちゃわちゃ抱き合う。

5W1H
階段上ったあと、西畑が変な動きしてるを見て頭叩く大橋。

カモナ
サビまでの間ちびたちを見てめっちゃふにゃふにゃ笑ってる小島。
恭平のセリフのところ、吉岡から小島へのファンサ無し。
アメフリやカモナでやたらと袖の方(小島から見て右手の方)を見る。

カナシミブルー
小島、袖の方見て口がなにかしゃべってる感じで動いてる。前(鍵盤)の方向いてからもなにか少ししゃべった。(誰もいないのに独り言言ってるんだとしたら怖い………)

Brother
吉岡とすれ違うところ、投げチューされる小島。ファンサされて表情一切変えない逆塩対応の小島。吉岡笑ってる。
その後またすれ違ったときに歌詞を口ずさみながら小島の方を見る吉岡(健気だな)

曲終わり後ろの正門の方をガッツリ見てる大橋。正門と何か話してる。大橋が変顔でもしてたのか?正門「もういい(笑)」な感じで笑ってる。楽しそう。

ジャンケン、康二大橋がグーで真鳥古謝リチャはパー。
後ろ向いて確認して負けた…!な感じ?で康二を見る大橋。

BADBOYS
正門と吉岡とニコニコする。

Esper
古謝と奥村が来てくれる(21夜と同じ感じ)
今江と道枝が同じタイミングで来てぴょんぴょんぴょんぴょんはねるのを見て、アーーーって叫んだりすごいニコニコ嬉しそうに笑う小島。そのあと前を振り向いた道枝がすごい楽しそうに笑ってた。
晴太郎両手両足ガチャガチャさせてキーボードの前でとびはねるのに、小島苦笑い。

鼓動
朝田にニコッてする小島。
最後康二の挨拶の時ちらっちら丈橋がにやにやお互いをチラ見してる。







8/23昼

大晴「あのパーティーのとき、頭の中に鳥飼ってたリチャード…」
正門と頭を指差して中?中?みたいにしてる小島。そのあと正門に向かって腕パタパタさせる。←鳥

ハイホー前
隣の正門の二の腕ペチンッてして、正門に見られてごめんっ!て謝る赤名。

ハイホー
川北ブタのフードをゆさゆさ揺らす大橋。

葉っぱ隊
康二「恭平乳首ちっちゃ!」で、ちっこい乳首ふたつ作ってお互いに見せあう吉岡小島。


無線機
大橋「俺、機械めっちゃ得意やから任せて!」
康二?「大丈夫か?」
大橋「だってこのデコの広さ見てわからんか!?」前髪がっつり上げておでこ全開にする大橋。どうした!?笑



オーディション
振付け師 晴太郎

cdcg出てきた時からお腹に何か詰めててヘソのところがめっちゃつきだしてる。
適当に踊りながら、キリのいいところで静止してニヤリと笑う。

曲終わり
変な動きしてから晴太郎「いや、ティラノサウルスかよ!」
龍太「・・・。」
晴太郎「気をつけ、礼ー!おはよーございまーす!」

晴「あ、室おはよー。」後ろから龍太に近寄って、ていっ、と頭つつく。
座ってすぐに龍太に顔近づける。近い。


・1組目 道枝辻本
2人「ストップ!」
龍太「え?なんて?」
道枝「英語で言ったんですよエスティーオーピーストップって」みたいな流れがあったはず…

コントやりたいと言う2人に、オーディションだから歌えよっていういつものくだりで、コニー「やらせてあげようよぉ…」などと道枝贔屓が。

(以下ニュアンス)
「「どうもー!!」」
道枝「道枝駿佑です!」
辻本「辻本良です!」
「「よろしくお願いします」」
道枝「コント、アイスクリーム屋さん」
道枝「あー、ここアイスクリーム屋さんかな、でも俺英語わかるし入ってみよっと。ウィーン(自動ドア)」
辻本「・・・いらっしゃいませー!」
道枝「って遅いねん!なんで?もっと早く言ってよ!」
辻本「今低速になってて…」
道枝「低速ってスマホかよ!」
辻本「スマホといえば、こちら当店イチオシのスマホクリームになります。」
道枝「え?スマホクリームってなんなん?」
辻本「こちらスマホにただ生クリームをかけただけのものになっております。食べれば機械の味がしますよ~」
道枝「ってそんなもん食べれるか!は?アイスじゃないん?」
辻本「YES!I SCREAM♪」普通に良い声で歌うなww
道枝「なんか聞いたことあるなそれ。えっと、ストロベリーアイスください。」
辻本、どんどん腰かがめていってめっちゃ長いソフトクリーム作る。
辻本「できました!って、長っ!」
道枝「ありがとう。あ、美味しいわ!これ美味しかったからまた夜に来よっと。」
辻本「まさにアイスクリームナイトですね」
道枝「ってお前ちょいちょいキスマイの曲入りすぎ!キスマイ好きなん?」
辻本「いや俺が好きなのはジャニーズWESTの重岡くん。」
道枝「ってキスマイじゃないんかい!もうええわ!」
「「ありがとうございました!」」


晴太郎何かする。
龍太「ってお前誰やねん!そんでお前出すなよ💢」
レオタードをオフショルにしだす晴太郎の肩を直す。
晴太郎、龍太の肩もずり下ろそうとする。龍太にビンタされる。

判定が○
ハイタッチして、そのまま両手繋いでイエーイって喜んでる(かわいい)

龍太「お前道枝おるからやろ!?」コニー、道枝に激甘。


・2組目 16年組
登場時、いつも中途半端な盛り上がり方だなと言われてたからか声めっちゃだして騒ぐ新人の子達
龍太「声だけ出せばいいんじゃないからね~」笑

コタロウくんが、テニスボールをラケットで床にポンポンしたり頭でリフティング?したりする。

コニー、立ちあがり同じことしようとして失敗する。「クソッ」みたいにテニスラケット投げ捨てる。

晴太郎、拍手する手が噛み合わない。
龍太「うるさいお前!!!💢」

ちょいちょい下手の客にチッスな感じで勝手に手振ってる。


・3組目 長尾
書道持ってくる。長尾に嬉しそうに手を振る晴太郎。
長尾「この前出てきたときに初段って言ってたんですけど、家に帰って調べた結果、2段だったんですよ。」
おもむろに賞状見せてくる(長尾謙杜殿とか書いてある感じのマジもんの賞状ww)

ひとつめの作品「世界のコニー」縦長の半紙
コニー「そんなに上手くないね。」おいww

ふたつめの作品
長尾「最近、お気に入りの人を書いてきました。誕生日もお祝いしてもらってすごく気に入ってる…」
「草間リチャード敬太」の文字と、その下にリチャの似顔絵がかいてある。
コニー「それもはや書道じゃないね!」

判定×
床蹴って怒る晴太郎。


・4組目 大西
大西が語るところ
龍太「待ちたまえ。」
コニー「待ちたまえぇ…」
晴太郎「待ちたまえ…」

龍太「・・・。」

龍太「こっちに来なさい。」
コニー「こっちに来なさい…」
晴太郎「こっちn」
龍太「うっさいジジイ!!!💢」しんどww
晴太郎が拗ねて床見てる。

大西を抱き締めるために立ち上がるコニー。よろけてる。
龍太「大丈夫か?」
コニー「大丈夫。皇潤飲んでるから…」
龍太「アッハハハハハwwwwww」


cdcg
後ろでテニスラケット持ってたコニー。曲終わりにコタロウ君が回収していっちゃう。
コニー「(テニス)これからやろうと思ってたのにアドリブがきかないなあ!!!」ww



星をさがそう
晴太郎吉岡とは普通に握手した。


出航
康二「いやコジマは無理!」
丈に話しかけられて、いつもの「あれはコージ、俺はコジマ」のやり取りじゃない感じで会話してて、♪波のきらめきが~ って曲始まってからも丈に話しかけてる。早よ踊れやww

朝田と向かい合うはじめの方でめっちゃ距離近い大橋。



5W1H
西畑、大橋に向かってデコだしてうぇ~いってしてくる。
大橋、笑いながら西畑のデコをペチンッと叩く。

battle
真鳥今江
真鳥が自分の被ってたキャップを今江に被せる。今江すんって立ったまま被らされてるのが…
そのあと頭撫でられる今江。

カモナ
サビまでの時間でちびたち見てやっぱりめっちゃ笑ってる。
恭平のセリフのところで、吉岡からのファンサ無し。ファンサ無いけど一応その時吉岡の方見てるしそこが終わってからもちらっと吉岡の方見る。

brother
西畑、道枝の頬っぺたをぺちぺちビンタ。そのあと道枝も西畑の頬っぺたをぺちぺち。

すれ違うところ、吉岡が小島にピース。小島スルー。

西畑、道枝の顔を後ろからつまんでむにゃむにゃさせる。

ジャンケン
大橋リチャ→グー
康二真鳥古謝→チョキ

最後後ろの正門の方向いて正門を笑わせる大橋。正門笑いこらえきれず何回か笑っちゃってた。

Esper
出てきてすぐ正門とニコニコする大橋。
正門に向かって多分「汗wwww」って言って笑う。

道枝とお手手あわせる小島かわいい。
古謝がずーっとこいつこいつ、な感じで隣から小島をアピールしてる。あれ、誕生日かな?(違う)

ぴょんぴょんとびはねる今江と道枝たちが一気に来てめっちゃニコニコになる。

晴太郎が振付け師の時みたいなちっさくとびはねる感じでキーボードの前で飛んでるのを見て首をかしげる小島。そして晴が後ろに去ってから笑う。


鼓動
康二がなんか言って、大橋「ゆってない!」なに話してんだろほんと。

朝田と一言くらい会話してめっちゃ笑った。

最後、曲がピアノの音で終わるとき、一人だけお辞儀してる格好になるのかっこよい。









8/23夜

波を歌ってるとき、小島の前にひらひらとどこからか白い小さな紙が1枚だけ舞ってきて、それを目で追ってニコニコしているのがただの天使。

ペットボトルのシーン
小島「笑わすなや」微妙にセリフ変わった。

大晴「パーティーのときにかけてた眼鏡のレンズが千枚漬だったリチャード…」
ぴたぴた両目に千枚漬け貼り付けるのを正門に見せる小島。

康二「リチャならかっこいいいないいないばあができるはずや!」
リチャ「いないいなーい、バア(イケボ)」
小島爆笑。


ハイホー
曲の始まったときに吉岡がいないいないばあを小島にやる。笑う小島。
奥村を立ち位置までどうぞどうぞ案内してあげる小島。

川北に鼻を人差し指でツンと触られる大橋。

葉っぱ隊
胸をうぇ~い合わせる小島吉岡。たのしそー。

長尾「このパンツ履いた俺らならM1出て優勝できそうやわ」
康二「それは無理や!」
手で×つくる小島。


ヤシの実のアドリブで「はいはいはいあ~ヤシの実~♪ヤシの実~♪」とノリノリで歌いだした末澤に道枝が舌をペロッとさせながら久しぶり笑った。


小島「お前、俺を一番嫌ってたお前が助けに来てくれるなんて」なんかめっちゃスムーズに言ってて上手かった


小島「あー、もう無理ー!」で頭わしゃわしゃしたあと一時停止する時間があってから階段降りてく、し、階段降りるの遅い。

リチャ「大橋めっちゃデコ広いー!」
大橋笑いながら「それ偉い人さんにも言われる!」



オーディション
振付け師 柊和

cdcg
街角で、瞳閉じて、でターンし終わったタイミングで下のジャージを片足ずつまくりあげて太股丈にする。笑いながら。

曲終わり、
クロバットしてから机のとこまで向かうとき、横向きブリッジみたいな、身体ひねらせて進んでいく感じの動き(すごいし、気持ち悪い)していく。


・1組目 今江朝田
龍太「お名前は?」
今江「なまえいまえ」
龍太「は?名前は?」
今江「なまえいまえ」
龍太「ちゃんと言えや」
今江「いまえだいちです。」声ひっくww
ちなみになまえいまえって今江がふざけた声で真顔棒立ちで言ってるときずっと朝田ニヤニヤしてる。

朝田「あさだじゅんやー!だいち推しでーす!」
今江、胸に手当てて照れとる。
二人でハイタッチからの、タッチされた勢いそのままに今江くるっと一回転。それ見て笑う朝田。

今江「ネタやりたい。」
ふくらはぎ掻いてる(普通にかゆかったっぽい)朝田。

とりあえずずっっと朝田がニコニコ(ニヤニヤ)して照れてるし俺の大地に突っ込んだりボディタッチしてる。いちゃつきがひどい。

(以下ニュアンス)
「「どーもー!」」
「いまえだいちです!」「あさだじゅんやです!」
今江「子供っていいよな~」
朝田「いきなりどうしたん!?」
今江「純粋やし~♡かわいいし~♡ワガママやけど。」最後だけ声ひっくい
朝田「いや最後おかしいやん!」
今江「子供の頃なつかしいなあ~」「ふぁんふぁんふぁんふぁああ~~ん」回想シーンに入るときの効果音ww
朝田「ピンポーン!だいちくーーーん!あそぼーーー!」
今江「いやそれ隣の家や。」
朝田「そんな細かいのいらんねん!」
今江「細かいとこまでやろって言ったやん」
朝田「いやそれ楽屋で言ってたやつ笑」
朝田「だいちくーん!あそぼー?」
今江「なぁーーーにぃーーー?」
下からくぐり抜けて来たみたいな動きして出てくる
朝田「ってお前それどっから出てきてんねん!」
今江「だいち専用入り口!いや俺ちっちゃいから」

朝田「だいちくんあーーそーーぼーー?」
今江「ママに聞いてくる!」「ねえねえママー!じゅんやくんと遊んでもいいー?」
今江「ダ メ で す。」だから声低いww
今江「いいってー!」
朝田「いや今ダメって!」
今江「公園で競争しよー!ちょっと!邪魔せんでな!邪魔せんでな!邪魔せんで…(腕を振り払いながら走る)・・・って…ママ…!!!」
朝田「もーえーわ!」
「「ありがとうございました!」」

コント終わりに今江の肩とんとんして、ハイタッチしてまた今江くるっと一回転。
終始バカっぽいしゃべり方で超かわいい。

判定が×で「ま、えっか!」
今江「じゃあバイバーーイ!」
捌ける朝田に手を振る今江。後ろに下がって真顔棒立ちで立つww
龍太「おとなしく後ろで待っといてや?」
今江「はいっ。」


・2組目 16年組

コニーのボケとかタロウくんのマイケルとかにいちいち拍手してる今江かわいい。


なにかのときに
コニー「龍太くんは、不合格!」
♪ちゃらららららーん(不合格のときの効果音流れる)
龍太「(後ろのスタッフに)なに音ならしとんねん💢」ww

今江の座り方、膝立ち→正座で手が膝の上で座ってる。


cdcg
今江、マイケルのときの黒い帽子持ってわりとキレキレで踊る。

cdcg終わり、道枝にぶつかられてころころステージ前方ギリギリまで転がっていきスタッと最前の客を見て「コニーです」に龍太が爆笑。




星をさがそう
晴太郎が小島の首らへんを後ろからペシッと叩く。

吉岡、小島に右手を差し出す。小島、無視する。次に吉岡左手を出し、小島が握ろうとしたら吉岡手を引っ込めた。はいはい。




ネクス
龍太が台宙するところあたりで、晴太郎の方見てにこにこしてる大橋

battle
いつも康二組が出てきたときにしゃがんでる朝田が今江の方見て、そのあと目があった今江がニヤニヤしだす。

頭掴む前のときにチューするくらい顔を近づけて、
戦いに飢えているかのところで今江前を向いて頭の上でにこにこにーのポーズを取る。真鳥後ろから今江の頭を撫で回し真ん中に連れていく。
朝田は古謝をお姫様だっこして下手から真ん中に運んでる

アメフリ
袖みてにこにこ

カモナ
Bメロのとこめっちゃ笑ってる

吉岡客(前の方)向いて投げチュー

曲の終盤に袖の方見て「がんばって!」って言ってる。長尾か…?

brother
道枝と抱き合ってむぎゅむぎゅ

セットが回転してすれ違うところ、吉岡から投げチュー。小島、真顔で手を顔の前に差し出す(投げチュー?)吉岡、また小島に投げチュー。小島スルー。

西畑が道枝をおんぶしてゆらゆらゆれてる

ジャンケン
康二大橋リチャ→グー
真鳥古謝→チョキ 負けた二人がえっ?てなってる

曲終わり、暗転時に後ろにいる正門の方向いて笑わせにかかってるらしき大橋。正門笑いこらえながら「キーモーい」と言う。

Esper
小島のところに、
古謝、道枝、奥村やってきてにこにこ
道枝と今江にはさまれてぴょんぴょんされてめっちゃ笑ってる
康二が来て小島の方向いてキーボードエアーで弾いて去ってく

最後イエーーイのときに大橋と朝田がナンバーワンのポーズを客に背を向けてやってる。

鼓動
康二と話したあともしつこく康二に話しかけてる。フゥ~みたいに息吹きかけたっぽくって勝手に笑ってる大橋。

後ろ向いてる朝田に普通にえ?みたいに3言くらい話しかけてる小島笑

最後、曲終わって挨拶に入るときのBGM(じゃーんじゃーんじゃーん)のじゃーんにあわせて2回リズムとって頷いて、最後のじゃーんで隣の丈の方をぐいっと向く。丈ちょっと笑ってるけどスルー笑









8/24

大晴「マスクの代わりに千枚漬けしてたリチャード…」

正門がマスクをつける動きを小島にすると、小島「ちゃうちゃう」と両方の鼻の穴にティッシュをつめてからマスクをする。

康二「400m銀メダルおめでとう!」←リチャにケンブリッジ選手のこと
おめでとうで小島リチャに向かってお辞儀ぺこり 笑


ハイホー
大橋、川北(ぶた)と自分をニコニコ交互に指差す。(仲間意識?笑)そのあと川北に鼻ちょんっと触られる。

葉っぱ隊
吉岡が小島(前向いて立ってる)に駆け寄って横からうぇーいと胸をごっつんこしてくる。小島塩対応。

捌けようとする康二を止めた川北「ゲッツ」
腰のあたりで地味にゲッツする小島。


小島「あー日本に帰りたいー!」
あーーって頭を抱えた状態で暗転するけど、暗転して1秒くらいしてからアーー(/´△`\)の顔から手を下ろしてすんっと真顔になって階段降りていく(しかも降り方が小島っぽい)からおもしろい。


リチャ「二つ言います!龍太くんと今日ジャニ勉に出演しますーーー!そしてもうひとつ、末澤誕生日おめでとうー!!!」
朝田と大橋がずっと手をパチパチ拍手しながら捌けてく。



オーディション
振付け師 大晴
両胸に何か詰めて出てくる。(後でわかるが紙コップだった。)なかなか強烈。

街角で 瞳閉じて
あたりでハァアア~ン♡な感じで左右に移動しながらお手振りして投げチューをする。

大晴「世界へ、はばたくのよぉ~ん!嘘よっ!♡」

大晴「ちょっとあなた、プリンスって10回言ってみて?」
龍太「プリンスプリンスプリンス…」プリンス言ってるリズムにあわせて人さし指動かしてやかましくリズムとる大晴。
大晴「じゃあシャンプーの後にかけるのはなーんだっ?」
龍太「…リンス?」
大晴「おっ湯でしたぁーー!バッカじゃないのぉーーー!?」うぜぇwww

席についてから、胸(紙コップ)をパンパン手のひらでしたり、胸の位置調節したりしてる。


・1組目 真鳥末澤
末澤「今日誕生日の末澤でーす!」
真鳥「同じく今日誕生日の真鳥でーす!」

龍太「パリピの方呼んでないんでー!」
♡サングラスしてチャラい2人

漫才のネタで真鳥がDJしてるときに、リズムにのってる大晴。
拍手は終始小指と小指を合わせるやつ。小指拍手めっちゃ楽しそうにしてる。

漫才のネタがまあまあ長くて、途中からコニーとコソコソ笑いながら話して「長い!」「長いー!」って手で長いってジェスチャーしてる龍太。

大晴、胸から紙コップ取り出して両目に当ててる(アホ)
そのあと何か叫んで(聞き取れず)、めっちゃスベった。
めっちゃスベって、大晴素で恥ずかしくなりしばらくの間足を広げて太股の間に顔を埋めてる。そのあと起き上がってめっちゃ恥ずかしそうに照れてる。

コニーの変顔にも素で笑っちゃう大晴(かわいい)


cdcg
出てきたとき道枝が後ろの辻本にニコニコ絡みに行く。

陸がよよいのよい、みたいな感じでずっと手をパパン、伸ばす、ってのを繰り返してて龍太が不思議な目で眺める。

コニーまた最前の客に「コニーです(ニコッ」と転がったあと話しかける。




小島「俺は敵の人数を数える。お前ら、見つかんなよ?」

しゃがんで、勢いよく右腕をぶん回しながらカチッと1回押す。そのあと静かにもう1回カチッとさせて2回しかカチカチしない小島。

小島「よーし、敵の人数は、2人や。」

島の戦士たちがわらわらっと出てくる。

赤名吉岡「「おい、全然ちゃうやんけ!」」
後ろに来た二人に両サイドから頭をどつかれるww


出航
晴太郎と握手。
吉岡と、優しくポンッとハイタッチ(萌える)

晴太郎に肩をぐいっとつかまれ嫌がる小島。


康二「いやコジマは無理!」
で丈に向かって「俺?コジマ」また聞かれたのか「俺、コジマ。コジマ。」ってニコニコしながら言ってて曲の出だし少し遅れる。

「コジマは無理!」で柊和と大晴が腹かかえてギャハハハハ!「コジマは、無理!」って復唱して手でおっきく×を作ってふたりで笑ってる。




ショータイム出てきて、小島の前髪の左寄りの真ん中らへんがぴょこっと前に上向きにはねちゃってるのがすごくかわいい。

ネクス
大橋、晴太郎とのアイコンタクト多い

battle
花道で康二が「フゥーーー!」な感じで末をアピール

古謝が花道→ステージに移動する時に小島にアイコンタクト取るから、小島めっちゃニコニコ。

朝田古謝 朝田のネクタイがジャケットから出てたのを直してあげる古謝。朝田が照れながら「すまん」みたいに手でやる。

真鳥今江 今江が正面を向いてにこにこにーをやってる後ろから今江の頭を撫でまわして、後ろからそのまま首もと?をホールドして真ん中まで行く。

真ん中に集まったところでリチャにお姫様だっこされてる末澤

カモナ
Bメロあたりで辻本くんがニコッて小島の方見て笑って踊ってるのを見て小島今日一のふにゃ笑顔(いつもすごい笑ってる)

吉岡恭平のセリフのとき誰にもファンサしない

カナシミブルー前に袖に向かってニコニコ話しかけてる小島

brother
階段を登る道枝、上に来たあと西畑に捕まるが後ろの康二の方見てる。(西畑気づいてない)ラブトライアングル…
西畑、後ろから抱きつき道枝のお腹をわしゃわしゃさする。

吉岡、すれ違うときに小島にニコニコ微笑んでる。(特に何もしない)

道枝の後ろから自分の赤いジャケットを着させる西畑。道枝サイズあってない大きめのジャケット着させられ、そのまま曲終わりまで戸惑って笑っちゃってたけど西畑のジャケット着たまま踊る。捌ける前に康二の黄色いジャケットも着させられてて「え?ww」みたいに後ろ(康二は捌ける方が逆)振り向きながら捌けてった。

ジャンケン
Funky4人グー
康二チョキ

暗転してから後ろの正門を笑わせにかかる大橋。正門めっちゃ笑いこらえてニヤニヤしたあと「キモイ」って言う。

Esper
出てきてから歌い出すまでの間くらい、ずっと大橋が横の末澤にリズムにあわせて指でアピール。

道枝と恭平が肩組ながら歌う

赤名の前を通るとき客に背を向けてがに股でドラムやりながら移動する大橋。

最後、横一列で並ぶところ、末澤を大橋たちが前に押し出してあげて、みんなでイエーーイ!ってやる。末澤両手あげて一人前で立ってる。最後「おめでとうーーー!」の一言で客もみんなでおめでとうを言う。

鼓動
たぶん
康二「?」
大橋「(ニコニコ)(笑)俺も」
康二「アホか」

朝田に話しかけられる小島
小島「眠い」(眠いとは言ってないかもだけど)みたいに口が動いてから笑う

最後康二の挨拶のときBGMのリズムにあわせて丈を見る。前の日も同じことやってたから、丈もこいつ来るなってわかってるようなニマニマした顔してた。(大橋はニコニコ笑ってる)







8/25

AnotherTomorrowで最初駆け足で出てくるところでルンルンにスキップしながら出てくる大橋。(26日もスキップしてた)


2回目の水を飲んだ後に康二に向かって「うんまっ」と嫌味っぽく言うやつ。


大晴「サングラスのレンズが千枚漬けになってたリチャード…」
正門小島、サングラスかけて、前が見えへん見えへんって手で顔の前を遮るジェスチャーをする。小島、サングラスに指を通してレンズ無い無いってする。


康二「本物のリチャードやったら、外国の視力検査ができるはずや」
リチャ「right、right、ライ…ライ…ライライライラララライ♪」藤崎マーケット(だっけ?)のネタをやりきる。恥ずかしくなりセットの後ろに完全に帰ったかと思ったら一周して横から出てきたww それ見て小島も大橋もめっちゃ笑ってる。


ハイホー
イントロで押忍!の動きしてる吉岡小島謎。

奥村を立ち位置までどうぞ、どうぞと誘導してあげるときに、めっちゃ笑ってる。

葉っぱ隊
吉岡小島胸をごっつんこさせるのがソフトタッチ気味。

長尾「このパンツ、いろんなとこ隠してくれててありがたいわ」
康二「でもそれリチャードやったら隠れへんけどな!」にめっちゃ笑う。


小島「船に乗って演奏してれば~」のセリフのところ、出てきてからスッと息を整えてるのか胸が上がる。



オーディション
振付け師 柊和

・1組目 大晴石澤大谷
出てきてのっけから動きがやかましい。(特にというか大晴やかましい)
大晴、大の字みたいに体広げて立ってる。晴太郎はポケットに両手つっこんでる。

龍太「はい、ミュージックスタート!」

「せーの、」「「ストーーーップ!」」
大晴が飛びながらストーップ!って前に出てきた。元気。

コニー「いいから早くやらしてあげなよぉ…」
その前からコニー見てニコニコしてた晴太郎と大晴がコニーがしゃべってハイタッチする。

(以下ニュアンスで)
大晴「コント、宇宙人」
一斉に宇宙人のポーズ取り出す。挨拶から急に宇宙人モードに入るのクッソww
基本姿勢が、がに股で、両手の人差し指を出して手を顔の位置くらいまであげてる宇宙人出てくる。

大晴「よし!今日は地球偵察や!お前ら初めてかもしれんけどいけるか?」
3人とも宇宙人のポーズでゆらゆら揺れてるけど、晴太郎と大谷がゆらゆら動いてお互いにぶつかってるww地球に慣れてないww
晴太郎大谷「イー!イー!」
大晴「良い返事だ!」
晴太郎「イーだけに!!!」ww
大谷「カタカナの、イー!!!」ww スッと出てきてイの文字のポーズとる。

大晴「よし!着いたぞ!あれが地球人や。ここからは地球人になりすますんやぞ!」
大晴と晴太郎が人間らしく立つ中、大谷だけ頭の上から両手で角生やしてる。
大晴「よし、お前(晴太郎)はなれてるな。って(大谷)触覚出てるーーー!!!ちょっとこっちの子見習ってよってできてへんーーーー!しっぽーー!!!しっぽ出てるー!!!」
普通の人間かと思いきや後ろを振り返ったらしっぽ(右手で作ってる)が生えてた晴太郎。
晴太郎「うんこドーーーーーーーーーン!!!」
しっぽの手をそのままおしりに持っていってから大晴にうんこ投げつけたww

(龍太が普通に「汚いww」って言う)

大晴「よし、そろそろUFOで帰るぞ。」
大谷「大変です先輩!UFOが食べられてます!」
大晴「え!?」
晴太郎大谷「テーレーテーレーテーレーー!UFO♪」ピンクレディ(笑)
大晴「ってそれ焼きそばなってる!もうええわ!」
「「ありがとうございました」」


判定が×
舌打ちしながら床めっちゃ蹴り出す3人。クソ態度悪い。
大晴が床からボール拾い上げて客席に蹴る。
大晴「決まったーーッ!」ガッツポーズして後ろに行く
龍太「いや本田圭佑せんでええねん!」
大晴「どうも、本田圭佑です。伸びしろですね!」ww

後ろに行ってからも宇宙人の指をずっとしてる3人。


・2組目 16年組
トアくんがボイパ披露。
ボイパ始めると晴太郎と大晴が首でリズム取り出して、だんだん乗ってきて首をぐいんっとしながら左右に横移動させはじめて客がすごいざわつき出し、トアくんも「え?」みたいにボイパしながら誰?な感じで後ろ振り向く。振り向いたらうるさく動いてる二人いて苦笑いのトアくん…笑


・3組目 大西
大西のおじいさんの話を涙をぬぐいながら聞く大晴晴太郎。




小島「俺は敵の人数を数える。お前ら、見つかんなよ?」

……………………(しゃがんでから微動だにしない)

小島「敵は、おらんみたいや!」

戦士たちわらわら

赤名「ちょ!めっちゃおるやん!!!」


小島「なあ俺ら、死ぬんかな…」死ぬんかな、がめっちゃ弱々しい


晴太郎とは握手。吉岡から出された手をちょっとの間じっと見たあと手を出して握手。手を離しあと、今度は上から手を組むようにしてガッチリ握手し直す。

晴太郎に肩グッと掴まれ後ろを振り返るもすぐに肩を押し戻され前を向かされる小島。

階段をすれ違うときに逆に晴太郎の肩をグイッとつかむ。晴太郎笑ってる。


康二「コジマは無理!」
丈と3、4回ペコペコ会釈しあう。

AnotherTomorrow
朝田と大橋の距離が近い。




battle
真鳥今江 今江前向いてちょっとしゃがんでにこにこにー。真鳥、後ろから今江の頭を一周撫で回してから首に手を回してそのまま真ん中に行く。

5W1H
唇が~♪のところで大谷が吉岡に向かって小さくチュッてしてるの見えた。

階段上ったあとふざけて動いてる大吾をぺしっと叩く大橋。

カモナ
とりあえずいつもみたいにめっちゃ笑ってる小島。

brother
階段上った先で康二とお互いに投げチュー飛ばしあう道枝。(西畑見てない)
そのあと恭平が康二に「俺には?」してよ、な感じで康二に投げチューをするも、首をふられ断られる。

セットが回転してすれ違うところ、吉岡指で♡(よく真鳥がやってるようなやつ)を割と長い間小島に向けてやってる。小島は塩対応!

西畑と道枝がお互いにジャケットをよいしょよいしょと脱いで、交換しあう。道枝が西畑の袖のあるロングジャケットを着て西畑がベスト姿になる。階段降りてから道枝めっちゃぴょんぴょんして楽しそうに踊る(いつもかもだけど)

最後暗転してから正門の方を見てる大橋。最後2秒くらいで、少し顎引いて上目遣いになってほっぺたふくらませてぶりっこしてる。

Esper
キーボードの前に客に背を向けて風雅がちょこんって立ってるのが死ぬほどかわいいしそれ見て小島めっちゃふにゃっと笑う。

道枝と親指たててグーサイン出しあう。

キーボードの前で晴太郎がちっさめにふざけて横揺れしながら飛んでるのを苦笑いで見る小島。

最後イエーーイのときドラム叩きまくってイエーーイって言ってる小島。
大晴と恭平が二人で手を合わせて♡作ってアピール、最後に二人同時に投げチューして捌けてく。

鼓動
朝田に向かって何か話したけど、すでに朝田前向いてた。






8/26昼

水飲んで康二に殴られて小島「なにすんねんおい!」って言いながら康二を蹴り上げるのが超怖い。(ラスト3日間くらいは言ってたはず)


大晴「パーティーで、捻挫した足に千枚漬け貼ってたリチャード…」
正門と一緒にふくらはぎにペタペタ千枚漬張り付ける小島。

リチャの逆襲
康二「ほんもんのリチャードやったら、」
リチャ「まてまてまて!」
康二「え?笑 ほんもんのリ…」
リチャ「まてまてまて!本物の康二やったら!ananの表紙の物真似(コメント付き)ができるはずや!」
戸惑いの康二 笑
康二「ちょ、リチャ座って!」
木箱に座るリチャ
康二「(リチャのまわりを四角く切り取って)これ本な。(後ろから抱きつき)ラブ・テクニック」
みんな笑っちゃいけない空気察して笑いこらえてるww赤名手を口元に当ててニヤニヤ笑うのこらえてる。正門も笑ってるし吉岡は小島の方向いてフッて笑う。


ハイホー
小島にびくびく怯えながら手を身体の前に縮こまらせてへこへこ出てくる奥村にどーぞ、どーぞと手を差し出して誘導する小島。

大橋、ニコニコで川北の頭(フード)をめっちゃなでなでなでなでする。

葉っぱ隊
出てくるときに大橋がニワトリみたいな動き(腕を腰にもってきて首を前後ろに動かす感じ)

康二「乳首ちっちゃ!」のとき、両手で乳首作っていー( ̄A ̄)な顔で乳首つきだしてる小島。


末澤「♪あワントゥースリーヤシの実~ヤシの実~ヤシの実あるある言いたい~…(長い)」
道枝「早よ言え!」ヤシの実で再び殴るww


リチャ朝田大橋3人肩組んでるところで、暗転してからリチャがずっと「え?え?笑」な顔して大橋見てる(何してるおい)


薬草を探しに行こう!のとき
正門の腕を荒々しくひっぱり「早く行こう!早く!もっと早く!」勢い激しめ 笑


西畑丈の食べ物コーナー(アナ雪のくだり)


小島「日本に帰りたいーーー(頭抱えてアーーーの顔)」のあと暗転したらスッと腕下ろして階段ひょこひょこ降りてくのやっぱりじわる。


声でかいリチャ「雪だるまつくりたーーい!」
朝田大橋でドアをコンコン(アナの真似)しながら捌けてく。



オーディション
振付け師 晴太郎

とりあえず出てきてずっと右肩だけオフショルになってる。

cdcg
街角で 瞳閉じて のてとでのとこで超脱力ダンスからのニヤッと笑うやつ。
最後腰をヤンキーみたいに落としてグーサインしてくる。


曲終わってちびたちを捌けさせたあと、でんぐり返しする。そのあと
晴「あ、みんないくで。」

、、、、、、。

晴「はい5秒の無駄遣い君たちの人生の無駄な5秒取っちゃったー!」ほんとウザイww

椅子に座ったあと白い靴べら胸元?から取り出す晴太郎…



・1組目 古謝大橋
肩組んで(だっけ)いっちに!いっちに!しながら運動会の入場みたいなノリで出てくる。
出てきた二人に晴太郎がニコニコ靴べらでお手振り。
古謝「いちにっさん!前向け!ぜんたーい、ならえ!」
で古謝橋二人とも龍太コニーの方向く。
龍太「前向けや!」「名前は?」
大橋「おーはし、かずやです。」しいて言うなら滝沢クリステルです風(つまりウザイ)
古謝「こじゃ、ないるです。」
二人で前後に並んで左右ににょきっと出て決めポーズ(戦隊ものの決めポーズみたいな)
龍太「もうスベってるけど大丈夫!?」ww
大橋「はいっ!」
大橋「漫才したいんすよ。」
龍太「お兄さんすごく心配やわ!」

(以下ニュアンス)
「「どーもーーー!」」
大橋「かずやです!」
古謝「ないるです!」
「「よろしくお願いしまーす」」
古謝「二人で漫才するってことでね、ちょっと俺やりたい職業あって、保育士、やりたいなあって」
大橋「僕もねー、おなかすいたら何でもたべてしまうんですよねー。ってなんの話やねん!」1人ノリツッコミして古謝の頭はたくww
古謝「俺保育士やるから、お前子供やって?」
大橋「わかった」
大橋「イエーーーイ!イエーーーーーーイ!」小島よしおみたいにめっちゃ飛びながら古謝に近づいてきてぶつかってる。うざい。
古謝「これからね、お歌をみんなで歌いましょうねー」
大橋「あーーーーい!」
古謝「じゃあお弁当の歌うたいましょうね」
古謝「♪これっくらいのお弁当箱におにぎりおにぎり…」(歌の時は二人仲良く歌の振りしてる)
大橋「ちょっとつーめたっけれどたーべちゃった♪」(ドヤ顔で食べる)
古謝「えなんで食べるん!?」
大橋「おなかすいちゃったんよー(>_<)」
古謝「じゃあ次の歌」
古謝「♪グーチョキパーで、グーチョキパーで、なにつくろー、なにつくろー」
大橋「右手がチョキで、左手もチョキで、かーにーさーん、たべちゃったー♪」(またドヤ顔で食べる)
古謝「なんでまた食べたん!?」
大橋「だって蟹しゃぶやってん(>_<)」腰あたりでピースして蟹してる大橋
古謝「そんなん知らんわ!」
大橋「育ち盛りだからーねー!」(ドヤァ
大橋「ねえねえ先生!僕も食べ物以外の歌知ってるよ~!森のくまさん!」
古謝「森のくまさん…それならまあ食べ物出てこんか…」
古謝「♪ある日森の中…」肘引いてルンルンで歌う
大橋「くまさんを♪食べちゃった♪」(ドヤァ
古謝「熊はあかん!」
大橋「え?プーさんならいいの!?」
古謝「プーさんもっとダメ!!!」
大橋「せんせー、もうおなかいっぱい!」
古謝「もうええわ!」
「「どうも、ごちそうさまでした!」」


判定は×
古謝「えー、まあそっかー。」
大橋「えーー、あー、だろうねぇーー。」二人とも納得しちゃうww
大橋「もうウケなかったから帰ります!」
ドタドタ太股あげる走りして袖に消えてった。

古謝が後ろにそのまま体育座りしてニコニコちょこんと座ってる笑
龍太「お前座ってるサイズ感のわりには顔でかいで!?」
古謝「よく言われます!!!」


晴太郎がおもむろに靴べらを顔の前に立てて持ってくる。
龍太気づく。
晴「誰が聖徳太子やねん!」
龍太「誰も言ってませんけど???」クッソww

龍太に靴べら没収されて机の上に置かれる。そのあと床の一点を見つめて動かなくなる晴太郎。


・2組目 16年組

没収されて机の上に置かれてた靴べらに手が当たっちゃって「おおう…笑」って素になる晴太郎。笑

ルウクくんがロックダンス
ルウクくんが手をあげたり胸に手を当てたりするのをいちいちウザい動きに変換して真似する晴太郎。


コニー「(龍太の)指くさっ!!!」
で龍太に近寄って臭いかごうとする晴太郎。
龍太「お前も嗅ぎにこんでええねん!」
椅子を少し離れた場所に押されてそこでシュンとして座ってる。
龍太「ほんまに大人しくしてて!?💢」
って言われると椅子を持って近寄る笑


・3組目 大西畑
ダニー(西畑)(コニーのいとこ)にへこへこお辞儀する晴太郎。今まで大西畑の出番には嫌いといった感じにそっけなかったのに権力者にはへこへこする笑

コニーは44歳との説明がどっかで入る。若いなおいww

コニー「(ダニーに)会うのは4年ぶりだよぉ…」
龍太「って手2年になってる!!!!!」ピースして2になってる。龍太もコニーの近くで手をピースにしてるから
コニー「あわせて4年…」
龍太「合わせて4年、ってなにしとんねん!!!💢」


・4組目 道枝
龍太「君。オーディションに遅れてくるなんて非常識だよ。」
コニー「非常識だよぉ…」
晴太郎が目だけ動かしてじーっと睨んで道枝にくっそガン飛ばす。
龍太「お前は睨まんでえーねん!静かにしときなさい」
静かにしとけと言われたあとちらっちら道枝を睨むのやめてほんと

道枝「すいませんでした、帰ります…」
龍太「君、待ちたまえ」
コニー「君、待ちじゃなくてホタテ食べたいぃ…」

コニーと抱き合った後道枝「おじーちゃん首くさっ」ww
コニー「ホタテ汁塗ったのにぃ…」
龍太「いや汚な!!!」


cdcg
陸が龍太のグッズのクリアファイル持って出てきて、踊ってるときずっと前にクリアファイルつきだしてアピール笑
龍太戸惑ってる




小島「お前ら、見つかんなよ」

しゃがんでしばらくしてから勢いよくカチッ。また少し間を置いてから勢いよくカチッ。

小島「敵の人数は、2人だけや。」

戦士たちわらわら

赤名「お前全然ちゃうやんけ!!!」




薬草を探すシーン
丈も顔に汗が流れるくらいには汗かいてるけど、正門ほんとヤバイ。常に顔に水鉄砲で水ぶっかけられた後みたいになってる。大洪水。


星をさがそう
吉岡が晴太郎の腕を引いてからの抱き合う。

小島とは小さく普通に握手した後の、上で組み直してガッチリ握手。

晴太郎とちょろっと肩を組む小島。



Brother
康二恭平が手をパチンと合わせる

吉岡、小島の方をジーッと見る。小島、めずらしくやさしくニコニコ笑う。

ジャンケン
古謝だけ親指と小指を出した謎の手(電話かけるときの手)を出して多分康二と見つめあって笑ってた

Esper
小島の横でグーであおる風雅を上から見下ろしてニッコニコな小島。

道枝とグーをだしあう。
風雅を後ろから抱き締める西畑。

バンバン!
とりあえず真ん中に集まって手を伸ばすの高まる。







8/26夜(千秋楽)

大晴「あのパーティーのときにオバマに間違われてSPついてたリチャード…」
正門に「SP、俺、SP」って自分のこと指差してSP言ってる小島。

階段降りてくるリチャードにびっくりするとこで小島の後ろから腰に手をまわす吉岡。

リチャ「いなーいいなーいバァ」に笑う小島。


ハイといったらホー
吉岡とグーサインしあって押忍みたいに腕を出したり引いたりしてハイホー!ハイホー!言うてる。

ハイホー
奥村を押し倒したあと、お辞儀して、両手あわせながら奥村立ち位置まで案内してあげる。

大橋がニコニコ川北と自分を交互に指差して「俺らブタ」みたいに朝田にアピール

葉っぱ隊
恭平長尾が胸ごっつんこさせるのを見て勢いつけて胸ごっつんこさせる小島吉岡。


大橋「んー、船のか、陰も見えへんし…」

声でかいリチャ「千秋楽に大橋噛みましたー!!!」
大橋照れながら顔を片手で隠しながら捌けてく。



オーディション
振付け師 大晴

cdcg
出てきて後ろ姿でずっと腕広げてお尻ブリブリ揺らしてる。

大晴「わたし、世界へ羽ばたくのよ~ん!嘘よっ!♡」

大晴「龍太くん、わたしとゲームしない?桃太郎、って10回言って?」
龍太「桃太郎桃太郎桃太郎…」
大晴「じゃあ川から流れてくるのは?」
龍太「…桃?」
大晴「せーかいはー、水でしたぁーーー!」
両手広げてバカみたいにでかい動きで龍太に向かって「オラァ~~」「ベァ~~~」落ち着いて

丈リチャと、龍太で漫才(中国人)とサノマサヤくん。大晴は小指拍手するくらいでおとなしかった。(※いつもに比べたらの話)

コニーのマイクはエコー(やまびこみたいに言った言葉が3回くらい繰り返される)が、龍太のマイクはヘリウムガス吸ったみたいな声になる遊びが突然入ってきて、死ぬほど笑った。



星をさがそう
吉岡と晴太郎ハグ(昼と同じ)
小島と吉岡、最初普通に握手。そのあと手を組みかえてもう一度した握手がガッチリ長い。


小島泣いてる
たとえ星が見えない夜も心の中
輝く僕らの絆←康二ソロのここらへんで目に涙が浮かんできて泣くのをこらえ出す。鼻すすったり。

どんなときも空を見上げて星をさがそう
同じ空見てる君に手を振るから
どんなときも空を見上げて星をさがそう←いつもニコッくらいしてるのにずっと険しい顔で上を見て歌う

いつかまた会えるようにいつまでも←ここでやっとニコッと笑う


今江といつものにこにーの手で手を合わせるとき丁寧にお辞儀する小島。

小島「なあコウジ、俺日本に帰ったら…」のセリフまでの間に、目をぎゅっと握ってふーっと一息入れる小島。

AnotherTomorrowでもちょいちょい泣きそうな顔になるけど、ニコニコ踊ってる。




brother
吉岡投げチュー。小島も、投げチューのお返し(わりと真顔だけど)そのあとフフッて笑う。

ジャンケン
全員グーで、本来の振りに戻る。大橋、康二の顔を見てうんうん頷く。(千秋楽にしてやっとかっこよく揃った感)

鼓動
小島、曲始まるまでの西畑の挨拶の時に照明も当たってないなか拍手したりしっかり頭下げたりしてる。

カテコ
小島真顔だけど、ちょっと押したら泣きそうに見えなくもない(というか見えた)顔してる。

最後幕が下りる直前に前列の客に両手で♡つくった(今回だけはキーボード弾いてなくて良かったからね!)

小島泣きそうになってたせいでいろんな記憶が吹っ飛んだわ。

ANOTHER 二幕 セリフ

※前半日程にメモを取った大橋、小島のセリフを元にキーワード(印象的なセリフとか)を覚えたりメモも取りつつ、パンフレットの流れに沿って思い出しては少しずつまとめたものです。
全然違うこと書いてたらごめんなさい、ニュアンスで楽しむ用です。




ANOTHER セリフ


二幕



*島の民

♪MysteriousDance
(Mysterious Dance 甘い香りに誘われるまま
怪しく光る 仮面の微笑みで
Mysterious Dance 月夜の風に流されるまま
踊り狂う 燃えるようなStepで
Keep on Dance!

龍太「島を闇が覆う前に、奴らを神への生け贄として捧げるのだ!」
道枝捌けていく。

(夜の闇に浮かんでは消える
光の中踊る君と僕の影
Mysterious Dance 魔性の空に吸い込まれるまま
瞳に写る鋭い眼差しで
Mysterious Dance 鼓動のリズム刻まれるまま
踊り明かす 燃えるようなStepで
Keep on Dance!)



*緊急事態

西畑「人を不幸にして掴んだ幸せになんの意味がある?」

丈「まさかお前の父親やったとはな…」「彼は数年前にこの島にやって来て、島の住人たちに知識を与え、この島の生活を豊かにした。と、同時に、下界からこの島を断絶した。皮肉なもんやな、父親が作った島の掟のせいで、息子のあんたはこの島に囚われている」

道枝やって来る。
西畑「シュン!」
道枝「お兄ちゃんたち、逃げて。みんなが探してる。お兄ちゃんたちは悪い人じゃないって言ったんやけど、誰も聞いてくれなくて」
西畑「え…それを伝えるために?」
道枝「うん」
丈「ひとりであの森を抜けてきたのか?」
道枝「うん」

道枝「お兄ちゃんたちには、助かってほしい」
西畑「シュン、お前は本当は、俺の…」



道枝、倒れる。
西畑「シュン…!?おい!シュン!シュン!どうした?しっかりしろ!シュン!」
道枝を肩に乗せ下に運ぶ
西畑「おーい!丈!来てくれ。シュンが!」
丈「…シュン!大丈夫か!?」

島の住人登場
龍太「ジョウ、お前もいたのか」
丈「今はそれどころじゃないんや!シュンが!」

古謝「シュン!」駆け寄る「長、すごい熱です」
真鳥「見ろ!身体中に発疹が!」

龍太「お前、シュンに何をした!」
西畑「俺たちはなにも!」

龍太「お前らが神への怒りに触れたのだ!」
西畑「俺らが何をしたって言うんだよ!」

西畑「その発疹は植物にかぶれてできたものだろう。たしか、この島には楮があった。楮に生えているトゲに触れると発疹が出るんだ。おそらく、あの森を抜けてくる途中にやられたんだろう」

末澤「病なら我らの祈りで!」
西畑「祈りでどうこうなる問題じゃないんだ!」

西畑「この島の反対側に仲間がいるはずなんだ!」
古謝「仲間だと?」
真鳥「そいつらが島の神聖な場所に流れ着き、神への怒りに触れた。そうに違いない!」
龍太「可能性は否めんな。そいつらもまとめて排除する。」
西畑「ちょっと待ってくれ!とにかく、早く毒を抜かないと!仲間の中に植物に詳しいやつがいる。あいつならきっと毒を取り除いてくれる薬草を知ってるはずなんだ」

西畑「仲間と連絡が取りたい。そこを通してくれ!」
末澤「ならん!そんなことをしたら更なる神への怒りに触れることになる!」
西畑「こうなったら力ずくででも…」
今江「力ずくだと…?我々島の戦士に力ずくだなんああぁ!○○…」
丈に槍を顔に突きつけられビビる今江。

西畑「シュン、必ず助けるからな」

逃げる西畑丈。
二人を追いかけようとする戦士たちに
龍太「待て!お前らは島の反対側にたどり着いたやつの仲間を捕らえろ!」
戦士たち「ハッ!」

探しに走っていく戦士たちの中の今江を呼び止める。
龍太「ダイ!お前はシュンの様子を見てろ」
今江「ハッ!」
龍太、槍をぶん回す
今江「す、すげぇ!!!」
道枝をかかえて捌けてく。



西畑丈と、大西リチャ朝田大橋の交信のシーン

西畑「もしもし!」
大西「もしもし!ダイゴか!無事やったんか!」

西畑「島の少年が楮にやられているんだ。薬草を探してきてほしい。」
朝田「それならマサカドが」
大橋「たしかあいつ、植物に詳しい言うてたわ」
丈「気を付けろ!そっちに島の民たちが向かってる!」
リチャ「誰や!?」
丈「俺はジョウ、お前らと同じ日本人や。2年前にこの島に漂着してそこからこの島を脱出する機会をうかがってる。とにかく薬草をさが…」ザザザザッザザザザッ…

無線機が途絶える。



*戦士たち

吉岡「おい!人がおるぞ!」
赤名「やった!これで帰れるんや!(島の住人に向かって叫ぼうとする)」
小島「待て!なんか様子がおかしいぞ、、、隠れろ!」

末澤と真鳥のセリフ「奴らを捕らえ、生け贄として捧げることでのみ神の怒りを鎮められる。早く奴らを捕らえるのだ!」

吉岡「話してわかる相手やなさそうやな…」
小島「おい!なんでもええからかっぱらおうぜ」
「おう」
小島「俺は敵の人数を調べる。お前ら、見つかんなよ。」
小島、双眼鏡を覗きながらカチカチ数える。
吉岡「おい!食べ物があったぞ!」
赤名「こっちには槍が!これであいつらを倒せるぞ!」
小島「よし、敵の人数は、だいたい48人や!」

島の戦士たちに取り囲まれる。

小島「なんやお前ら!よーし、かかってこいや!」

逃げる赤名。

小島「アカナー!」
小島「やめろ!お前らただじゃおかないぞ!」

槍で押さえ込まれ、そのまま連行される小島吉岡。



*窮地

西畑丈が龍太に見つかる。槍で龍太に襲いかかるも瞬殺される丈。

龍太「手こずらせよって。」

龍太「シュンはこの島の大恩人の息子で、ゆくゆくはこの島の長になる男だ。この島のことは我が守らねばならぬ」

今江が道枝を抱えて来る。
今江「長!」
西畑「シュン!」
西畑を見て頬笑む道枝。
道枝「ダイゴは、悪い人じゃない。お願い、助けて…」
道枝倒れる。

龍太「シュン!我らが必ず助けてやるからな」
西畑「長!!!急がないと、本当にシュンの命が!」

祈りじゃ無理だ、薬草を探しに行く!


龍太「待て。あの森を抜けるよりも船で渡った方が早い。」
西畑「長…!」
龍太「お前たちのことを信じてみよう。」

龍太「だが、そなたらの仲間が先に島の戦士たちに見つかれば、新たな争いの火種となるだろう。そうなる前に戦士たちを止めなければ」
今江「急ぎましょう!」




康二「なんだかややこしいことになってるな。島の住人に仲間と名乗る男、それに薬草?」

ここは無人島じゃなかったんだ、薬草を見つけ出して島の住人に渡せば帰してくれるかも!皆喜びあう。

赤名「大変や!みんな大変や!ヨシオカとコジマがやつらに捕まった!」
「やつらって?」
赤名「よくわからへんけど、槍とか持っててめっちゃ強そうやった…」
大橋「ダイゴが言ってたやつか。」
赤名「早く助けに行かんと、ヨシオカとコジマ、殺されるかもしれへん!」
康二「でもなんでそんなことに?」
赤名「なんでもいいからあいつらのもん奪おうぜってなって…」
リチャ「お前…俺らを日本に帰してくれるかもしれへんやつらに喧嘩売ったんか?」
赤名「このままだとコジマとヨシオカ殺されてまう!」

大西「みんな、早くコジマとヨシオカ助けに行こう」
大晴「ああ、殺させるわけにはいかんからな」

正門「ちょっと待て!そんなことより薬草を探しに行こう。俺なら薬草を見つけ出せる。」
石澤「んじゃコジマとヨシオカはどーすんねん!」
正門「返り討ちにあうのがオチや!それより今は薬草を見つける方が先や」
大晴「お前バンドのメンバー見捨てんのかよ!」
朝田「俺も正門に賛成や。そんなん自業自得やん!ほっとけばええねん!俺は助けになんか行かんからな」
大橋「俺も…、あんなやつらのために命削るのは、ごめんや…。」
大西「おいみんななに言うてんのや!コジマもヨシオカも仲間やろ!?」
リチャ「仲間?あいつらもそう思ってるんかな?思ってないと思うで。」

康二「今はコジマを助けるよりも薬草を探す方が先決や。」
大西「ええかげんにせえ!目ぇ覚ませ!」

赤名「あんなやつらでも、俺にとっては大切な仲間なんや。あいつらが、どうなってもええんか!」
康二を殴る赤名。



♪急げ若者

康二リチャ朝田大橋正門と、
大西赤名大晴毛利石澤長尾で対立構造に。



大西「あいつらがどんなやつかなんて関係ない!助けに行くぞ!」

康二「待てリュウセイ!話を最後まで聞け!闇雲に助けに行っても犬死にするだけや!綿密にプランを立てて、コジマも助けて、そして薬草も手に入れる!」
正門「俺も乗った!」
赤名「マサカド…!」
正門「同じバンドのメンバー、助けたい気持ちがないわけないやろ!」

大西「チャンスは一度しかないぞ、行くぞー!」

小島たちを助けに行く皆。



捕まってる吉岡小島
吉岡「ここはなんとかせんとな…」
小島「まあ、あいつらが助けに来ることは考えられんからな…。なあ、俺ら死ぬんかなあ!?」
吉岡「俺は絶対に、死にたくない…」

康二「おーい!ヨシオカ!コジマ!」
「「コウジ!」」
康二「シッ!静かにせえ!今鍵をあけるからな!」
小島「お前、俺を一番嫌ってたお前が助けにきてくれたんか!?」
小島を殴る康二
康二「一発殴りにきただけや」
小島「怪我人を殴るか普通?」
康二「これで気がすんだわ。これからは俺たちは敵やなくて、仲間や。」
小島「おう!」握手する2人
吉岡「そんな感動的なことしてる場合やないぞ!」

島の住人に囲まれる3人。

真鳥「お前、たったひとりで何をしに来た?お前も生け贄になりたいのか?お前ら、我らの生け贄が3人に増えたぞー!」
戦士たち「ハッ!」
小島「コウジ、すまん…。」
康二「一人やない。俺たちには、仲間がおる!」

皆が出てくる
小島「みんな!」

大西「今やー!」

島の戦士たちと漂流組の戦い。


西畑「やめろ!やめるんだ!」

龍太、槍を振り回し地面をドーーーンと突く。
その圧で全員吹っ飛ばされる。
康二「強すぎる」
龍太「ええい!静まれ!我の話を聞け」

龍太「彼らは我々を助けてくれる、大切な友だ」
大橋「大切な…友?」
西畑「そうだ、俺たちはわかりあえるんだ!」
康二「戦わんでもええってことか」

今江「長!シュンが!」


シュンがやばい!薬草を探さないと


頷きあってから正門を突きだす小島。
小島「行け正門。もしこいつが戻らへんかったらそんときは俺を殺せばいい。それが条件ならええやろ!」
龍太「わかった。ただし、日が暮れるまでには戻ってくるように。お前たちもそれでいいな?」
戦士たち「ハッ!」


正門「コジマ、必ず戻ってくるからな」
頷く小島。

西畑「俺も行く!」
龍太「シュンを必ず救ってくれ。頼んだぞ」
西畑「ああ」
正門「ダイゴ、急ごう!」

大西「お湯を用意してください」
末澤「信用できるか!」
末澤の服をつかみながら
大橋「なんもせんとこの子が死んでもええんやったら勝手にしろや。ただ俺はもう、人が死ぬのを見たくないだけなんや!」

龍太「彼らに従うのだ」
戦士たち「ハッ!」



*救出~ランブル

正門「生育条件的にはこの辺にあるはずや!」

走り回って薬草を探す正門。

丈「遅かったな。ここら辺だと思って一足先に探しに来た。」
俺は2年前シュンみたいに助けてくれた少年がおったのにそいつを見放してしまった、今度こそはシュンを助けるんだ、と西畑に語る。

正門「…!?そいつは誰や!」
丈「俺の名前はジョウ」味方だ



♪薬草


正門「もっと高いところにあるはずや!」
丈「それなら、この崖を登るしかなさそうやな…」

走り回る3人。崖をのぼる。

正門「紫色の草だ。探してくれ!」

西畑「あ!あった…!あったぞ!」

崖をおりて薬草を取りに行く西畑。
西畑「ダメだ…届かない!ロープを離してくれ」
正門「危険すぎる。一回戻ってこい!」
西畑「もう時間が無いんだ!ここは、勝負するしかないだろう」

ロープを離す丈正門。

腕を伸ばし薬草を掴む西畑。
西畑「取ったぞ!!この勝負、俺の勝ちだ!」

丈「ダイゴ!この手に掴まれ!」

雷ゴロゴロ。西畑、丈の手をつかめず落ちる。

丈正門「ダイゴーーー!!!」




なかなか帰ってこない3人

真鳥「お前らの友とやらは裏切ったのだ」

末澤「長!もうすぐ夜明けです」
小島「信じろ!あいつなら絶対に帰ってくる!」
大西「そうや!絶対に薬草を持って帰ってくる!」小島と頷きあう

丈正門帰ってくる。
「ダイゴは?」

首を振る2人。
正門「ダイゴが…ダイゴが…!」

龍太「ジョウ、あのときと同じだな。」2年前と同じく助けることができなかった。もう神への生け贄としてお前らを差し出すしかもう方法はない。

丈「待ってくれ!ダイゴは俺と違って裏切らんかった!最後までシュンを助けようとした!」


もう生け贄にするしかない。
龍太「やれ!」
大橋「待って!なんか聞こえる。こっちに向かってくる!」
龍太「言い逃れはよせ!」
朝田「ほんまや!俺にも草木の揺らぎが見える!」
大橋たち「あと300メートル!」
大橋たち「あと200メートル!」
大西「やっぱりダイゴは裏切らんかった!」
大橋たち「あと100メートル!」
リチャ「おーい!」
植物をつかんで帰ってくる西畑。
皆「ダイゴ!」

西畑倒れる。
「誰かダイゴを」
真鳥駆け寄る。

正門「早くこれをすり潰してくれ。日本では紫アザミ草って言って、毒を取り除いてくれる働きがあるんや。」

康二、大西、今江で道枝に薬草を塗る。
道枝、意識が戻る。

道枝「ダイゴ…みんな…!?」
西畑「良かった…ほんとに良かった…」
抱擁しあう2人

龍太「疑ってすまなかった。」
龍太「なぜそなたらはここまで」
大西「なんでかなんてわからへん。」ただ、人を助けたいっていう気持ちだけで動けるのが人間っていうものなんじゃないかな。

龍太「我らも見習わねばならんな。船を用意しろ!我々からのせめてもの恩返しだ」

帰れるぞー!やったー!抱き合ったり各々喜ぶ。



*別れ~日本へ


♪星をさがそう
(ねぇ空から降る
悲しみに景色にじんだ夜
僕ら乗り越えてきた
そうずっとそばに
一粒の小さなきらめきを君と見つけた
Oh 交わした約束も あの夜の別れも
全てを抱きしめて進もう
どんなときも空を見上げて星をさがそう
同じ空見てる君に手を振るから
どんなときも空を見上げて星をさがそう
いつかまた会える日までいつまでも

遠く遠くに輝いてる
かすかな瞬きを道しるべに
君といた明日を追いかけて
そう僕らは この舵を取ろう
tonight tonight

たとえ星が見えない夜も心の中
輝く僕らの絆
どんなときも空を見上げて星をさがそう
同じ空見てる君に手を振るから
どんなときも空を見上げて星をさがそう
いつかまた会えるようにいつまでも
星をさがそう)


大西「フウガ、俺たち無事に帰れるからな。嵐にあわんように祈っといてくれよな。」


道枝「ダイゴ、また会えるよね」
西畑「ああ。」

大橋「まあなんやかんやゆうて良い思い出になったよなー。」
朝田「俺日本に帰って子供ができたらこの冒険旅行のこと話してやんねん。」
康二「なあリュウセイ!この島でキョウヘイと2人で元気にやってるって伝えてくれ」コウジたちの母親に島に残って暮らすことを伝えてくれ。
大西「わかった」

小島「なあコウジ。俺日本に帰ったらひとりぼっちになってまうねん。さみしくなったらこっちに引っ越してくる。いいよな?」
康二「小島は無理!」
小島「ええ!」


♪Another Tomorrow


西畑「俺たちはこの島で少しだけ成長した。なあ親父。許せなくても、いつかわかるときが来るのかなあ?」

恭平「兄ちゃん、僕大丈夫だったのに。一人でも平気だったのに。」
康二「兄ちゃん決めたんや、もうキョウヘイをひとりぼっちにはしやんって。」
大西「共に戦い助け合った仲間たち。お前ら最高や!」


♪Another Tomorrow



島の住人と漂流組が手を振ってお別れ。

康二「キョウヘイ。兄ちゃんずっとそばにおるからな。」


西畑『お前にまた会えて嬉しかった。日本に帰ったら幸せを掴むんだぞ。シュンのことは心配するな。元気でな、ダイゴ…!』





~ショータイム~
Next Stage
Battle
5W1H
アメフリ→レインボウ
Come On A My House
カナシミブルー
Brother
BAD BOYS
Esper
西畑挨拶
鼓動
康二挨拶

ANOTHER 一幕 セリフ

※前半日程にメモを取った大橋、小島のセリフを元にキーワード(印象的なセリフとか)を覚えたりメモも取りつつ、パンフレットの流れに沿って思い出しては少しずつまとめたものです。
全然違うこと書いてたらごめんなさい、ニュアンスで楽しむ用です。






ANOTHER セリフ


一幕


西畑挨拶「みなさんようこそ松竹座へ」「数々の先輩がやってきたこのANOTHERという伝説の舞台をどうぞお楽しみください」


*出航~嵐

♪Another Tomorrow
((西畑Funky8)
波のきらめきか 涙のしずくか
Oh 頬を濡らした
(康二DKライン)
出会いも別れも 一期一会の日々
Oh ほら、笑おうぜ
(大西道枝長尾)
So get up 右か左かさえ 分からない日が来ても
(龍太恭平)
Take a chance 心のコンパスで 進もうぜどこまでも

Another Tommorow
今 今 今 証明だ この胸の鼓動 叫んでる
後悔しない絶対
Another Big Wave
ゆら ゆら ゆら 揺れるなら 君の心も抱きしめて
連れて行くよJourney
独りじゃないさ
あの日見た夢は もう夢じゃない
僕らはもう 見つけている 宝箱は胸の中
(メイン衣装チェンジ)(垂れ幕落ちる)
(バンド隊)
Another Tommorow
今 今 今 挑戦だ 向かい風さえも乗りこなす
世界へ漕ぎ出そう
Another Big Wave
まだ まだ まだ行けるはず 宝探しは終わらない
胸を熱くJourney
Another Tommoro
ゆら ゆら ゆら 揺れるなら 君の心も抱きしめて
連れて行くよJourney)



恭平「兄ちゃん楽しいね!」
康二「海はやっぱりいいな~!」
みたいに、各々旅行を楽しむ。



♪波
(苛立ちをかき消せばきっと遠くへ行けるのに
焦りや不安の中で小さな自分がもがいてる
幾つもの波に打ち砕かれそれでも歩き続けてた光求めて…
波の音色に誘うメロディただがむしゃらに自分の箱を探して
彷徨う時間の中で気付く新しい風にfind a way)



西畑「すごい嵐だ!」
「この波の高さや!もうこの船はもたへん!」
西畑「もしもし、もしもし!こちら太陽丸。今ものすごい嵐に襲われています!船の乗客は31人で、、もしもし!もしもし!」
恭平「兄ちゃん!」
康二「キョウヘイ!兄ちゃんが絶対に守るからな!ケントも!」
長尾「うん!」
大西「その浮き輪貸せ!」
小島「俺の浮き輪や!」
康二「人の命がかかってんねんぞ!早く貸せ!」
小島「俺たちは船の上で演奏を頼まれただけや!」
大西「フウガーーー!」
風雅と目が合う大西
風雅「助けてー!」
康二「いいからその浮き輪をフウガに!フウガ!これにつかまれ!」
康二が浮き輪を奪い、風雅に投げる。
フウガ流される。リチャも流される。
西畑「船が割れるぞー!」
赤名「船に掴まれー!」
吉岡「沈没するぞー!」

船が真っ二つに割れて、西畑だけ別れてしまう。



*遭難

西畑の語り
「ここはどこなんだ…?」「不思議だな…、たまたま流れ着いた島がこんなに綺麗だなんて…」

「おお、満点の星、大地!それ以外になにがあるというのか…地獄…!?ええい馬鹿な、しっかりしろ、気を確かに持て、五体を支える筋肉ども、萎えるな!」

「俺は絶対に、諦めない」


♪星をさがそう(西畑ソロ)
(ねぇ空から降る悲しみに景色にじんだ夜
僕ら乗り越えてきた
そうずっとそばに一粒の小さなきらめきを君と見つけた
Oh 交わした約束もあの夜の別れも
全てを抱きしめて進もう
どんなときも空を見上げて星をさがそう
同じ空見てる君に手を振るから
どんなときも空を見上げて星をさがそう
いつかまた会える日までいつまでも)


康二「海は優しく俺らのことを包んでくれるはずやったのに、その表情を一変させた…。俺たちが何をした!俺たちは、遭難した。」



*墓標

大西「フウガ、この夏休みの冒険旅行楽しみにしとったよな。」


♪あいつのぶんも生きる
((大西)あいつが死んだ朝
夜明けはいつものようにやってくる
東のののはてに
(大西康二)だけどあいつのいない夜明け
だけどあいつのいない朝日
だけどあいつのいない空)


大西「フウガと目があった。波にのまれていくフウガと目があった!」
康二「流されていくフウガを見ながらただ浮き輪を投げるしかできんかった」

風雅「僕、来れてよかった。ほんまは家族で旅行に行く予定やったけど、お父ちゃんがせっかくの冒険旅行、こんな機会めったにないから行ってこいって。楽しかったよ。みんな。ありがとう。」



*うまくいかないサバイバル生活

赤名「ここは一体どこなんや…!もうだいぶ流されたみたいやし…まあ日本じゃないってことは確かやな…」
康二「俺たちは生き残れた。残されたもんはちょっとしかないけど、みんなで力を合わせて生き残っていこう」
吉岡「は?お前らサバイバル気取りかよ」
小島「1日も早く日本に帰ることを考えるべきや」
小島、ペットボトルを取る。
小島「こんなちょっとの水だけで生き延びようだなんて、(ペットボトルを落とす)笑かすな。」
康二「こんなペットボトルの容器ひとつとっても、今は俺たちが生き残るのに必要なもんやって、今のこの状況もわからへんのか!」
正門「そんなもんわかっとるわ!」
大西「落ち着いて。喧嘩はよせ。キョウヘイも不安だね?」
恭平「兄ちゃん…」
康二「キョウヘイ、大丈夫や!兄ちゃんがそばにおる!」

大橋「お前らってさ、船で雇われた乗組員やんか。」
石澤「そうや。お前ら責任取ってなんとかせえよ。」
赤名「は?喧嘩売ってんのか?」
朝田「いやだって乗組員で生き残ったのお前らだけやんか。」
小島「俺たちはただのアルバイト。船で演奏するために雇われただけや。」

水を飲む小島。
康二「おい、何してんねん」
毛利「今水は貴重やで、計画的に飲まんと…」
無視して水を飲む小島
小島「あー、うんまっ。」
康二「飲むなって言ったやんか!」

殴られる小島。そこから争いに。

大西「みんなやめろー!」
ペットボトルの水を捨てる大西。
康二「おい…リュウセイ…?」
大西「こんなちょっとの水でなんになる?こんな水半日ももたんやろ。それよりはみんなで力を合わせて生き残っていく方が大事や。」

大西「争いは無しや!」
小島「ああ。」

「お前ら何してるん?」
石澤?「これは、死んだ人の分の…」
長尾「じゃあ、その石は誰の…?」
石澤「この黒光りした石は、リチャードの…」
大晴「あのパーティーのとき○○してたリチャード…」

リチャが頭に長いワカメのっけてセットの上から這い上がって出てくる。

康二「リチャードかあ…」
大橋「リチャード…」

皆、リチャに気づく。
全員「うわぁああ!」
「あれ、おばけ…?」
リチャ「おばけがこんなずかずか階段下りますか!」
康二「○○なリチャード…」
リチャ「○○!(反論する)」

康二「本物のリチャードやったら○○できるはずや…」

リチャのアドリブ

大橋「生きてて良かった。良かったほんまに。」


大西「合言葉決めようや!」
皆「合言葉…?」
大西「うん、こういう時にはそういうんが大事やと思うねん。ハイと言ったら、んーコウジ、何がええやろ」
康二「ほぉ~~~(考える)」
大西「それや!ハイと言ったら、ホーや!」
「「ハイ、ホー!?」」


動物たち出てくる。

♪Hi!Ho!
(挨拶は「HI!」 応えは「HO!」
合い言葉は HI! HO! ハイホー!
君がいて 僕がいて
繋げよう HI! HO! ハイホー!

行くで HI!HO! 今すぐ ハイホー!
声上げ 歌いだせば
どうにもこうにも ならん時も
元気が出るから
叫べ ハイホー!
今日もまた ハイホー!
僕らの 合い言葉が
みなぎる力をくれるから
笑顔になれるで
挨拶は「HI!」 応えは「HO!」
合い言葉は HI! HO! ハイホー!
君がいて 僕がいて
繋げよう HI! HO! ハイホー!)

リチャ朝田大橋、魚持って出てくる
大橋「お魚ちゃんやでぇ~!」
大西「そんなにすごいなあ!」
リチャ「俺らの特殊能力のたまものよ!」
大橋「見ざる、言わざる、聞かざる、って知ってるか?いわば俺らはその逆や!イコール!」
朝田「見える!」
大橋「聞こえる!」
リチャ「めっちゃ声でかい!!!」(皆耳を押さえる)

朝田「まずは遠くにいる魚を発見!」
大橋「水辺まで行って水面に近より、魚が近寄ってきたのを察知!」
リチャ「そして水面に向かって大声でバーーーーン!!!(皆耳を押さえる)すると声が衝撃波となり、水面に魚が浮いてくるってわけよ」

葉っぱ隊登場
恭平長尾「イェ~~~イ」走り回る2人

長尾「なんか汚れてたから洗濯したら履くもん無くなってしまって、それでこのパンツ作ったんよ。」

長尾のパンツの履き心地アドリブ
康二の恭平スタイルいじり
康二「兄ちゃんも昔それ履いてたことあんねん。ちょっと履いてくるわ!」
捌けようとする康二をみんなで止める。


♪Hi!Ho!


大西「魚はあるけど、植物やきのこ、どれを食べたらいいのか見極めんとな…」
正門「それなら俺が!」
「え?」
正門「親父が植物学者やねん。小さい頃よく山に連れていかれて教えられてた。」
「おお!」これでなんとかなりそうや!



*子供たちの友情

恭平「♪ポケットに今日の日の痛みをねじこむ~」
長尾「恭平、またねじこんでんのか?何ねじこんでるん?…○○?」
恭平「俺たち、日本に帰れるんやろか?」
長尾「大丈夫や。心配せんでも、コウジくんたちが連れて帰ってくれるって。」
長尾「それよりさっきの歌、俺にも教えて」
恭平「うん」
道枝「俺も仲間に入れて!」ぴょんぴょん飛びながら出てくる
恭平「誰や!」
道枝「俺の名前はシュン。この島の、住人。なんで2人はここに?」
恭平「俺たちは船が遭難してこの島に」
道枝「ちょ、そんなことよりさっきの歌やろや、な?さっきの歌やろや、な?な?」


ポケットに青春のFun Fun Fun
(ポケットに今日の日の痛みをねじこむ
Do Dance Get Dance道ばたで踊れば It's Fun Fun Fun)


ぴょんぴょん飛びはねる3人
道枝「よっしゃ~!これめっちゃ楽しいな!」
恭平「うん!」
長尾「なんか、めっちゃ元気出たわ!それになんかー、ねじこめた気するわ!」
道枝「ここで俺と会ったことは内緒や」
恭平「なんで?」
道枝「島の決まりや。俺も黙っとくから。な?」
恭平「うん」
道枝「じゃあな!」
恭平「あいつ、変なやつやったな」



*謎の墓場

西畑「ここはどこなんだ…」
お墓を見つける
西畑「日本語…?」
お墓まで近づき、文字を読むため墓の前の流木をどかす。
西畑「日本から流れ着いた男の妻が眠る…日本から来た男ってまさか、、親父!?」
怪しげな雰囲気になる
「なんだ…なんなんだ!?誰だ?誰なんだ!!?俺に近づくなーーーー!!!」


♪Darkness



*少年との出会い

西畑倒れる。
道枝「大丈夫?大丈夫?…ハァ…よいしょっ」
西畑を起こして階段まで運んで寝かせる。後ろから水を取ってきて、飲ませる。
西畑意識戻る。
西畑「ゲホッゲホッ(咳き込む)ありがとう、助かったよ…ここは無人島じゃ無かったのか」
歩きだしてまたぶっ倒れた西畑を起こしに行く道枝。
起き上がった西畑と目があって後退りする道枝。
西畑「驚かないで。俺の名前はダイゴ」
道枝「僕は、シュン。」

道枝「なんでこの島に?」
西畑「俺は日本から来たんだ。船が遭難してこの島にたどり着いた。」
道枝「お兄ちゃん、ここ、動かないで。隠れて。島の人に見つかれば、二度と、出られへんようになる。」
西畑「出られない?出られないってどういうことだ!?」
道枝「お兄ちゃんには助かってほしい。なんでかはわかれへんけど」


島の住人登場
古謝「シュン。そいつは誰だ?」

真鳥に槍を突きつけられ、前に突き飛ばされる西畑。戦士たちに槍で囲まれる。
西畑「やめろ!俺は敵じゃない!」

龍太登場。槍で地面を突く。
龍太「我はこの島の長だ。この島のことは誰にも知られてはならない。そいつを捕まえろ!」
戦士たち「ハッ!!!」
丈「待て!お前らの敵はこっちや!」セットの上から現れる丈。

島の戦士たちが散って丈を探しに行く。

道枝、西畑を捕まえていた末澤の後頭部をヤシの実で殴る。
末澤「○○」
末澤倒れる
西畑「シュン…!ナイス!」
道枝「内緒やで!」
道枝捌けて、丈が出てくる
丈「これ、お前がやったんか…?」
西畑「あ、ああ。(末澤のアドリブを受けてのアドリブ)」

丈「さっきは危なかったな。」
西畑「お前は誰だ?」
丈「俺の名前はジョウ。お前と同じ日本人で、2年前にこの島に流れ着いた。」
西畑「あいつらは一体…?」
丈「この島の住人や。あいつらに捕まったらあとはないぞ。説明は後だ。動けるか?こっちへ来い!」

起き上がり逃げた2人を追いかける末澤。



*南の島に雪は降らない

セットの上に恭平座ってる
恭平「♪ポケットに今日の日の痛みをねじこむ~」
長尾やってくる
長尾「キョウヘイ、またねじこんでんのか?ほんまその歌好きやなあ」
恭平「俺ら、どうなるんやろ」
長尾「俺もー、わからん。」
恭平「また雪がみたいな~。この島には、雪は降らへんのかなあ?」
長尾「んー、なんとなくやけど、多分、降らへんのとちゃうかなあ。ヤシの実とか、あるし…」
康二「キョウヘイ、そんなところにおったんか。」
恭平「兄ちゃん!」
康二「この島には何があるかわからへん、だから兄ちゃんから絶対に離れるなよ」
恭平「兄ちゃん、この島にはなんで雪は降らへんの?」
康二「この島は、日本よりずっとずっと南にあるんや。だから雪は降らへん。」
恭平「南の島には、雪は降らへんの?」
康二「南の島には、雪は降らへん」
恭平「何年か前のクリスマスにさ、母さんと兄ちゃんが、都会では見られへん白銀の世界を見せてやるって、連れてってくれたよね。真っ白で綺麗だった。また雪が見たいなあ。」
恭平「兄ちゃん、ほんまに日本に帰れるん?」
康二「心配すんな!兄ちゃんが連れて帰ってやる!兄ちゃんちょっと船を見てくるからキョウヘイはケントと一緒にみんなのとこ行っておいで(←後半日程からアドリブ)」



*サバイバル

小島「船に乗ってピアノ弾いてれば金がもらえる、そう聞いてこの島にきた。でもなんやねんこの暮らし」

大橋リチャ朝田
リチャ「漂流してからどんくらい経つんやろう」
大橋「もうかれこれ10日以上になるかなあ」
朝田「俺ら大丈夫かな?」
リチャ「大丈夫や。俺なんて2日も流されてたけど、こうやって今お前らと出会えたんやから」
朝田大橋「そうやな」

長尾「島での暮らしにも慣れてきた。だけど、キョウヘイには合わへんみたいや…キョウヘイ、大丈夫かなあ…」


リチャ「暑いなー」
大橋「うん、暑い」
康二「おーいみんな!船で無線機見つけたぞ!」
無線機壊れてる
大橋「それ貸してみろよ。俺機械直すのめっちゃ得意やねん。任せろ任せろ!」
大橋「重たっ…んー、電源はつくみたいやけど、、」…ザザザザッ…「もしもし!もしもし!こちら太陽丸で遭難した乗客じゅうよ…ザザザザッ…もしもし!もしもし!?」プツッツーッツーッツーッツーッ
大橋「途切れた…」
朝田「ケーブルが海水でやられてるみたいやな」

正門「それならスズナ草を探そう」
皆「スズナ草?」
正門「ああ、スズナ草は、普通の植物よりも電気をよく通す。だからきっとケーブルの代わりになるはずや!たしか、、湖のまわりにあった気がする!」
大橋「じゃあそれ早く探しに行こうや!」正門引っ張ってく大橋。みんなで探しに行く。

恭平「兄ちゃん、ほんまは無理なんやろ?もう母さんには会われへんのやろ?」
康二「そんなことない!大丈夫や、兄ちゃんを信じろ?な?」



*島の掟

走って逃げてくる西畑と丈。
西畑に話す
丈「2年前に船が遭難して、生き残ったのは俺ひとり…。一時はやつらに捕らえられたけど逃げ出してこの森に隠れて脱出の機会を伺ってる。ここは、やつらにとっては禁断の森みたいやから安全や」
丈「ちょっと待ってろ」何か食べ物をとる「これ、○○。」
西畑「え?○○?」島のグルメアドリブコーナー

丈「お前、一人か?」
西畑「遭難したときにわかれた、同じ船に乗ってた仲間がいるはずなんだ!」
丈「そうか。この島は三日月形をしてるから、きっと島の反対側にいるはずや。」
丈「お前に見せたいもんがある。こっちこい!」



*学生~都会

大西「最初は過酷な生活からパニックを起こしていがみ合いもした。」「この島での生活が軌道に乗りはじめた。」「今となっては都会での暮らしが嘘みたいやぁ。」



♪学生(大西ソロ)


大西「どうしたコジマ?」
小島「テレビもケータイもネットも、コンビニもファミレスも無い。俺もう無理ー!」
赤名「あんな、そういうのはすべて、人間が一から作り出したもんなんや。そう考えたらちょっとは人間ってすごいなってなるやろ?」
大西「そうや。みんな人間の作り出したもんで今の便利な暮らしがあるんや。まあそれが全部良いのかどうかは疑問やけどな」
小島「こんなとこ人間の暮らすとこちゃうよ。あー、もう日本に帰りたいー!」頭を抱える小島

大西「おーい、人間レーダーどうやー?」
朝田「あー、船の影も見えへんなー」
大橋「ヘリコプターの音も聞こえへんし…あーあれだけ騒がしかった都会が懐かしいわー!」
朝田「誰か助けに来てくれへんかなあ。」
大橋「うんうん」
リチャ「あんな、受け身でおるのがあかんのや。お前ら常に見たり聞いたりしてるだけやろ?もっと積極的にいかんと」
朝田「積極的?って、どゆこと?」
朝田大橋、手のひらに拳をぽんっとしてからリチャの方を向く。
リチャ「それは大声で叫ぶんや」「○○ー!」


♪学生

大西「日本におった頃にしたオーディション、懐かしいなあ」



*オーディション

♪Can do! Can go!



大西「あー、都会での暮らし懐かしいなー。今思えば平和な毎日やったんやなあ。」



*初めての交信

西畑丈と、大西大橋リチャ朝田が交信。

西畑「もしもし!もしもし!?」繋がらない「くそっ…」
ザザザッザザザザッ
大西「もしもし!」
西畑「もしもし!?」
大西「もしもし!リュウセイや!」
西畑「リュウセイ!こちらダイゴだ!」
大西「ダイゴ!生きてたんか!」
喜びあう4人
西畑「ああ!」

リチャ「もしもし!リチャードや!」
西畑「リチャード!生きてたのか!」
リチャ「ああ」

ザザザザッ
交信が途切れる。


*少年の帽子~心風

康二「ほんまにこの辺に水があるんか!?」
石澤「この辺にあると思ったんやけどなあ~」
康二「どこも木や草やばかりでとても水がありそうにないぞ~」
毛利「無いと思ったらあるのが水や…」(←後半日程からアドリブに)
康二「おいモウリ!暑さでおかしくなったか!?」
毛利の頭やら頬やらを叩く石澤。

後ろからやってくるバンドメン
小島「この辺に水があるって聞いたんやけどなあ…」
康二「おいお前、その帽子…フウガのやろ」
赤名「ああ、これ?」
康二「なんでお前が被ってんねん、フウガに返してこい!」
赤名「フウガはもう死んだやろ?だから帽子なんかいらんねん」
康二「いいから帽子を取れ!」
赤名「断る!この日差しや。暑くて熱中症なってまうわ」
康二「お前らみたいなクズは初めてや!」
赤名「はあ?フウガを助けられへんかった苛立ちを、俺にぶつけんなや!」
康二「いいから帽子を、返してこい!」
赤名「はいはい。行こうぜ」

大晴「コウジくん…大丈夫?」
康二「すまん、心配をかけた」
毛利「そんなことより、あいつら最低や」



♪心風

康二「友を失った悲しみをあいつらは踏みにじった。許せるか許さん許せへん!」

小島「安心するための言葉なんてくそくらえや」
吉岡「苛立ち、俺たちはなんて無力なんだ」
正門「俺たちも絶対、絶対に負けへんからな!」

恭平、ご乱心で走り回る
恭平「僕本当は知ってる!もう日本には帰れないって!」
康二「キョウヘイ!そんなことない!」
恭平「嘘だ!もうこんな島は嫌だ日本に帰る!日本に帰って母さんに会うんだ!」
康二「待てキョウヘイー!」



南の島に雪が降る

雪が降ってくる。
恭平「星、綺麗やなあ。雪…!雪や!兄ちゃん、南の島に、雪が降ったよ。南の島に、雪が降ったよ。綺麗や。海に雪が積もってる。消えた大陸、消えた街、全部この海に沈んでる。」
恭平「雪…。母さん、もうすぐ会いに行くからね…」
恭平、手を伸ばしながら海に沈んでいく。

康二が恭平を探して走ってくる。

康二「キョウヘイー?キョウヘイー?どこにおるんや?出ておいでキョウヘイー?兄ちゃんと一緒に日本帰って雪見るんやろ?なあキョウヘイー?返事してくれよ、兄ちゃんここにおるぞ?キョウヘイー?キョウヘイー?」

恭平、海から上がってくる。

康二「キョウヘイ…こんなとこおったんか。兄ちゃん探したぞ?キョウヘイ………ごめんな、寒かったやろ?怖かったやろ。ごめんな、兄ちゃん守ってあげれんで…」

皆出てくる
リチャ「なんでこんなことになったんや」
大橋「もうたくさんや。俺ら一体どうなんねん!」
康二「キョウヘイの心が弱かったんや」
朝田「何言うてんねんキョウヘイは…!」
康二「だから、キョウヘイが死んだんは、キョウヘイ自身の責任や言うてんねん。」
大西「コウジ…」
康二「だからみんな、そんなクヨクヨするなよ。落ち込むなよ!前向いて行こ?」
康二「みんな、生きてこの島出たいやろ?」

恭平の足に結んであったピンクのバンダナをほどき、握りしめる康二。
康二「♪ポケットに今日の日の痛みをねじこむ」
恭平「♪Do Dance Get Dance 道端で」
2人「♪踊ればIt's Fun Fun Fun」


ポケットに青春のFun Fun Fun

恭平、担がれて後ろに消えていく。

長尾、手を伸ばしながら「キョウヘイ…!さよなら…!」

泣きじゃくる康二
康二「キョウヘイ…ごめんな。兄ちゃん守ってあげられんかった…こんな兄ちゃんでごめんな、キョウヘイ…ごめん…ごめん…」



*海から来た男

西畑、シェイクスピアを話す親父のことだけはよく覚えていると語る。
西畑「その時親父は決まってこう言うんだ。「嫌なことを嫌だと言える勇気を持つんだぞ」って。いろいろなものに縛られてる生活が嫌だったんだろうなあ。」


ガサゴソ音がする。
西畑「ジョウか?」

島の住人登場。

今江「お前はどこから来た?」

末澤「何をしにここに来た」

真鳥「外の世界から災いをもたらしに来たのか!」
西畑「違う!」
古謝「お前は悪しき世界からの使者だ」
西畑「何を言ってるんだ!?」


♪ジャングル
(幾多のElements 精霊と共にlives
We believe この場所に宿るG O D Breeze
Goes on 月と共に Goes on 太陽の向こうに
この祈りを天にかざし そうGo with us Go with us

Play to GOD We know
我らと共にそう(Ho Ho Ho Ho Ho Ho Ho Ho)
神の光はずっと
We gotta We gotta Ho(Ho Ho Ho Ho Ho Ho Ho Ho)
Play to GOD We know
我らの全てを(Ho Ho Ho Ho Ho Ho Ho Ho)
神へと差し出してそう
We gotta We gotta Ho(Ho Ho Ho Ho Ho Ho Ho Ho)

Play to the moon light
get it. get it.
come on. come on.
keep on. keep on. 
Play All Night)


「「捕らえろーーーー!」」

戦士たちが槍で西畑に襲いかかる。雷が鳴る。


西畑の一人二役の語り
『あなたですか。あなたが見つけたお墓、あれはわたしの妻の墓です。妻はシュンを産んですぐに亡くなりました。わたしも、あなたと同じで日本からやってきたのです。もう、この島に流れ着いてからずいぶんと経ちます。本当にこの島は楽園です。自由で、何にも縛られることがない!この島で暮らしているうちに、日本に帰ろうという気が無くなりました。日本での暮らしは、何もかも捨てました。妻も子も…もちろん妻と子には悪いと思ってるんです。でもそれ以上に、この島での暮らしが、わたしには合っていた。この星空に包まれて、わたしは生き返ったのです。おお、満点の星、大地!それ以外になにがあるというのか…地獄…!?ええい馬鹿な、しっかりしろ、気を確かに持て、五体を支える筋肉ども、萎えるな!!!』

雷が鳴る。じいやとダイゴ入れ替わる。

「そんなばかな…俺と母さんとの暮らしはなんだったんだ?生き返った…?ただあんたが過去から逃げて守られたいだけじゃねーか!」
『まさかあなたは…ダイゴですか…?』
「そうだよ!あんたの息子の、ダイゴだよ!」
『すまなかった。わたしには、嫌なことを、嫌だと言える勇気が無かったのです』
「ふざけるな!そんなのあんたの勝手だろ!?俺は親父の背中ばかり追ってた。母さんはあんたが死んだと思い込んでるんだ。毎日泣いてばかりで、今でも毎朝写真に手を合わせてるんだ!島の掟…?汚れた外の世界からこの島を守るって、ただあんたがただ過去から逃げてるだけだろ!」

龍太「島の掟は守らねばならぬ。神の怒りに触れる前に、奴をとらえるのだ!」
戦士たち「ハッ!!!」
丈「やめろ!!!ダイゴ、こっちや!」
西畑、丈に手を引かれ、花道を駆けていく。

16/8/2~18

ANOTHER雑記



8/2

オーディション
・1組目 小島風
半袖短パンで出てくる。
「小島健です」「大西風雅です」
ミュージック、スタート!
「「ストップストップ!」」
小島「一発ギャグしにきたんですよ」
手がすっとグーな小島。

一発ギャグ:おばあちゃんからのフラミンゴ
風雅がよぼよぼのおばあちゃんをやる。
小島「あー、おばあちゃんですねぇ~」謎の解説入る
風雅「フラミンゴ!」突然のフラミンゴ。片足あげてフラミンゴのポーズ取る。
小島「しょーもないー!そんなん処理できひんわ、ごめんご!」 フラミンゴのポーズみたいに両手重ねてゴメンゴする小島。なにこれ(笑)

・2組目 16年組が20人くらい出てくる。
両足広げて立ってる小島。
コニーの歩き方に笑う小島。
後ろに下がって立ってるときに、風雅に「こっちおいで」してあげる小島。
新人の子が縦笛を披露。
縦笛のリズムに乗る大晴。リズムにあわせて頷く小島。

・3組目 西畑
後ろに下がり座っている16年組の子が後ろの垂れ幕にもたれていたのか、前に座れと手でジェスチャーして教えてあげる小島。16年組の子達をちらっと見渡しお兄さん役やってた。

西畑からのドリステDVD発売の発表に風雅と顔を見合わせてニコニコする。ずっと拍手する小島。

「おったまげー」と言いながら椅子から腰をあげて股間をつきだしポーズを取るオネエ大晴にめっちゃ笑う小島。

cdcg
小島の方を見て「踊るの?」な感じで首をかしげる風雅を見て頷く小島。
cdcg微妙に踊れてない小島。







8/3

葉っぱ隊長尾が葉っぱがずれてきそうと言うと、
康二「もうちょい成長してからな」木箱バンバン叩いて爆笑する小島。


オーディション
オネェ大晴「ホップステップおならプゥ~♡」
「ダンスはパッションよぉ~♡」

・1組目 長尾
書道を披露する長尾。
「松竹座」と「整形疑惑」、めっちゃ上手い。
龍太「書道はどれくらいなん、資格?クラス?」ざわざわ…「あ!階級!?」
長尾「初段です」
龍太「初段はすごいん?」
大晴「初段はエクセレンティよぉ~♡」
龍太「💢お前もうクビや!」
大晴「えーー!おったまげー!」
龍太「それやめろ!!!」







8/7昼

リチャの物真似 ローラ
舌を出してめっちゃ笑う小島。かわいい

葉っぱ隊
長尾「なんか、大人になった気分やわ」めっちゃ笑う小島。


オーディション
・1組目 福本石澤大谷
漫才前、自己紹介から態度までとにかくやる気のない晴太郎。被ってた幼稚園児帽の紐を伸ばしては離してぱちんぱちん虚ろな顔でする。

漫才後、判定が×
床を蹴ってすっげー怒ってる晴太郎。笑
大晴大谷も床蹴りだして3人で「チッ」とうろちょろ床蹴りまくる。
後ろに下がるときに、大晴?「何が世界や!」世界のコニーに捨て台詞吐いてったww

・2組目 16年組
後ろで3人並んで立ってる晴晴大谷。

晴太郎の奇行、黄色い帽子を脱いで、裏返して裏地見えたまま被り直す。(最後まで誰からもつっこまれなかった気がする)膝や腕を意味もなく掻く。腕にハエが止まって叩く。失敗したらしくまた叩く。誰にでもなく「アホ。アホ。」と呟く。虚ろな目で袖を見つめる。拍手する手が重ならず空ぶる。

大谷が晴太郎の肩に肘を置くも、滑る。次に晴太郎が大谷の肩に肘を置くもまた滑る。

柊和の筋肉アピール(スベったかな?)に笑いをこらえきれず笑う3人。


大西の誕生日祝い。
音楽がかかり、今江大橋でケーキの台車を運んでくる。(西畑は両手にチャッカマンを持ちただ出てくる)
大西におめでとう、となる会場。
大橋「おめでとーーー!」ニコニコ叫ぶ。
大西の手がグーになってるのを真似して今江に見て見てってする。
ハグするために大西のもとまで歩み寄るコニーに爆笑する大橋。
メイン4人で大西の誕生日を祝ってるとき、その後ろで今橋並んで見守る。二人でニコニコしたり、今江が自分の足元を指差して大橋にニヤニヤ話しかけてすごい笑ってたり、とにかくいちゃいちゃしてた。

今橋がケーキを持って捌けるとき、二人ともありがとうとなり、コニーかな?が謎の「い!ま!え!!い!ま!え!!」コールを始める。ニヤニヤする(照れる)今江(笑)
大橋は今江コールの中謎にガチョーンして捌けてった。


出航前
今江とにっこにっこにーの手でタッチする小島。
晴太郎とグータッチする。


カモナ
恭平のセリフのところで、吉岡の方を見て舌だしてすごく笑ってる小島。

brother
西畑に後ろから抱きつかれてされるがままの戸惑い道枝。

Esper
小島をじーっとみつめる大橋。
小島の前でぴょんぴょんしながらキーボードを弾く道枝を見てニコニコする小島。道枝そのままルンルンでドラムの方に移動し赤名の前でドラム叩いてた。
キーボードの左から小島を見てぴょんぴょん飛ぶ今江。







8/7夜

リチャがかりんとうに色が似てるだかの話にぷっwwと下向いて笑う小島。

リチャのかわいくいないいないばぁ
「いないいないー、バッ♡」ぷっwwwとまた吹き出して小笑いの小島。

ハイと言ったら、のところ
朝田に手をうねらせながら変な動きでハイと手のひらを差し出す大橋。それ見て笑う朝田。


オーディション
晴「レンズ無いねんドーーーン!ドーーーーーン!」(龍太に開いたレンズから人差し指つきだしてどーんする)
龍太「近いねん!」

虚ろな目をする。椅子に座ったまま前に後ろにとごろごろごろごろ動き回り虚ろな目で床を見る。拍手する手の叩き方が死ぬほど適当。
龍太に近づく。そーっと、地味に近づく。龍太気づかない。

大西「ヤクルト飲んでうぃ~~~」のときに椅子から腰を上げうぇ~い、と腕広げて腰揺らす。
龍太「小島よしおかい💢」
龍太の突っ込みに少しだけ間をあけてからめっちゃ真顔でめっちゃ龍太に向かって拍手するww

16年組出てきてからも、虚ろな目で人差し指かなんかで右へ左へと机をなぞる。
龍太の指が臭いとコニーさんが言ったあとなんっかいもなんっかいも龍太の指嗅いで臭っ!てする。

拍手するとき、手をそのまま自分を抱き締めるみたいにして体もばしばし叩いて拍手する。
龍太「お前やかましいねん💢」

いつもの大西のところで代わりに出てくる道枝。
コニー、道枝を抱き締める。長い。私欲が。

コニー、cdcg終わり捌ける道枝に「しゅんすけぇ~!」
にっこにこで捌けながら手を振りかえす道枝。


出航前
グータッチを求めてきた晴太郎を無視する小島。悲しげなリアクションを取る晴と無視した後にちゃんとグータッチしてく。


Brother
西畑道枝、二人並んで最初のところで自分たちのことを指差してブラザーと言う。かわいい

ペアダンスのところで西畑、腕差し出して早よ組め組めみたいにする。道枝しぶしぶ組んで笑う。

道枝の後ろから腰に手を回して抱きつく西畑。手を離したかと思えばタイタニックみたいに後ろから手をつかみ両手を広げさせる。道枝真顔。力を入れてないため西畑が手を離すとだらんと腕が下りるが、また両手を広げさせられる道枝。究極の苦笑い。

手のひらをスッと差し出す西畑。しぶしぶ手を重ねる道枝。そのまま道枝の手をにぎにぎする。手を繋いだまま西畑が足踏みしてステップを踏み出して一緒に踊るのに付き合わされる道枝。

リチャと腕つきあわせるとこと、康二が振り返ったときに笑ってる大橋。

カモナ
恭平の決め台詞のところで、吉岡の方を見て
アッハハハハハってめちゃくちゃかわいい顔で爆笑してる小島。わりと長い時間笑ってる。唾飛ぶくらい笑ってた。

Esper
道枝がまずキーボードのとこにいってぴょんぴょんはねる。
古謝が左からのぞきこんできて???みたいな顔してキーボード見つめる。謎。







8/8

「千枚漬けでパックしてたリチャード…」
にずっとパックしてるフリをしあう小島正門ら。

アルファベット全部書けへんリチャード(リチャ「書けるわ!」)に小島すごい小笑い。

リチャのりゅうちぇるのものまね
小島めっちゃ笑う。すっげー笑ってる。

ハイと言ったらどうぞや
のどうぞで手を出す朝田のてのひらに自分の手を重ねる大橋。

長尾「なんか自然な風が流れるわ」に頷く小島。そこは笑えや。

リチャが2年も流されてたのとこ、
暗転してからリチャの耳に顔(くち)を近づける大橋。
リチャ「暑いなー!」
大橋「うん、暑い!」


オーディション
金髪のヅラ被ってる大晴。cdcg中にカツラが取れそうになるのを気にして頭を押さえながら踊る。

座るときに小指たてる大晴。

・1組目
肩くんで小走りで出てくる大橋真鳥。仲良しか。
大橋身体うねらせてなんか慣らしてる。
名前は?
「「せーの、」」
「「∠※≠∪▽」」
え???
「「;*※<∠」」
え?真鳥はなんて言うたんや
「ちょっとまってください」
大橋は?
「おなかすいたぁー!」お腹をスリスリさする。

真鳥「漫才しに来たんですよ」めっちゃ頷く大橋。
「「どーもー!」」
「まとりです!」「かずやです!」おじぎぺこり「「よろしくお願いしまーす」」
真鳥「突然やけど最近スマホゲームとか流行ってて、子供が外で遊ぶ機会とか減ってると思うねん。」
大橋「え!でも俺見たで!扇町公園とか、大阪城公園とかでポケモンGOしてる」「スマホ持ってピュッピュッピュッて」
真鳥「それは子供の遊びじゃない、ピカチューとれるからや!大人の本気や」ここで龍太の爆笑する声がフレームインしてくる。
大橋「じゃあ俺公園でナゾナゾするわ!」
真鳥「なんでわざわざ公園行ってなぞなぞすんねん!」
大橋「ポケモンGO好きやからケータイ出すわ」
真鳥「何で今ここでだすねん!」
真鳥「俺がなぞなぞだすわ」「パンはパンでも食べられないパンはなんでしょう」
大橋「おぇ~~~ん」顔。鼻の穴膨らませた変な顔やめろ。
真鳥「なんやねんその考え方!」
大橋「んー、名前出てるけど顔出てけーへん!次俺出していい?」
大橋「パンはパンでも食べられないパンは、たーべた!」パン食った。
真鳥「なに食べとんねん!」
大橋「ごちそうさまでした!」
真鳥「今食うなや!」
大橋「え…でもメロンパン…」
真鳥「メロンパンってなん「イエーイ!」」ツッコもうとする真鳥を遮りハイタッチする大橋。
真鳥「ってなんやねん!」
大橋「フーーーーン」変な顔で鼻息ふーんしながらすげードヤる。
真鳥「お前その顔やめろ!」
大橋「お腹すいた~」
真鳥「ってもうええわ!」「「ありがとうございました」」

漫才後
コニー「(大橋の変顔)とんでもなくブサイクだったね」
コニー(龍太?)「鼻の穴ブラックホール」ww

判定が出るときに両手組んで祈る大橋真鳥。
判定は×
大橋「えーーーーーーーーーー!!!」
コニー「アイツキモイ」
大橋「帰る!もー帰るわ!」小走りで捌けていく。最後もも上げ運動みたいに変な走りして捌けてったww

大西のくだりのとき、机の上でピアノ弾きだす大晴。客が結構笑いだしたくらいのナイスタイミングで龍太が大晴のカツラを取って床に捨てたww
カツラ取られた大晴、頭を振って髪をわしゃわしゃ手で直そうとする。めちゃめちゃ髪の毛気にする。前髪とか超気にする。(気にしてもカツラしてたから前髪ピョンって上がったまま)
そのあとカツラいじいじしてる。

最後、おそるおそるちびの様子を見ながら踊る真鳥、のとこまでコニーが歩み寄っていき、真鳥の手を握る。真鳥最後のキメポーズはコニーの手を振り払ってしっかりキメポーズする。
そのあとちびたちが捌けていくときに誰かがコニーと思いっきりぶつかる。コニーよろける。コニー床に這いつくばって俊敏なハイハイを披露する。大西のくだりあたりからすでに立てないくらい笑い死んでた龍太が最後コニーがハイハイしたとこらへんで笑い死にすぎて床に転がったww
コニー「今日はちょっと遊びすぎたわ!」

最後星をさがそうのばーんぱーんに口をあわせる

出航前
晴太郎に「行こうぜ」な感じで親指立てて後ろを示す小島。その動きをものすごく茶化してふざけた動きで真似する晴太郎をニコニコこづく小島。


Battle
今江、めちゃめちゃにやつきながら真鳥を見て踊る。最後頭を掴まれそうになったときに逃げようとしたが、結局捕まえられる今江。そのあと、今江の後頭部を上から下へと撫でて首に手をまわす真鳥…。今江はニヤニヤわろてる。

5W1H
丈と最初のペアダンスのときにめっちゃアイコンタクトとる。かわいい。

カモナ
恭平の決めセリフ、吉岡を見て「おお~っ」と感心した風な顔をしてほどほどに笑う。

カナシミブルー
長尾がポンパして出てきた。

Brother
道枝の両腕あげてから、ふたり一緒にに両手上げてからお辞儀する。

Esper
大橋、柊和と抱き合う。恭平と肩くんで歌う。
晴太郎がキーボードの左で小島の方を見てぴょんぴょんめっちゃ飛ぶ。小島もにこにこ腕を上げて煽る。

鼓動
最後の方、朝田が後ろの立ち位置まで歩いていくときにキーボードの前を通って小島の方を見て笑ったのか、すごく優しい笑顔になる小島。

ショータイム中よく2階を見る大橋。







8/9昼

「おじゃ魔女どれみ」のワードにめっちゃ笑う小島。
リチャ「ピーリカピリララポポリナペーペルトー♡」小島まためっちゃ笑ったww大橋パチパチ拍手する。

大橋「お魚ちゃんやでぇ~!」お魚ちゃん揺らしてうぇーいうぇーいしてる。

康二「足ゴボウみたいやな!」葉っぱ隊の恭平の足をつかんで言った一言に、しゃがんで爆笑する小島。笑いのツボが謎。

末澤「ヤシの実、ダメよ~ダメダメ♡」道枝めっちゃ笑ってるww

リチャ「ポケモンGOしたいー!!!」朝田、大橋、大西と次々に皆スマホをピュッとやる。


オーディション
柊和「金メダル取りました!」超タイムリー(笑)

柊和「日本がんばれ!」で道枝めちゃめちゃニコニコわろてる。

・1組目 奥村
奥村「朗読します」
龍太「今ここで!?」

朗読が始まるときに照明が落ちてスポットライトが当たる。良い声でものすごく流暢に朗読し始める奥村。もうシュールすぎて皆笑が止まらない。会場めちゃめちゃざわついてるのに動じない奥村。つらつらと朗読を続ける。龍太が笑い死んだ。

判定は×
コニー「僕の許可なく照明を勝手に使ったらダメだよね」

・2組目 16年組
トアくんが披露。
龍太「とーわ?」
トア「トアです。」
龍太「あ、トア、ね。」
コニー「違うよぉ。トAh…だよぉ。」
龍太「なんでそんな吐息漏れとんねん!」

トアくん「ソーラン節やります」
コニー「鰹節?」鰹節削るコニー。
龍太「いやぶし違い💢」

・3組目 正門吉岡赤名
3人ともTシャツ短パン超超ハイウエスト。
正門の水色のTシャツに「PEACEFUL」と書いてある。
龍太「Tシャツ!ピーチて!」
コニー「あんま喋るとバカがバレるから」ww

龍太「ミュージックスタート」
3人「「待てーい!」」
コニー「正義のヒーローみたい」
吉岡「ショートコントやりたいねん」
コニー「(龍太の)指クサッ!」それまでまっすぐ真顔で立ってた赤名が笑った。

「「どーもー!」」
「正門です!」「吉岡です!」「赤名です!」
「年代別ショートコントやりまーす!大阪名物」
赤名「小学生」吉岡「JK」正門「おばはん」(挙手していく)
赤名「たこやき!」
吉岡「やっぱ~、ユニバっしょ!」
正門「なに言うてんのうちのコロッケが一番よ!」

「口癖」
赤名「小学生」吉岡「JK」正門「おばはん」
赤名「何時何分何秒地球が何回まわったときぃー!」
吉岡「はい、チーズ、パシャッ(ピースして自撮りするJK)スタバなう、ツイート♡」
正門「あんたちょっと保険証知らん!?」

すごくおもしろかった。めちゃめちゃウケてた。

「おもしろかったよ。誰が考えたん?」
正門「みんなで考えました」

・4人目 大西
大西のときに体育座りしてる正門吉岡赤名かわいい。

大西を抱き締めに行くために立ち上がるとき、コニーめちゃめちゃ震える。震えるコニーに3人が爆笑した(笑)

左に座ってる赤名から吉岡、吉岡から正門へと耳打ちしてなにやら伝言していく3人がかわいい。

cdcg
踊れない赤名。まわりをカンニングしながらワンテンポ遅れて踊る。曲中最後の方は赤名→ドラム、吉岡→シャドーボクシング、正門→ギターをエアーでやる。

曲終わりにちびたちに何度もぶつかられよろけて床に倒れるコニー。コニー、仰向けになって青虫みたいに足を動かして這って捌ける方向まで進んでいく。龍太がまた、笑い死んだ。

進行を無視して柊和はひたすら筋肉アピール。自分の筋肉に酔いしれる。どこかで感想を聞かれたときに、たいした返しができず「コメント下手か💢」龍太につっこまれる柊和。がんばれ!


出航前
晴太郎が8日に小島の真似してたくだりを求めている感じで構えているところに小島はしばらくじっとしてから肩をどつく。柊和とも絡む。今江とは相変わらず手をにっこにっこにーのやつにしてハイタッチする。今江正門はガッシリ握手。


battle
朝田真鳥、向かい合うところで見合ってにやにや。今江、ニヤニヤが止まらない。真鳥に頭をつかまれるとき今江も右手で自分の頭を掴む。ニヤニヤしてる。

5W1H
初めの丈橋ダンスで大橋がもうそれはそれは丈を見る。し、丈も大橋を見る。目があって笑う丈橋。大橋が本当に楽しそうにニコニコしてる。
階段を上ってるときに、大吾が大橋に寄っていって大橋をどーんと真ん中に押し出してそこからずっと真ん中で踊る。踊り終わったあと大橋をヒラヒラしてくれる丈。全大橋担が泣いた。

カモナ
投げチュー吉岡。あはははって笑う小島。

Brother
腕組む西畑道枝、腕組んだあと離すタイミングでも西畑がガッチリホールドして離さない。「えっ…」と道枝戸惑いの表情。

Esper
8人横並びになったところで丈を先頭に大橋を前にみんなで押し出す。大橋前に出てきてイエーイ歌う。最後に大橋「イェイッ!」
メンバーがおめでとうー!と言ったあとに客もみんなでおめでとうを言う。全大橋担が泣いた。

鼓動前あいさつ
西畑「今日は大橋くんの誕生日でした。」

正門が大橋を見てニコニコしてくれる。

康二の最後のあいさつ
大橋に触れてくれる。大橋が誕生日でしたが、大橋くんもこれからがんばっていきますので応援よろしくお願いします的な。
その時に大吾が茶化してやだやだ、な顔をしてる。







8/9夜

Another Tomorrow
末澤が大橋の肩に手を置くとこでアイコンとって笑いあう。何回かアイコンする末澤と大橋。

康二「いつもくしゃみするときに「バッハ」ってなるリチャード…」正門と小島ティッシュで鼻かむジェスチャー

康二「本物のリチャードやったらバッハの物真似ができるはずや」リチャのバッハの物真似
手を叩いて爆笑する小島。
大橋「ほんものや!」

リチャが生きてて大橋「よかったねほんま!」声がでかい

ハイホー
朝田と指揮者みたいに仲良く指揮棒振るふりをする大橋。

葉っぱ隊
出てきてすぐに葉っぱが取れた恭平に死ぬほど笑う小島。皆が恭平に近より隠したり直したりしてる中爆笑してる。そのあと笑いすぎて咳き込む。

声がでかいリチャ「大橋誕生日おめでとうー!!!」
ありがとうございますありがとうございます、な感じでニコニコしながら客席にペコペコする大橋。捌けるとき、手をパーにしてどうも!みたいにして走っていく。


オーディション
cdcg
晴太郎、超やる気ないダンス。身体の節々の力が抜けてる。それなのに、「街角で」「瞳閉じて」のてとでのところでニヤッと気持ち悪く笑いキレよく止まる。頼むから普通に踊ってくれ。

曲終わり後
晴「いーっぽ進んで五っ歩さっがる~♪いーっぽ進んで五っ歩さっがる~♪、、って全然進んでへんやん!」変なポーズで静止する。
龍太「いいから早よ来いや💢」
龍太のとこまで暗い感じでスタスタ来たあと
晴「チッス。」暗いww
椅子に座ってすぐに龍太に顔を近づける。ウザい。


・1組目 小島風
小島水色のTシャツ(ズボンにイン)に肌色の短パン(太もも丈)
「小島健です」「大西風雅です」小島腕を伸ばして手がずっとグー。
龍太「じゃあ曲スタート」
「「ストップストップストップ!」」
小島「僕たちコントをやりに来たんですよ」
島風雅がコントをするということに客席が「え…笑」とざわつく。客の「え」の反応に逆にビックリした小島目を真ん丸にして「え?」と驚く。
小島「漫才をやりに来たんよな?」風雅に聞く
風雅「です(o^^o)」かわいい…。

「「どーもー」」
「大西風雅です」「小島健です」「よろしくお願いします」
小島「僕ねー、最近実況やりたいねんな。だからじっk「僕仮面ライダーやりたい。」
小島「え?なんで被せてきたん僕しゃべってるやん?」
風雅「仮面ライダーやりたい。」
小島「じゃあ仮面ライダーやって。俺はそれを実況するわ。」
風雅 ノートを開く「書き書き書き書き…」なんか書いてる
小島「いやそれライター!」「それライター!ライター!濁点抜けたー!」
風雅「なんでそんなラップみたいになってんねんー。」小島のへったくそなラップ。
風雅「僕仮面ライダーみたいにバイクに乗りたいですー。やります。」「ちゃりんちゃりんちゃりんちゃりん♪」
小島「っていやそれチャリーーー!」「、、それチャリやって!」
風雅「でも自転車は英語でバイクって言うやん」
小島「うわ屁理屈ーーー!」
風雅「あっ…ちゃりん♪うわ、お金落としたー。」
小島「お金拾っておっかねー!!!」人差し指と親指で輪っか作って小銭拾うジェスチャーつき。客席の時間が止まった。

途中、小島のツッコミがまあまあ、スベり、小島が風雅に向かって静かに人差し指クイクイして「早よ次のくだり言って」みたいにする。
終始ツッコミが全然ツッコミになってない。何回かツッコミの後に時間が止まった。龍太だけは死ぬほど笑ってた。

椅子に座る晴太郎、足を伸ばして浮かせてエクササイズみたいなことをする。
進行を無視して勝手に客席に手を振りだす。(ただし表情は暗い)龍太につっこまれるとそのままめっちゃ離れる。めんどくせぇ…。

・2組目 16年組
ロックダンスをやる。
風雅が小島の方を向く。小島が「ロックダンス見て?」な感じで優しく風雅を促す。
何回かアイコン取って笑いあう小島風雅。

cdcg
ニコニコ完璧に踊る小島。途中からコニーが乱入してきてそれを見てめっちゃ笑ってる。

肘に怪我した痕と、膝にも薄い痕があった。
短パンから伸びる足が綺麗。


出航前
柊和の肩に両側から手を置いてニコニコ笑う小島晴太郎。


Battle
真鳥今江ペア、今江の頭を掴んだ真鳥が、かがんで下からかわいい顔して今江の顔を覗きこんだ…。

5W1H
西畑の方を向いて「いいいい!ここでいい!」みたいなジェスチャーをしていつもの立ち位置で踊る。

アメフリ
サビ前の音に合わせてパパンパン言うてる。

カモナ
吉岡投げチュー。小島、ははははって笑う。

brother
ブラーザー♪で道枝の方から自分を指差し二人一緒に自分達を指差す。
途中、わりと長い時間手押し相撲する西畑道枝。

Esper
柊和晴晴がまとめてぎゅーっと抱き合う。柊和が晴太郎にめっちゃ顔近づけて絡む。
末にしきりに絡まれる大橋。真ん中に連れていきたい風な末。最後、最初はFunky8たちと横一列のところにいたが押されて一人前に出てきておめでとうーーー!の歓声を浴びる大橋。すごく嬉しそうに曲終わりに「イェイッ!」と言う。捌けるときに照れてるのかドタドタ小さめに股上げ運動しながら小走りではけてく。

鼓動
西畑挨拶。
「今日は大橋くんの誕生日ですね。でももう祝うのはいっか」
\えーーー/
「えーやない。一日中祝っとるわ!!!」

西畑の大橋お祝いコメントからの、挨拶がいつもより長く小島、どのタイミングで出たらいいのか迷い行くか行かないか探り探りな動きをしていて、結局ものすごい急いで滑り込みで前奏に間に合う。

鼓動
康二に何か聞かれる大橋。うんっ!と頷き返す大橋。

正門と暗がりのなかでみつめあう大橋。







8/15
間の取り方セリフの言い方しゃべり方、西畑康二すごく変えてきてた。小島もかなり変わってた。

「君の心も抱き締めて~♪」の君で末澤を指差す大橋。大橋はリチャ、末澤と(とくにリチャすれ違うたびに)アイコンタクト多いな。

「俺たちは ただ船で 演奏を頼まれただけや」めっちゃハッキリ喋った。

「水だけで」フッ(嫌味な笑み)「笑かすな」嫌味感増してる。
水を飲むときコウジの方を見てニヤッとする。

リチャのくだり
大晴「千枚漬けで身体ごしごし洗ってたやつ…」
小島吉岡正門の3人で首をかしげながらあーでもない?こーでもない?といった感じで身体をごしごしするフリ。
小島、顔、腕、胸、足ごしごしする。

康二「(リチャの)色がかりんとうに似てるって…」フッと笑いをこらえる小島。

リチャが階段を下りてくるところ、吉岡と肩を組む小島。リチャを指差しながら吉岡の肩に腕をまわす。

リチャ「カーーメーーハーーメーー波ーーー」メで笑い出してハで歯出るくらいめっちゃ笑う小島。

ハイと言ったらどうぞや
朝田が大橋にハイッと手のひらを差し出す。大橋も同じように「どうぞ」と朝田に手を出し返すも、「いらない」といった風なリアクションを取る朝田の胸を小突く大橋。

ハイホー
着ぐるみを着てしゃがんで出てきた奥村をしっかりめにどついて転けさせる(立ち上がれないようにする)小島。にっこにこ笑ってる、楽しそう。立ち上がろうとする奥村を2回ほどどついてそのまま放置して、木箱をもって後ろに移動していった(笑)

葉っぱ隊
長尾「じゅくじゅくする」
舌出してからの含み笑い。笑いこらえてるから、なかなか気持ち悪い変顔になってた。

長尾「キョウヘイ、何ねじこんでたん?領収書…?」長尾くん天才

小島「コンビニも、ファミレスもない」間の取り方が長くなって聞きやすくなった気がする。

声がでかいリチャ「ケント誕生日おめでとーーー!!!」大橋、手をパチパチしてそのまま両手を合わせたまま捌けてく。


オーディション
cdcg
大晴「瞳閉じて」とかキリの良いところで「どーーーん」「どーーーん」叫びまくってうるさい。最後は「ひゃぁああ~~~っ♡」

龍太のとこに「もぉ~見ないでよぉ~」とかなんとか言いながら肩をずり下ろしはだけさせながら向かう。のっけからオネェ強烈。

・1組目 大西畑
「ミュージック、スタート!」の後にかかる音楽に身体を揺らしてノリノリな大晴。拍手するときに、両手の小指だけ出して拍手する。小指拍手しながら客席にその拍手をアピールしてくる。

突如立ち上がる大晴。両手を何回もぶんまわして空気を切る。
大晴「危ないっ!…ここめっちゃ銃弾飛んでくるやん…」龍太の前に飛んできた銃弾をつかむ大晴。当然龍太に怒られる。ほんとなにこの時間ww

龍太「お前乳首立っとんねん!」
と言われレオタードを引っ張って胸を覗きこむ大晴。笑
龍太「もうクビにして!!!」
と言われ首もとをやたらとさすりだす大晴。そういう意味じゃない。

大西畑オーディション不合格のとき、
胸元で大きく×を作り後ろに仰け反る大晴。

・2組目 16年組3人と、ちびたちわらわらっと登場。

コニーさんがiPhoneで突然龍太を撮り出す。龍太の後ろから龍太の頭の上に人差し指を立てて鬼のポーズをとる大晴。

・3組目 道枝(大西の役)
道枝が話し出すと、バックミュージックにのせて机の上でピアノを弾きだす大晴。すぐに龍太に気づかれ、止める。も、まーたすぐに弾くのを再開する。も、またすぐにバレやめる。

道枝「おじいさんはのたうちまわって、」等語ってる時に「あらまぁ~」といった風に両手で顔を覆ったり手を胸元で組んだりしっかりオネェのリアクションをとる。動きうるせえ。

コニーさん道枝を抱き締めに行く。相変わらず抱き締める時間が長い。

cdcg終わり、道枝のところまで行くコニー。
道枝「さっきはふすまを閉めてごめんなさい」
からのぎゅっと抱き合い(長い)、コニーに「バイバイ」と言われ跳ねながら手を振り捌けてく道枝。一度前を向いた後、袖に捌けてから客席からは見えないところでもう一度振り返りコニーに手を振る道枝、かわいい…。

捌け際に
コニー「ジャニーズワールドの打合せしなきゃ…」
龍太「え!??これなんの時間!??」

急げ若者
スローモーションのところで、真鳥に首元に馬場チョップされてニヤニヤしてる晴太郎。笑 楽しそう。

星を探そう
小島、晴太郎に求められグータッチ。吉岡とは握手。
階段を下りるとき、吉岡と並んで上を見上げ星を指差す。

Another tomorrow
康二や大吾が話しているときに階段の上と下とで立ち位置を変えて、また曲が始まるまでにもとの立ち位置に戻る、謎過ぎる行動をとる晴太郎と吉岡。←いつもやってるらしい

出航前
楽とすれ違う晴太郎や柊和。(後ろ姿で何してるかは見えない)呆れたような戸惑いの表情になる楽さん。

幕がおりる時、島の住人に手を振る小島の手の振り方がふにゃふにゃですごく小島。かわいい。


Battle
真鳥今江ペア、今江ニヤニヤ。
「戦いに飢えているか」で頭を掴むところ、今江は真鳥に頭を掴まれる。今江、真鳥の頭上10センチくらいのところに手を持っていく(掴まない)
それに対して「何してるのぉ~?」な感じでかがんでニコニコ今江の顔を覗きこむ真鳥に今江ひたすらニヤニヤニヤニヤして終わった。

5W1H
ニコニコ伊織とアイコンタクトとる大橋。
階段を上ったあと、西畑に腕をあげてセクシーに腰をまわしてる動きを見せられお前もしろといった風にされるが断るリアクションをみせる大橋。

アメフリ
いつも「アメフリからレイン」とか、フレーズの出だしの途中までしか口ずさんでなかった小島がわりと全部口ずさんでる。

カモナ
吉岡、小島に向かって投げチュー。小島、もう慣れたといった風にちょっと笑うくらいでリアクションすげー薄い。

Brother
西畑道枝ペア
道枝をおんぶして、そのまましばらくおんぶしたままゆらゆらする西畑。おろしたあとは、後ろから腰に手を回す。
西畑、道枝に手を上げて腰を回させるのを道枝にもやらせる。何してくれとんねん

後ろを振り向いた康二と大橋リチャたちが腕を出して突き合わせるところ、康二だけ手がチョキであとFunkyたちはグーになってて一人負けてる康二。

最後、大橋後ろを振り向いて正門を見つめる。長い間正門のことをじーっと見つめる。正門笑う。(大橋が何かしてたっぽいが後ろ姿でわからず)

BAD BOYS
正門とアイコンタクト取ってニコニコになる小島。

Esper
キーボードの前に道枝が客席に完全に背を向けた状態で立ち止まる。他にも14年組のちっちゃい子達(辻本くんとか)が集まるわ大晴もくるわ古謝かな?も来るわ一気にまわりを囲まれハーレム状態な小島。戸惑っていたが、すごくニコニコでとっても嬉しそう。赤名越しに晴太郎?大晴?とエアードラムしまくる小島。

鼓動
後ろを振り向いた朝田がわりと長い間小島の方を向いていて、小島しばらくしてから笑顔になる。何か朝田が言ってたっぽい。







8/18

康二が前よりももっと優しいお兄ちゃんになってた。口調がとにかく優しい。泣ける演技する。

水を飲むシーン
小島「笑かすな。こんなペットボトルの水だけで生き延びようだなんて」言い方がキツくて怖い
2回目の水を飲む前にコウジの方を見てニヤッと笑うのがものすごく嫌な奴感出てる

大晴「鼻血を出して鼻に千枚漬けを詰めてたリチャード…」
鼻にティッシュつめはじめる正門。正門と吉岡が鼻にティッシュつめる動きしてこうか?こうかな?というリアクションをとっているところに、小島が入ってくる。ティッシュを鼻につめて、そのティッシュを抜いて鼻をつまみ、離して鼻血がブシャーーと出る動きをする。小島めっちゃ鼻血出た。それ見た吉岡ウケてた。

康二からの無茶ぶり「レディー・ガガのモノマネ」に「レディー・ガガ!??」と戸惑うリチャードに笑う小島。

ハイと言ったらどうぞのところ
どうぞしあう小島吉岡。

ハイホー
曲が始まってすぐ近くに這ってきた奥村を押し倒す。起き上がってきた奥村の、今度は頭をどついて押し倒す小島。そのまま放置して後ろのセットに行く。なかなかひどいことしてるww

上手セットの中にいる岡(かな?)の方を見てニコニコしながら踊る小島。

康二に焚き火に手をつっこまれたのかアチチチチなリアクションして手を振ってる大橋。

葉っぱ隊が出てくる前のタイミングで、顔の前でちっさく手を動かしてハイホーハイホーしまくるのをリチャにアピールする大橋。ウザイ。

葉っぱ隊
高橋と長尾が胸をあわせてごっつんこした後にニヤニヤうぇ~いな感じで真似して胸を合わせる小島吉岡。お前らカップルかよ

長尾「葉っぱの枚数が少ななってきた気するわ」
リチャがワカメをプレゼントしてあげる。それを見て笑う小島。

康二「ガリガリやん!」
高橋「コンプレックスやねん」
康二「そいで乳首ちっさいな!」
高橋「それは今どうでもいいねん(ボソッ)」乳首いじりは早急に流そうとする高橋。
手で小さい丸を作ってちっさい乳首作る小島やめろ。吉岡の肩にナチュラルに肘を置いてやり取りを見てる小島。だからカップルかよ

機械が得意な大橋
受信機を受け取ったときに「おもたっ!」


オーディション
振付け師 柊和
語尾に「ゼッ☆」をつける謎キャラになってた。

cdcg
ワンフレーズ終わるごとに筋肉ポーズ

曲終わり
柊和「今日の俺は一味違うゼイッ☆」
後ろにでんぐり返ししたあとそのままバグ転とかバク宙しててとりあえずすごい。

柊和「この技、柊和ってつかないですかねえ?」
龍太「つきませーん」さらっと流された笑

・1組目 大晴晴太郎大谷
出てきたときからやたらとうるさい。電車シュッポッポしてたり騒いでたり各々なんかうるさい。

大晴「福本大晴です!」
大谷「大谷怜爾です!」
石澤「ジョニー・デップです」くっそww

大晴「なあなあ、こいつTシャツ逆に着てんねん」
晴太郎、Tシャツを裏表前後ろすべて反対にして着てる。つらい。タグが首の前にきてる…。ついでにズボン(ボタンと、中に紐もあってダブルで締めるタイプのやつ)の紐を蝶々結びにしてるのがズボンからはみ出てて腰の高いとこで結んでる死ぬほどダサいスタイルしてる…。

龍太「ミュージックスタート!」
「「せーのっ、」」
3人「ストップゥ~~~」おならだったのか?お尻つきだす感じで前のめりになってポーズとるも、すごい中途半端。中途半端に合わせてきた。
龍太「やんならやりきって!?」

もう帰ってくれ的な流れになったか(失念)、でもコニーが3人がやるのを見たいと言う。
晴太郎、コニーのことは好きらしい。コニーに見たいと言われあからさまに嬉しそうな顔になる。コニーが喋ってるときに「チッス!チッス!」な感じで手をおでこから出す。

龍太「で、なにやんの?」
晴太郎「コントですぅ~」言い方がゆるい。やる気あんのか
大晴が足で床をダンダンッするわ手をバシバシ叩くわ笑い方うるさすぎる。

コント「相席」
オカマの晴太郎とカタコトな大谷がボケまくり大晴がツッコミまくるコント。

判定は×
すぐに床を蹴り始める晴太郎。大晴と大谷も蹴りだす。
龍太「態度悪いな!」
まだ蹴る。めっちゃ蹴る。晴太郎、床から石ころ拾って客席にぶん投げる。
龍太「ここ河原ちゃうねん!」
大晴が本田圭佑の真似しながら蹴る。シュート決まってガッツポーズする大晴。


・2組目 16年組
後ろに立ってる3人(というか晴晴)がとにかくボケてる。
大晴、フリーキック蹴る前に壁の位置調整する動き(どけ!どけ!みたいなの)をしてる。本田圭佑まだやってる。

トウマルウク「ダンスします」
ダンスで「俺?俺?」と自分を指差す晴太郎。

晴太郎が大晴の肩に肘を置いて一緒におじぎをする。


・3組目
大西が語ってる時に、手にメモを書いてそれを食べる大晴。胸元にツッコむ大谷。大晴また手に書いて食べる。ツッコむ大谷。
大西「おじいさんが、のたうちまわっていました」で震えてのたうちまわる大晴


cdcg
晴太郎、大晴、振付け師で出てきた時みたいにふざけて踊る。晴太郎はとにかく脱力。コニーが近くに来たら嬉しそうにお辞儀する。大晴はバカみたいに大きい動きでアホな幼稚園児みたいに踊る。大谷はそもそも踊れてない。

cdcg終わり、捌けてくちびたちの群れの中にいるコニー、道枝にどんと肩をぶつけられよろけてこける。また俊敏なハイハイ(足だけバタバタ動いていて未知の生物みたいな気持ち悪い動き)をするも、スッと何事もなかったかのように立ち上がり歩く。
龍太「いや歩けるやん!!!」
素で笑っちゃう康二


急げ若者
スローモーションのところの真鳥晴太郎岡チーム
晴太郎わろてるやん…普通にニヤニヤ笑ってる。いかにおもしろく攻撃できるかタイムになってるような


「行けマサカド!」らへんのシーン、口を横に引っ張る動きを何回もする小島。

ダイゴが取ってきた薬草をシュンに塗るシーン
小島、衣装のTシャツの裾をいじいじして伸ばしてる。緊張感どこいった。


出航前
大谷と大晴がボディタッチしながら、とにかくわちゃわちゃイチャイチャする
楽を通せんぼする晴太郎

小島、今江の手を両手で握手しに行く。手を離した後、今江がいつものにこにーの手にするもハイタッチしない。

星を探そう
階段ですれ違う晴太郎とは両手で握手。手を差し出してきた吉岡の、親指だけをつかむ小島。そのまま2人ニコニコしながら握手をする。

階段を下りるとき、小島が上を見上げてそのあと吉岡も見上げてニコニコ。


コウジ「いや小島は無理!」
の後、
丈「あれ誰?」
小島「ん?あれは、コージ。」
丈「お前は?」
小島「え?笑 俺は、コジマ笑」
自分のことを小島と言った後めっちゃ笑ってる小島

Another tomorrow
暗転時に晴太郎と吉岡、お互いを意識してる感じだったが入れ替りしない。


Battle
真鳥今江、ニヤニヤしたまま少し抱き合う体勢になる。そのまま頭を掴みあい顔を近づけあう。真鳥に頭撫でられる今江。

5W1H
丈とニコニコ。伊織ともニコニコアイコンタクトとる。

大橋のパートの後のところで晴太郎伊織大谷?が集まって手をパアッとしてるのかわいい

カモナ
小島、サビまでの間どこかを見てやたらニコニコしてる。
恭平の決め台詞のところ
小島に向かって投げチューする吉岡。も、小島まさかの下手袖の方見てて見てない。そのあと吉岡の方見てニコニコする小島。

brother
西畑道枝 始めお互いに両肩に手を置き前を見る。
途中から卓球のラリーしだす。最後、西畑が何回もサーブを打ちまくる。それを見た道枝もサーブをひょいっとしてのってあげる。

セットがまわりすれ違うときに、小島に向かって手を振ってアピールする吉岡。吉岡楽しそうww小島も笑う。

康二と手を突き合わせるところ
康二 パー
大橋リチャ朝田古謝 グー
真鳥 チョキ
あいこですね。楽しそう。

最後手を伸ばすところでずーーーっと長い時間小島に向かって手を差し出す晴太郎。曲終わり、めっちゃはしゃぎながらジャンプしてはけてく晴太郎と一緒にガヤガヤしてる小島。

Esper
道枝らちび組が下手で飛びまくってるのをニコニコ見つめる小島。
最後イエーーーイでめっちゃニコニコ叫んでる小島。腕はいつものぐるぐる回すやつ。

鼓動
康二と並ぶところ、何か話しかけられて「うんっ!」とニコニコ返事をする大橋。
後ろを向いた朝田をしばらくじーっと見た後、ニコッと優しく笑う。朝田何してるん本当